クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)

なんでもオーケー! 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。

マッタリ乗るのがイチバン

新しいハンターカブが発表されると聞いて、僕の周囲のオヤジ連中は色めき立った。実際このマシンは好調な販売を記録している。発売前の事前予約で年間販売予定を超えてしまったほどだ。

と聞くと、知らない人はどんなにすごいバイクなんだろうと思うかもしれないが、なんのことはない。ごく普通のバイクだ。ちなみに筆者は、昔からハンターカブの世界観は好きなものの、特に熱狂しているほどではない。そんなニュートラルな立場でこのマシンを走らせてみるとCT125ハンターカブのことがいろいろと分かってきた。

CT125ハンターカブは、「スーパーカブC125」をベースにして、1981年に発売された「CT110」(通称ハンターカブ)のデザインとコンセプトを忠実に再現したモデルである。実際にマシンを目の前にしてみると、よくここまで昔のイメージで作り上げているなあと思う。

エンジンは非常に滑らかで乗りやすい。強いトルク感はないけれど粘り強さは素晴らしく、上り坂でトップギアのまま速度を落としてみると30km/hくらいになってもスロットルを開ければトコトコと登っていってしまう。

力はあるのにトルク感を感じない不思議なフィーリングなのは、スムーズで振動がないことに加え、スロットルを開けた時の反応が穏やかだからだろう。高回転域まで引っ張ればそれなりに上まで回るけれど、そういう走り方をしても楽しくはない。あえてギアチェンジはせず、トップギアのままマッタリと走るほうがこのマシンには合っているし、のんびり走っていると、なにかホッとするものがある。

2020年6月に発売された「CT125ハンターカブ」。アウトドアやレジャーでの使用を意識した原付二種のオートバイである。
2020年6月に発売された「CT125ハンターカブ」。アウトドアやレジャーでの使用を意識した原付二種のオートバイである。拡大
「CT125ハンターカブ」は、40年ほど前に誕生した“ハンターカブ”のいわば復刻版。2019年の東京モーターショーにコンセプトモデルが出展された際は、大いに話題となった。
「CT125ハンターカブ」は、40年ほど前に誕生した“ハンターカブ”のいわば復刻版。2019年の東京モーターショーにコンセプトモデルが出展された際は、大いに話題となった。拡大
エンジンガードやアンダーガードに囲まれた空冷単気筒エンジン。124ccの排気量から最高出力8.8PS、最大トルク11N・mを発生する。
エンジンガードやアンダーガードに囲まれた空冷単気筒エンジン。124ccの排気量から最高出力8.8PS、最大トルク11N・mを発生する。拡大
ベースの「スーパーカブC125」に対して、フレームが補強された「CT125ハンターカブ」。悪路への対応として165mmの最低地上高が確保されている。
ベースの「スーパーカブC125」に対して、フレームが補強された「CT125ハンターカブ」。悪路への対応として165mmの最低地上高が確保されている。拡大

どこかが突出しているわけではないけれど……

ハンドリングは基本的に素直。舗装路は軽快に走ることができるし、タイトなコーナーだったら結構なペースで走ることもできる。しかし、素晴らしいというほどではない。悪くないというレベルである。サスの性能は古いカブとは比較にならないほど向上しているが、スポーツライディングを考えているわけではないのでダンピングもほどほど。路面の荒れたところをハイペースで走ったりするとマシンが暴れることもある。

オフロードの走破性もほどほど。のんびり走るのであれば問題ないが、サスのストロークがあるわけではないので、ギャップの多いところでスピードを出すと跳ね上げられる。加えてステップに立った状態で走ろうとするとタンクがないので体をホールドできず不安定。結果、シートにべったりと座ったまま足をベタベタつきながら走ることになる。けれどこれがハンターカブのオフロードライディング。こうすればかなり条件が悪いところでも前に進んでいくことができる。テクニックなど必要ないからビギナーのオフロード体験にはピッタリだろう。

単にバイクを走らせてみるとこんな感じの印象になる。全体的な完成度は高いけれど加速感やハンドリング、走破性など、どこかが突出しているわけではない。すべてが等身大という感じだから、単に走りだけで見たらインパクトに欠ける。しかし、ハンターカブはそういう部分を評価するようなマシンではない。

ハンターカブが人気なのは、日常の生活に自然に溶け込み、ライフスタイルを広げてくれそうな雰囲気が漂っているからである。肩肘張らず、気楽にまたがって走りだしたくなるフレンドリーさも他のマシンにはない魅力だ。大きなキャリアに荷物を積めるからいろいろな使い方をすることもできる。

ハンドルは大きく湾曲したコンチネンタルタイプ。ウインカーは柔軟性のあるステーで取り付けられている。グリップヒーター(オプション)も装着可能。
ハンドルは大きく湾曲したコンチネンタルタイプ。ウインカーは柔軟性のあるステーで取り付けられている。グリップヒーター(オプション)も装着可能。拡大
シンプルなデザインの計器盤。速度のほか、燃料の残量とオド、トリップの値が表示される。
シンプルなデザインの計器盤。速度のほか、燃料の残量とオド、トリップの値が表示される。拡大
マフラーはアップタイプ。排気口と吸気口が高い位置にレイアウトされているため、水場への進入も可能となっている。
マフラーはアップタイプ。排気口と吸気口が高い位置にレイアウトされているため、水場への進入も可能となっている。拡大
草の生い茂るオフロードを走る筆者。この程度のフィールドはお手のもの。車体色は写真の「グローイングレッド」のほか、アースカラーの「マットフレスコブラウン」も選べる。
草の生い茂るオフロードを走る筆者。この程度のフィールドはお手のもの。車体色は写真の「グローイングレッド」のほか、アースカラーの「マットフレスコブラウン」も選べる。拡大
堅牢(けんろう)な荷台は標準装備。左側方にはキー付きのツールボックス(書類入れ)が備わる。
堅牢(けんろう)な荷台は標準装備。左側方にはキー付きのツールボックス(書類入れ)が備わる。拡大
タイヤは前後とも80/90-17の同サイズ。金属製のフロントフェンダーが装着されている(リアフェンダーは樹脂製)。
タイヤは前後とも80/90-17の同サイズ。金属製のフロントフェンダーが装着されている(リアフェンダーは樹脂製)。拡大
燃費はWMTCモードで67.1km/リッター。容量5.3リッターの燃料タンクが備わる。
燃費はWMTCモードで67.1km/リッター。容量5.3リッターの燃料タンクが備わる。拡大

身近に置いておきたくなる

仰々しいバイクウエアを着込まなくてもアウトドアウエアや街着などでもこのマシンには似合うし、特別なテクニックなど必要ないから、ビギナーでもベテランと同じように楽しむこともできる。単一の用途で性能を追求したバイクは高性能な代わりに使い方も限定されてしまうのだが、ハンターカブは逆。なんにでも使うことができる。

前述したように僕自身は、それほどハンターカブにほれ込んでいるわけではない。でも身近に置いておきたいとは思う。たぶん仕事場にあったら近所を走ったり、買い物に使ったりと大活躍するはずだ。なんでもない日常がハンターカブのおかげで少しだけ楽しくなりそうな気がする。そんなライトな付き合い方ができるのもまた、このマシンの魅力なのだと思う。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=関 顕也)

ホンダCT125ハンターカブ
ホンダCT125ハンターカブ拡大
始動はスイッチ操作によるセルフスターター式だが、キックペダルも利用できる。
始動はスイッチ操作によるセルフスターター式だが、キックペダルも利用できる。拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=1960×805×1085mm
ホイールベース:1255mm
シート高:800mm
重量:120kg
エンジン:124cc 空冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ
最高出力:8.8PS(6.5kW)/7000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm
トランスミッション:4段MT
燃費:67.1km/リッター(WMTCモード)/61.0km/リッター(国土交通省届出値)
価格:44万円

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。