同じ急速充電でも実態はこんなに違う!? 「アウディe-tron」で行くニッポン急速充電“記”

2020.10.26 デイリーコラム

海老名は港北の1.4倍

2020年9月17日、ついに日本でもアウディの電気自動車(EV)「e-tronスポーツバック」が発売になった。その2週間後にはプレス試乗会で実力を試したのだが、その完成度の高さに驚いた! というのは、試乗記で紹介したとおりだ。

ただ、そのときは試乗するだけで精いっぱいで、充電するチャンスがなかった。一度くらい充電したかったなぁ……なんて思っていたら、たまたまとある仕事で1週間ほどe-tronスポーツバックに乗れることになり、自宅で充電できない私は、早速いろんな場所で充電してみることにした。

e-tronスポーツバックは交流200Vの普通充電に加えて、CHAdeMOによる直流の急速充電が可能だ。高速道路のサービスエリアなどでよく見かける「EV QUICK」という青い看板の設備がそれだ。

まずは、東名高速道路下りの港北PAで30分間の充電を行う。このクルマの場合、「e-tron Charging Service」カードが1年間無料で利用できるので、それをかざせば簡単に充電できるのがうれしいところ。このときは30分の充電で18.0kWhの電力が追加され、バッテリー残量は25%から47%に増えている。

ひと仕事終えての帰り道、東名上りの海老名SAでピットストップし、同じように30分間充電する。すると、ここでは25.1kWh充電できて、バッテリー残量は27%から58%となった。充電量を比較すると、港北の約1.4倍である。この差が、その後の航続距離に影響するのは言うまでもない。

いよいよ日本に導入された「アウディe-tronスポーツバック」。写真は試乗会でのもの。
いよいよ日本に導入された「アウディe-tronスポーツバック」。写真は試乗会でのもの。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事