第45回:日産フェアレディZ
巨大市場を席巻した新世代のスポーツカー

2019.03.21 自動車ヒストリー 日米を中心に、今もファンに愛されている「日産フェアレディZ」。自動車先進国アメリカのユーザーに新しいスポーツカー像を見せつけた一台は、どのようにして生まれたのか? 誕生に至る経緯を、“Father of Zcar”と呼ばれる人物の逸話とともに振り返る。

スポーツカーのビジョンを見せた片山 豊

MacintoshやiPhoneを生み出したのは、スティーブ・ジョブズだとされている。しかし、彼はエンジニアではない。初期のアップルは天才プログラマーのスティーブ・ウォズニアックが支えていたし、Macintoshプロジェクトを立ち上げたのはジェフ・ラスキンだ。ジョブズが示したのは、コンピューティングの未来である。ビジョナリーとして道を照らし出したことで、彼は今もなお語り継がれる存在となったのだ。

片山 豊も、同様な位置にいると言っていいだろう。彼はアメリカで「Father of Zcar」と呼ばれている。アメリカの販売網を整備してダットサンブランドを広めた功績が知られているが、日産本社では役員にもなれなかった。エンジニアでもデザイナーでもない彼が今も人々の記憶に残っているのは、スポーツカーのビジョンを見せたからだ。

片山が日産に入社した1935年、日産は多摩川スピードウェイで行われたレースでオオタ号に敗れている。スポーツカーを量産したいという思いを持っていた鮎川義介社長の命を受けた日産チームはスーパーチャージャーを装備したスーパーダットサンを開発し、翌年のレースでは勝利を飾った。

その後軍用車両の生産に専念せざるを得なくなるが、戦争が終わると日産はいち早くスポーツカーの開発を始める。1952年に戦後初の国産スポーツカーとして「DC3」を発売するが、このクルマは戦前モデルの焼き直しにすぎなかった。

日産は小型セダンの開発に力を入れ、1955年にトラックシャシーを使った「ダットサン110」を発売する。1958年には1リッターOHVエンジンを搭載した「ダットサン210」となり、オーストラリアラリーに参戦してクラス優勝を果たす。片山も同行しており、モータースポーツでの活躍が大きな宣伝効果を持つことを目の当たりにした。

片山 豊(1909-2015) 
1935年の入社以来、長年にわたり日産自動車のマーケティングに従事。1954年には東京モーターショーの前身である第1回全日本自動車ショーの開催を主導。1960年に渡米し、日産の米国市場進出を成功させた。
片山 豊(1909-2015) 
	1935年の入社以来、長年にわたり日産自動車のマーケティングに従事。1954年には東京モーターショーの前身である第1回全日本自動車ショーの開催を主導。1960年に渡米し、日産の米国市場進出を成功させた。拡大
片山 豊の企画のもと、1952年に登場した「ダットサン・スポーツ」(DC3)。戦前型のシャシーに太田祐一がデザインしたボディーを架装したものだった。
片山 豊の企画のもと、1952年に登場した「ダットサン・スポーツ」(DC3)。戦前型のシャシーに太田祐一がデザインしたボディーを架装したものだった。拡大
1958年登場の「ダットサン210」。オーストラリアラリーに参戦してクラス優勝を果たした。
1958年登場の「ダットサン210」。オーストラリアラリーに参戦してクラス優勝を果たした。拡大
「ダットサン210」系のシャシーを基に開発された2代目「ダットサン・スポーツ」(S211)。同車の改良版であるSPL212型で初めて「フェアレディ(当時の表記はフェアレデー)」の名が採用された。
「ダットサン210」系のシャシーを基に開発された2代目「ダットサン・スポーツ」(S211)。同車の改良版であるSPL212型で初めて「フェアレディ(当時の表記はフェアレデー)」の名が採用された。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る