第79回:闘う空想家プレストン・トーマス・タッカー
“未来のクルマ”を追った男の夢と挫折

2020.07.16 自動車ヒストリー 夢の自動車の実現を目指し、戦後のアメリカに突如として現れたプレストン・トーマス・タッカー。彼の描いた未来のクルマとはどのようなもので、その理想はなぜついえたのか。“夢追い人”タッカーと、彼の手がけた「タッカー'48」の物語を振り返る。

コッポラ監督の父が注文した新型車

フランシス・フォード・コッポラ監督が8歳の時、彼の父親がカーディーラーに1台のクルマを注文した。しかし、いくら待っても新車は届かなかった。クルマをつくるはずだった会社が消滅したからである。“50年先を行く”とまで評された先進的なモデルは、世に出る前に葬り去られてしまった。幼いコッポラにとっても印象的な出来事だったのだろう。彼は1988年に映画『タッカー』を公開する。「THE MAN AND HIS DREAM」という副題が付けられていた。

THE MANとは、プレストン・トーマス・タッカーのことだ。映画の冒頭で「空想家、発明家、夢追い人、時代の先を行く男」と説明される。革新的な機構とスタイルを持つタッカー'48(タッカー・トーピードとも呼ばれる)を引っさげてアメリカの自動車業界に挑戦し、夢破れて去っていった男だ。コッポラ監督は、タッカーの闘いを描くことで、豊かな創造性こそが社会に希望をもたらすというメッセージを送ろうとした。

タッカーが生まれたのは1903年のことで、その5年後には「T型フォード」が発売される。アメリカでは急速に自動車が普及しつつあり、タッカー少年も「ハップモビル」「パッカード」「マーモン」などのニューモデルに熱い視線を送っていた。いつかは自らの手でクルマをつくりたいと意欲を燃やした彼は、13歳から自動車工場で働き始め、さまざまな現場を転々として自動車の製造工程を学んだ。彼は学校で技術を身につけたのではなく、現場で体験して覚えたのである。

ディーラーでセールスマンとして働いた後、タッカーはレースの世界に飛び込んだ。ハリー・ミラーに出会い、彼のもとでマネジャーとして働き始める。ミラーはインディ500で9回優勝した実績を持つ当時最高のレースカーデザイナーだったが、チームは経営破綻していた。タッカーが資金を提供し、1935年にミラー&タッカーが設立される。レースカーの設計を行いながら、タッカーは別の事業計画も進めていた。第2次世界大戦にアメリカも参戦することが確実だと考え、軍用車の開発を急いだのだ。

プレストン・トーマス・タッカー(1903-1956)
プレストン・トーマス・タッカー(1903-1956)拡大
トヨタ博物館に収蔵される「タッカー'48」。生産台数わずかに51台という、貴重なクルマである。
トヨタ博物館に収蔵される「タッカー'48」。生産台数わずかに51台という、貴重なクルマである。拡大
黎明(れいめい)期のアメリカンモータースポーツの英雄たち。左からルイ・シボレー、ハリー・ミラー、フレッドとオーガストのデューセンバーグ兄弟。
黎明(れいめい)期のアメリカンモータースポーツの英雄たち。左からルイ・シボレー、ハリー・ミラー、フレッドとオーガストのデューセンバーグ兄弟。拡大
フォードの支援のもと、ミラー&タッカーが製造したレーシングカー「ミラーフォードV8」。
フォードの支援のもと、ミラー&タッカーが製造したレーシングカー「ミラーフォードV8」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事