第671回:【Movie】イタリアでスバル一筋40年! 名物店主がいま教えてくれること

2020.09.05 マッキナ あらモーダ!

商品への愛情と家族の絆

本欄第661回では、1980年式「スバルGL(日本名:レオーネ)」を修復しているイタリア・シエナのスバル販売店をリポートした。その冒頭で紹介したように、店主はニコロ・マージ氏だ。

2020年末で84歳を迎えるが、今も毎日店頭に立っている。重役出勤ではない。毎朝9時にやってきてドアを開け、夜は19時過ぎまで店頭に立つ。

筆者がたびたび抜き打ちで訪れても、ちゃんと働いているので本当である。

イタリアで多くの自動車販売店は、取り扱いブランドを頻繁に変える。

いっぽうマージ氏は、40年前にイタリアでほぼ無名だったスバルをあえて選び、他車を併売することなく、県内唯一の代理店として顧客を開拓してきた。

今日、県内を走るスバル車のほぼすべてに、彼の店のステッカーを発見できる。

第665回にご登場願ったシュコダ販売店のマッシミリアーノ氏は「マージ氏はわれわれシエナの自動車販売店の誇りだ。先見の明(めい)を持ち、絶えずよりよい仕事をすべく努力してきた」と語る。マージ氏は、地元自動車人たちの伝説なのだ。

今回動画に記録したのは、以前の筆者による文章では伝えきれなかった部分を映像でご覧いただき、本人のキャラクターをより感じ取っていただきたかったからである。

読者諸氏もご存じのとおり、昨今はインターネットを駆使したリモート形式を含め、新しい接客スタイルが模索されている。どれが正解であるかは、未来にならないとわからない。

だがマージ氏の語りは、商品にほれ込んでこそモノは売れるということ、よき仕事はよき家族あってこそということなど、不変の基本を私たちに教えてくれるのである。

【SUBARUにほれて40年(前編)】
 

【SUBARUにほれて40年(後編)】


(文と写真と動画=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真と動画=大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

シエナのスバル販売代理店であるアウトサローネ・モンテカルロのニコロ・マージ氏(写真右)と夫人のマルナさん(同左)。
シエナのスバル販売代理店であるアウトサローネ・モンテカルロのニコロ・マージ氏(写真右)と夫人のマルナさん(同左)。拡大
兵役時代に経験した四駆のメリットが、イタリアでほぼ無名だったスバルへの関心と確信につながった。
兵役時代に経験した四駆のメリットが、イタリアでほぼ無名だったスバルへの関心と確信につながった。拡大
北部トレントにあるスバル・イタリアには、数々の研修に赴いた。これは1980年代後半から90年代前半と思われる写真。
北部トレントにあるスバル・イタリアには、数々の研修に赴いた。これは1980年代後半から90年代前半と思われる写真。拡大
動画の中では紹介しきれなかったカットを少々。かつてスバル・イタリアがディーラーに供給した、自動車誌の調査をもとにした販促ツール。左は「欧州で顧客満足度の高かったブランド」でスバルが1位に。右は満足度が低かったブランド。
動画の中では紹介しきれなかったカットを少々。かつてスバル・イタリアがディーラーに供給した、自動車誌の調査をもとにした販促ツール。左は「欧州で顧客満足度の高かったブランド」でスバルが1位に。右は満足度が低かったブランド。拡大
朝食とコーヒーブレークは毎日、近所のバールでとっている。
朝食とコーヒーブレークは毎日、近所のバールでとっている。拡大
そのバールで働くヴェロニカさんもスバルに憧れる。「イタリアではとびきり高価だけど、一番いいクルマだと信じてるわ!」
そのバールで働くヴェロニカさんもスバルに憧れる。「イタリアではとびきり高価だけど、一番いいクルマだと信じてるわ!」拡大
筆者(写真右)と。2人が足としているクルマは、マージ氏(同中央)が初代「ジャスティ」で、マルナさん(左)は動画冒頭に登場する「M80(日本名:レックス)」である。いずれも約30年選手だが大切に乗り続けている。
筆者(写真右)と。2人が足としているクルマは、マージ氏(同中央)が初代「ジャスティ」で、マルナさん(左)は動画冒頭に登場する「M80(日本名:レックス)」である。いずれも約30年選手だが大切に乗り続けている。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事