第680回:フェラーリの丸型テールランプも!? イタリアのパーツ流用事情

2020.11.05 マッキナ あらモーダ!

空調吹き出し口に声をかける

2020年11月に入ってヨーロッパにおける新型コロナウイルスの感染被害がさらに拡大し、筆者の東京出張は、また遠のきそうな気配になってきた。

その東京で「お前、まだ元気だったのか」と思わず声をかけてしまうのは人ではない。ずばり「路線バスの空調吹き出し口」である。

射撃の照準のような丸い形をしていて、中央部を右にひねると開放し、左にひねると閉まる。風向の調節レバー役も果たしている。

バス本体がワンステップからノンステップに変わろうと、この吹き出し口だけは変わらない。

いや、筆者が小学生だった時分から、ほぼ同じだった。遠足用の観光バスが冷房付きとなったころ、冷風が出てくるその吹き出し口には、文明の後光が差していた。

運転士席直後の花瓶やクラリオン製のガイドさん用マイクケーブル差し込み口が消えた今、空調吹き出し口は懐かしい思い出に浸らせてくれる唯一のパーツである。

実は筆者が住むシエナの小型路線バスにも、新しい車体とは対照的な、ちょっと古いパーツがあるのを発見することができる。車内放送用のスピーカーだ。

よく見ると大して似ていないのだが、その雰囲気から筆者などは1970年代の松下電器製BCLラジオを思い出し、「吠(ほ)えろクーガ」と叫んでしまう。

東京の路線バスの空調吹き出し口しかり、イタリアの小型路線バスのスピーカーしかり、デザイン的には、もはや時代遅れに映る。

だが不特定多数の人が容赦なく操作し、基幹部品と違って大したケアもされないパーツだ。したがって、強固に設計・製造する必要があるが、いっぽうでコスト的にも商用車にはシビアなレベルが要求される。それらを地道にクリアしてきた設計者やメーカーを称賛したい。

「ランチア・ストラトス」の丸型テールランプは、実はあの大衆車と同じものだった。答えは後ほど。
「ランチア・ストラトス」の丸型テールランプは、実はあの大衆車と同じものだった。答えは後ほど。拡大
東京を走る都営バスで。空調吹き出し口。
東京を走る都営バスで。空調吹き出し口。拡大
シエナの小型路線バスで。車内放送用スピーカー。
シエナの小型路線バスで。車内放送用スピーカー。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事