エコで売るには限界アリ!? トヨタの「RAV4ハイブリッド」と「RAV4 PHV」の商品性のちがいを考える

2020.06.17 デイリーコラム

500万円オーバーのトヨタ車

先日発売された「RAV4 PHV」で興味深いのは、環境性能や経済性といったプラグインハイブリッド車本来の特長では“ない”部分が話題になっていることだ。このクルマでは、トヨタ自身もあえて環境性能以外の部分を訴求しているフシがある。

RAV4 PHVでの最大のトピックは価格だろう。グレードは3種あるが、もっとも安価な「G」でも469万円。プラグイン以外はほぼ同条件のRAV4(「ハイブリッドG」の4WD)と比較すると、本体価格で約80万円高い。これは先達といえる「プリウスPHV」と「プリウス」の同等グレード同士の価格差(約65万円)と比較しても明確に大きい。

しかも、RAV4 PHVの最上級「ブラックトーン」になると539万円。ネット情報によると、それはどうやら新型「ハリアー」の最上級グレードより高額らしい。だいたい、トヨタの国内向け乗用車で500万円を超えるプライスタグを掲げるのは「センチュリー」と「ミライ」、それに加えて「クラウン」「アルファード/ヴェルファイア」「ランクル」シリーズ、「スープラ」などの一部機種しかない。RAV4 PHVはなかなか豪気な商品なのだ。

このように価格が話題といっても、RAV4 PHVのエコ度が劣っているわけではない。それどころか、プリウスPHVと比較しても、設計が新しいだけの環境性能の進化は相応に感じられる。

たとえば、駆動用リチウムイオン電池の容量をプリウスPHVの2倍以上とすることで、電気のみで走るEV航続距離が大きく伸びている。カタログ値では、RAV4 PHVのそれが95kmで、プリウスPHVは68.2km。より重くて空気抵抗の大きいSUVでありながら3割近くも伸びた計算だが、厳密にいうと前者が最新のWLTCモード、後者がJC08モードによる数値。つまり、実走行でのRAV4 PHVのリードはさらに広がるはずである。

また、同じクルマで、プラグインハイブリッドと通常ハイブリッドが用意される場合、外部電力走行分を省いた純粋な“ハイブリッド燃費”では、明確なメリットが得られないケースが多い。現行のプリウスでもハイブリッド燃費はPHVと非PHVとで変わりない。しかし、今回のRAV4 PHVは同じ2.5リッターハイブリッドのRAV4より、ハイブリッド燃費でもきちんと改善(20.6→22.2km/リッター)されている。この点は率直に評価すべきだろう。

2020年6月8日に発売された「トヨタRAV4 PHV」。フロントグリルとロワモールはPHV専用デザインだ。
2020年6月8日に発売された「トヨタRAV4 PHV」。フロントグリルとロワモールはPHV専用デザインだ。拡大
パワートレインは2.5リッター直4エンジンをベースとしたプラグインハイブリッドの「THS II Plug-in」。
パワートレインは2.5リッター直4エンジンをベースとしたプラグインハイブリッドの「THS II Plug-in」。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る