改良型「ホンダ・シビック タイプR」発売 200台限定のスペシャルバージョンも

2020.10.08 自動車ニュース
ホンダ・シビック タイプR
ホンダ・シビック タイプR拡大

本田技研工業は2020年10月8日、「ホンダ・シビック タイプR」の一部改良モデルを同年10月9日に、その走行性能をさらに高めた台数200台の限定車「シビック タイプR リミテッドエディション」を同年11月30日に発売すると発表した。

最新型はサーキットのみならず、あらゆる走行シーンにおいてドライバーとの一体感が増したとアピールされる。
最新型はサーキットのみならず、あらゆる走行シーンにおいてドライバーとの一体感が増したとアピールされる。拡大
マイナーチェンジを機に、レーシングブルー・パール(写真)とポリッシュドメタル・メタリックのボディーカラーが新たに設定された。
マイナーチェンジを機に、レーシングブルー・パール(写真)とポリッシュドメタル・メタリックのボディーカラーが新たに設定された。拡大
コックピットの様子。ステアリングホイールはアルカンターラ仕立てに。
コックピットの様子。ステアリングホイールはアルカンターラ仕立てに。拡大
ティアドロップ型のシフトノブ。内部に90gのカウンターウェイトを入れることで、シフトフィールも向上させたという。
ティアドロップ型のシフトノブ。内部に90gのカウンターウェイトを入れることで、シフトフィールも向上させたという。拡大

“3つの進化”を実現

当初は2020年夏の発売が予定されていたものの、「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産活動への影響」を理由に発売延期となっていた改良型シビック タイプR。このたび、ようやくその販売が開始される。

今回の改良は動力性能や動的質感の向上を目指したもので、ねらいとしては「サーキット性能の進化」「ダイレクト感の進化」「ドライビング空間の進化」という3つが挙げられている。

各項目における変更点は、以下のとおり。

  • サーキット性能の進化:フロントグリルの開口面積を従来モデルよりも広げて冷却性能を高めつつ、フロントバンパースポイラーの形状変更などでグリル開口部の拡大に伴うフロントダウンフォースの減少を相殺。また、2ピースフローティングディスクブレーキを採用することで、サーキット走行時のブレーキフィールを向上させつつ、1台あたり2.5kgの軽量化も実現した。
  • ダイレクト感の進化:アダプティブダンパーシステム制御や、サスペンションブッシュ・ボールジョイントなどを採用し、足まわりをリファイン。コーナーアプローチからコーナーを抜けるまでの一連のハンドリング性能や、荒れた路面における接地性・制振性を向上させ、あらゆるシーンでさらなる一体感とダイレクト感が得られるようにした。
  • ドライビング空間の進化:ステアリングホイールの表皮にアルカンターラを採用し、握りの質感とフィット感を向上。車両の挙動がよりダイレクトに感じられるようにした。シフトノブも従来モデルの球形から、ノブの傾きを認識しやすいティアドロップ形状に変更。ドライバーと車両の一体感を一段と高めた。

最新型シビック タイプRの価格は475万2000円。ボディーカラーは、新色のポリッシュドメタル・メタリックとレーシングブルー・パールのほか、チャンピオンシップホワイト、クリスタルブラック・パール、フレームレッドを合わせた全5色が選べる。

200台の台数限定で販売される「シビック タイプR リミテッドエディション」。2020年7月にはその最終開発車両が鈴鹿サーキットでタイムアタックを行い、FF車で最速となるラップタイム、2分23秒993を記録した。
200台の台数限定で販売される「シビック タイプR リミテッドエディション」。2020年7月にはその最終開発車両が鈴鹿サーキットでタイムアタックを行い、FF車で最速となるラップタイム、2分23秒993を記録した。拡大

さらなるハードコアモデルもスタンバイ

さらにひと月半後に発売されるシビック タイプR リミテッドエディションは、上記の改良型シビック タイプRをベースに、さらに走行性能を高めた限定モデルだ。

具体的には、ダッシュボードアウターやルーフライニング、リアインサイドパネルなどのインシュレーター、フロントフェンダーのエンクロージャーなどを省くことで、13kgの軽量化を実現。BBSと共同開発した専用鍛造ホイールの採用により、さらに10kgの軽量化を果たしている。

タイヤには、同モデル専用設計の「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」をチョイス。アダプティブダンパーシステムやEPSにも専用のチューニングが施される。

ボンネットのインテークカバーやドアミラーキャップ、ルーフなどがブラックになるなど、視覚的な差異化もセリングポイントのひとつである。

ボディーカラーは「サンライトイエローII」のみで、価格はベースモデルより74万8000円高となる550万円。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 世界中で愛される“市民のクルマ” 新型「ホンダ・シビック」がこの姿で登場した理由 2021.8.13 デイリーコラム ホンダ車のなかで最長の歴史を誇り、今や世界的な人気モデルとなっている「ホンダ・シビック」。日本での賛否両論を承知しながら、ホンダがこのコンセプトで、この価格で11代目となる新型を世に問うた理由とは? 今日におけるシビックのポジションから読み解く。
  • 新型ホンダ・シビック(その1) 2021.8.5 画像・写真 世界中で活躍するホンダのグローバルモデル「シビック」がいよいよフルモデルチェンジ。11代目となる新型は、日本では「EX」と「LX」の2グレード構成で販売される。両モデルの気になる内外装デザインを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
  • 新型ホンダ・シビック(その2) 2021.8.5 画像・写真 11代目となる新型にモデルチェンジした「ホンダ・シビック」。従来型からの進化のポイントは、走りや装備だけではない。操作感も考慮し、大幅に質感を向上させたという各部のディテールを、上級グレード「EX」の6段MT仕様で紹介する。
  • 新型ホンダ・シビックLX/シビックLX ホンダアクセス用品装着車 2021.6.24 画像・写真 いよいよ世界初公開された新型「ホンダ・シビック」のハッチバックモデルには、今や貴重な“3ペダル仕様”も用意されている。6段MTを搭載した「シビックLX」を、ホンダアクセスの用品装着車とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る