第190回:貝殻ビキニの武田久美子

2020.09.28 カーマニア人間国宝への道

夜の首都高アタック

当連載の新担当・サクライ君が、「今度編集部で『ポルシェ911 GT3 RS』を借りるんですけど、乗りますか」と言ってくれた。

私はポルシェの情報に疎いので、「それって991型? 992型?」と聞いてしまった。992型のGT3 RSはまだ出ていない気がするが、991型のGT3 RSには4年くらい前に乗って、そのすさまじさにシビレまくった。ポルシェのエンジンはいつのまにこんなことになってたんだ! 天空を突き抜けるかの如く9000rpmまでブチ回り、それでいて日常使用でも何の問題もないフレキシビリティーを備えるとはぁ! 危うしフェラーリエンジン! そう思った記憶がある。

しかしGT3 RSはその時点ですでに完売。もう新車は買えないと聞いたので、いま乗れるGT3 RSって何? と思ったのだ。

ところがサクライ君も詳しいことは知らなかった。お互いクルマ業界で食ってはいるが、自分に手の届かないクルマのことは、そんなに詳しくないのである。

調べてみたら、991型のGT3 RSは、4年前の500馬力から520馬力にパワーアップするなどして、再設定されていたのですね。500馬力と520馬力の差なんて絶対体感できない自信があるが、せっかく誘ってくれたので「乗る乗る! 夜の首都高を軽く走ろうヨ!」と快諾しました。

「ポルシェ911 GT3 RS」でいざ首都高へチャレンジ。今回試乗したのは991型の集大成といわれる、500PSから520PSにパワーアップされたフラットシックスを搭載するモデルだ。
「ポルシェ911 GT3 RS」でいざ首都高へチャレンジ。今回試乗したのは991型の集大成といわれる、500PSから520PSにパワーアップされたフラットシックスを搭載するモデルだ。拡大
「911 GT3 RS」は、0-100km/h加速のタイムが3.2秒、最高速が312km/hというパフォーマンスを誇る。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、6分56秒4というラップタイムを記録している。
「911 GT3 RS」は、0-100km/h加速のタイムが3.2秒、最高速が312km/hというパフォーマンスを誇る。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、6分56秒4というラップタイムを記録している。拡大
リアに搭載される4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは最高出力520PS/8250rpm、最大トルク470N・m/6000rpmを発生。7段PDKを組み合わせている。
リアに搭載される4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは最高出力520PS/8250rpm、最大トルク470N・m/6000rpmを発生。7段PDKを組み合わせている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911 GT3 2021.2.16 画像・写真 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの自然吸気フラット6ユニットを搭載し、ニュルブルクリンクの北コースを先代モデルよりも17秒以上速い6分59秒927で走破したというモンスター911の姿を写真で詳しく紹介する。
  • 新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上 2021.2.16 自動車ニュース 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、フロントアクスルには911の市販モデルとしては初となるダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用している。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る