そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学

2020.10.05 デイリーコラム

あなたにとってスポーツカーとはどんな存在ですか?

“スポーツカー”はかくもクルマ好きを熱くさせる。あらためて実感する出来事があった。自らのフェイスブックを使い、ちょっとした思いつきで友人たちにこう問うてみたのだ。

貴方&貴女にとって「スポーツカーの定義」とは?

数時間のうちになんと200件近くの回答が寄せられた。クルマ好きそれぞれがスポーツカーに対して一家言あった、というわけで、まずはその事実にとてもうれしくなった。元気づけられたし、大いに刺激も受けた。考えが煮詰まり、自信も深まった。それはまるでスポーツカーに対峙(たいじ)したときの如く……。

けれども、やはり難問ではあったのだ。そこにはおよそ考えうるすべての答えがあって、そのそれぞれに「なるほど!」と納得できてしまう自分があった。具体的な成立条件から抽象的な観念論まで、すべてが否定し難い意見ばかりだった。逆に言うと、「スポーツカー」とは、便利過ぎる言葉なのかもしれない。もし、この世の中にスポーツカーという言葉がなかったとしたなら? かなり厄介な話になりそうである。

それだけスポーツカーとは観念に支配された存在だと言うこともできる。よく走り、よく曲がって、よく止まる。楽しくて速い。カッコよくて美しい。わくわくドキドキし、時折ハラハラもする。いつかは欲しいと思わせる憧れの対象だ。乗る前には気分は高揚し、乗った後には心地よく疲労する。振り返ってもう一度見たくなる。なかには、老いを感じさせないとか、一緒に成長できるという人生のパートナー的な発想もあった。実に素晴らしい存在ではないか。モテない、家族に嫌われるといった自嘲的なネガ意見も散見されたけれど。

これらはすべからく観念論だ。個人が思う基準、つまり主観にその決断を委ねている。ならば果たして、スポーツカーの定義に主観や仮象、観念に支配されない客観や実相、現実はあるのだろうか? そんな面倒くさいことをあらためて考えてみるキッカケを提供してくれたのが、「日産フェアレディZ プロトタイプ」の発表だった。

2020年9月16日に発表された「日産フェアレディZ プロトタイプ」。
2020年9月16日に発表された「日産フェアレディZ プロトタイプ」。拡大
ロングノーズ・ショートデッキのファストバックスタイルに、高さを抑えたリアエンドなど、そのフォルムは、S30こと初代「フェアレディZ」との関連性を強く感じさせるものとなっている。
ロングノーズ・ショートデッキのファストバックスタイルに、高さを抑えたリアエンドなど、そのフォルムは、S30こと初代「フェアレディZ」との関連性を強く感じさせるものとなっている。拡大
1969年に登場した初代「フェアレディZ」(左)とのツーショット。
1969年に登場した初代「フェアレディZ」(左)とのツーショット。拡大
「フェアレディZ プロトタイプ」は、「次期型フェアレディZを示唆するモデル」とアナウンスされている。
「フェアレディZ プロトタイプ」は、「次期型フェアレディZを示唆するモデル」とアナウンスされている。拡大
日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
  • ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー 2020.10.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • 第190回:貝殻ビキニの武田久美子 2020.9.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第190回は、「ポルシェ911 GT3 RS」を試乗してみたの巻。レーシングマシン直系の高性能マシンを駆り、夜の首都高に繰り出すその気分は、まさに『湾岸ミッドナイト』のブラックバードだったのだが……。
ホームへ戻る