第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ

2020.07.03 マッキナ あらモーダ!

シグネットとの巡り合い

ここ約1年で、実物が走っているのを見て驚いた一台といえば「アストンマーティン・シグネット」だ。

ご記憶の読者も多いと思うが、「トヨタiQ」をベースに企画されたアストン初のシティーカーである。

大排気量・高出力エンジンのみのラインナップだった同社にとって、欧州連合が各メーカーに課す罰金付きの平均CO2排出量規制は大きな悩みだった。シグネットはそれをクリアするための奇策だった。

デビュー当時、モーターショーやモナコのエクスクルーシブ商品ショーで展示されているのを見たことがあった。

また、アストンマーティンの他のモデルは、スイスのナンバーなどを掲げたバカンス客のクルマとして時折見かける。

だがシグネットを路上で見たのは、実をいうと初めてだった。2011年発売のモデルなので、デビューから約8年後の巡り合いだった。

写真の焦点が合っていないのは、あまりに興奮した結果としてお許しいただきたい。

あれから1年余り。今日まであのシグネット以外には遭遇していない。

ヨーロッパの代表的な中古車検索サイト『アウトスカウト24』で確認すると、2020年6月28日現在、イタリア国内では4台が販売されている。値段は4万3900~5万4999ユーロ(約527万~661万円)だ。新車価格の約3万6000ユーロからすると、かなりの値上がりだ。その希少性がプレミア価格化に拍車をかけていることがうかがえる。

前置きが長くなったが、今回はシグネットのベースとなったトヨタiQの話である。

フィレンツェ郊外のインプルネータにて。突如現れた「アストンマーティン・シグネット」。
フィレンツェ郊外のインプルネータにて。突如現れた「アストンマーティン・シグネット」。拡大
ホイールの汚れ具合からして、日ごろの足にしていると思われた。2019年3月撮影。
ホイールの汚れ具合からして、日ごろの足にしていると思われた。2019年3月撮影。拡大
デビュー年である2011年に撮影したカット。モンテカルロのエクスクルーシブブランドショーであるトップマーク・モナコでも、「シグネット」は大きな注目を集めていた。
デビュー年である2011年に撮影したカット。モンテカルロのエクスクルーシブブランドショーであるトップマーク・モナコでも、「シグネット」は大きな注目を集めていた。拡大
同じくトップマーク・モナコにて。「シグネット」のインテリア。
同じくトップマーク・モナコにて。「シグネット」のインテリア。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

トヨタ iQ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
ホームへ戻る