第664回:旧型「ジムニー」は誰も手放さない! イタリアで人気の低年式中古車3台

2020.07.17 マッキナ あらモーダ!

ジムニー「2020年分完売」の背景

今回はイタリアで根強い人気を維持している、3台の中古車について記そう。

その前に「スズキーノ(小さなスズキ)」のニックネームを持つ「ジムニー」に関する話をひとつ。

2019年に現行の4代目ジムニーがイタリアで大好評をもって迎えられたことは、本欄第614回で記したとおりだ。

ところが2020年7月現在、こちらでジムニーは購入できなくなっている。スズキ・イタリアの公式サイトには「Coming back 2021」と記されている。念のため筆者が住むシエナのスズキ販売店に行ってみたが、ショールームには1台も展示されていない。

スズキ・イタリアは2020年1月22日付で、以下の文を発表している(原文はイタリア語)。

「2020年の年明けからわずか数週間で、今年のイタリアに割り当てられたジムニーの全ロットは完売しました。この偉大な小型オフロード車を発売して以来の旺盛な需要は生産能力を超えてしまい、予想をはるかに前倒しでそれを達成してしまいました。

そのため、販売店での“小さくても、とどまるところを知らないスズキ製オフロード車”の受注はできなくなります。

多くのお客さまにジムニーを選んでいただいたことに感謝するとともに、スズキおよびスズキ・イタリアに興味を示していただいた皆さまにおわびを申し上げます」

ところが、複数の欧州メディアがより深い事情を報じている。

背景にあるのは欧州連合(EU)が新車に課す二酸化炭素(CO2)排出量基準である。

この基準では、乗用車1台あたりのCO2排出量を95g/kmと定め、超過1gあたり95ユーロ(約1万1600円)のペナルティーを科している。CO2の超過量に販売台数を掛け、平均値を算出したうえでメーカーに支払いを命ずる。

ただし、車種体系の中で車両重量の合計が軽いメーカーに対しては、より厳しい基準のg/kmが適用される。

このルールは小型車が多いスズキにとって不利だ。さらに、欧州仕様のジムニーに搭載されるエンジンは1.5リッター自然吸気のみで、そのCO2排出量は178kg/km。これ以上の台数を販売すると、ブランド全体としてのペナルティーが増してしまう。

こうした基準は2020年から全体の95%の車両に適用され、2021年には全面的に実施される。

それらから総合的に判断し、2020年のジムニーを完売扱いにしたというわけである。

そうした状況を如実に反映しているのは、現行型ジムニーのイタリアにおける中古車価格である。欧州を代表する中古車検索サイト『アウトスカウト24』を参照すると、出品数は全国でわずか71台。さらに、7000~8000kmを走行済みにもかかわらず、新車価格と同等かそれを上回る3万ユーロ(約365万円)前後のものも見られる。

イタリア・シエナのスズキ販売店で営業スタッフを務めるジャンニ氏と4代目である現行型「ジムニー」。2019年3月、筆者が日本の「ラパン」など欧州未発売スズキ車のカタログを進呈したときのスナップである。
イタリア・シエナのスズキ販売店で営業スタッフを務めるジャンニ氏と4代目である現行型「ジムニー」。2019年3月、筆者が日本の「ラパン」など欧州未発売スズキ車のカタログを進呈したときのスナップである。拡大
2019年中に「ジムニー」を手に入れた人は、かなりラッキーだったことになる。同年6月、シエナで撮影。
2019年中に「ジムニー」を手に入れた人は、かなりラッキーだったことになる。同年6月、シエナで撮影。拡大
2019年7月にシエナで。昨今のイタリアにしては珍しく、ビビッドなカタログカラーにも人気が集まった。
2019年7月にシエナで。昨今のイタリアにしては珍しく、ビビッドなカタログカラーにも人気が集まった。拡大
2020年7月、シエナのスズキ販売店で撮影。併売する三菱車はあるものの、「ジムニー」の姿はない。
2020年7月、シエナのスズキ販売店で撮影。併売する三菱車はあるものの、「ジムニー」の姿はない。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事