クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第198回:RSのRS違い

2021.01.18 カーマニア人間国宝への道

オートマですよ

担当サクライ君から、ステキな提案が届いた。「今度『GRヤリス』を編集部で借りるんですが、お乗りになりますか」。

GRヤリスといえば、話題の激速国産コンパクト。モータージャーナリストが多数購入していることからもわかるように、カーマニア的に大変な重みを持つモデルである。

ただ、もともとドブス(私見です)のヤリスを戦闘的なルックスに仕上げているだけに、モテないオーラも非常に強い。つまりカーマニアとして、いろいろな意味で心をかき乱されるクルマなのである。

私は「乗る乗る~!」と即答した。

1都3県に緊急事態宣言が出る前夜。サクライ君がGRヤリスでわが家に乗りつけた。運転席に乗り込んでシートベルトを締め、いざ走りだそうとして驚愕(きょうがく)。

オレ:これ、オートマじゃん!
サクライ:オートマです。
オレ:オートマのGRヤリスって、あんまり速くないヤツだよね?
サクライ:……でも、ここまで(走ってきた印象は)悪くない感じでしたよ。

オートマというかCVTのGRヤリスが悪くないことは、私も知っている。富士スピードウェイのショートサーキットで開催された試乗会にて、「これ、意外と速いし、楽しいじゃん!」と思ったのを覚えている。

しかし、『webCG』の編集者からわざわざ「GRヤリス、お乗りになりますか?」と提案されたのだから、最強の1.6リッター直3ターボ272PSフルタイム4WD自動ブリッピング機能付き6段MTモデル「RZ」だと思うのが自然だろう。

1都3県に緊急事態宣言が出る前夜、「GRヤリスRS」で首都高に出撃。戦闘的なルックスに仕上げられた「モテないカー」の超新星をチェックした。
1都3県に緊急事態宣言が出る前夜、「GRヤリスRS」で首都高に出撃。戦闘的なルックスに仕上げられた「モテないカー」の超新星をチェックした。拡大
「GRヤリス」と聞いてはいたが、今回の試乗車は最高出力120PSの1.5リッター直3自然吸気エンジンにCVTが組み合わされた「RS」であった。モテないオーラは一緒だが、これ、前輪駆動のオートマじゃん!
「GRヤリス」と聞いてはいたが、今回の試乗車は最高出力120PSの1.5リッター直3自然吸気エンジンにCVTが組み合わされた「RS」であった。モテないオーラは一緒だが、これ、前輪駆動のオートマじゃん!拡大
「GRヤリスRS」のインストゥルメントパネル。標準車「ヤリス」のデザインに準じており、専用ステアリングホイールなどは装着されるものの、特にスパルタンな演出はない。そもそもRSは、WRCのホモロゲーション(連続した12カ月間に2500台以上の生産が条件)を取得するために開発された、ラリー参戦のためのベースモデルだといわれている。
「GRヤリスRS」のインストゥルメントパネル。標準車「ヤリス」のデザインに準じており、専用ステアリングホイールなどは装着されるものの、特にスパルタンな演出はない。そもそもRSは、WRCのホモロゲーション(連続した12カ月間に2500台以上の生産が条件)を取得するために開発された、ラリー参戦のためのベースモデルだといわれている。拡大

最近のトヨタはマニアにも優しい

オレ:CVTも悪くないのは知ってるけど、これ、ターボ付いてないでしょ?

確認したところ、やっぱり1.5リッター3気筒自然吸気120PS前輪駆動の「RS」であった。RSなんて聞くと最強の「GT3 RS」かと思ってしまうが、違うのである。

サクライ:すいません……。GRヤリスの詳細を知らなくて。

サクライ君は長年自動車メディアで働いていて、スレて鈍感になっている。そういう編集者は少なくない。その点私はまだ、「これ、モテないだろうなぁ」とか言いつつ興味津々なので、カーマニアとしてスレてな~い!

気を取り直して、CVTのGRヤリスRSで首都高へ向かう。するとどうだ。本当に悪くない! というより、とてもイイ!

オレ:このクルマ、足まわりがとってもいいね。
サクライ:そうですよね。
オレ:スポーティーだけど路面からの突き上げが小さいね! 特に首都高のジョイントを乗り越える時は、まるで「ルノー・メガーヌR.S.」みたいだね!

メガーヌR.S.は、日本で大人気につき、ルノー・スポールの開発部隊が日本でわざわざテストしてサスをセッティングした。それにとっても近い感覚なのである。

オレ:このクルマ、目をつぶって乗ったら、メガーヌR.S.と区別つかないよ!
サクライ:そうかもしれません。
オレ:パワーも普通に走れば十分だし、エンジンフィールもいい。いや~、いいクルマだなぁ。最近のトヨタは本当にいいクルマつくるなぁ。わざわざカーマニアのために……。ありがたくて涙が出るね!
サクライ:同感です。

GRヤリスの詳細を何も知らなかったくせに、よく言うわ!

いつものように首都高4号線から環状線と11号線を経由して、辰巳PAを目指す。道中、首都高のいわゆる目地段差を軽くいなす足まわりに感心。「GRヤリス」では軽量化しつつボディー剛性をアップさせているほか、リアサスペンションが標準車の「ヤリス」とは異なるダブルウイッシュボーン式に変更されている。
いつものように首都高4号線から環状線と11号線を経由して、辰巳PAを目指す。道中、首都高のいわゆる目地段差を軽くいなす足まわりに感心。「GRヤリス」では軽量化しつつボディー剛性をアップさせているほか、リアサスペンションが標準車の「ヤリス」とは異なるダブルウイッシュボーン式に変更されている。拡大
標準車の「ヤリス」と同じ1.5リッター直3自然吸気エンジンを搭載する「GRヤリスRS」。最高出力120PS、最大トルク145N・mという実力で、10段の疑似ステップ変速機構付きCVTと組み合わされる。普通に走ればパワーも十分である。
標準車の「ヤリス」と同じ1.5リッター直3自然吸気エンジンを搭載する「GRヤリスRS」。最高出力120PS、最大トルク145N・mという実力で、10段の疑似ステップ変速機構付きCVTと組み合わされる。普通に走ればパワーも十分である。拡大
プロトタイプの試乗で「GRヤリスRS」のポテンシャルは理解していたのだが、こうしてあらためて乗るとその出来のよさが再確認できた。最近のトヨタは本当にいいクルマをつくっている。
プロトタイプの試乗で「GRヤリスRS」のポテンシャルは理解していたのだが、こうしてあらためて乗るとその出来のよさが再確認できた。最近のトヨタは本当にいいクルマをつくっている。拡大
 
緊急事態宣言イブの辰巳PA。この日はいつもの夜と異なり、駐車スペースはガラガラ。それっぽい車両はほんの数台だけだった。
緊急事態宣言イブの辰巳PA。この日はいつもの夜と異なり、駐車スペースはガラガラ。それっぽい車両はほんの数台だけだった。拡大
「GRヤリスRS」には、ファブリック表皮のスポーツシートが装備されている。内装色はブラックのみの設定。普段使いもできる仕立てだ。
「GRヤリスRS」には、ファブリック表皮のスポーツシートが装備されている。内装色はブラックのみの設定。普段使いもできる仕立てだ。拡大
「GRヤリスRS」のボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1805×1455mmで、車重は1130kgとなる。カーボンルーフに加え、リアゲートやドア、ボンネットをアルミ製として軽量化。全幅は標準車の「ヤリス」から110mm拡大されている。
「GRヤリスRS」のボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1805×1455mmで、車重は1130kgとなる。カーボンルーフに加え、リアゲートやドア、ボンネットをアルミ製として軽量化。全幅は標準車の「ヤリス」から110mm拡大されている。拡大
「GRヤリスRS」に試乗し、「スイフトスポーツ」の偉大さを再確認。スイスポは、カーマニアから一般ピープルまで誰でも満足させられる日本の国民車になれる!
「GRヤリスRS」に試乗し、「スイフトスポーツ」の偉大さを再確認。スイスポは、カーマニアから一般ピープルまで誰でも満足させられる日本の国民車になれる!拡大

スイスポの偉大さを再確認

こうして、オッサン2名を乗せたGRヤリスは、無事辰巳PAに到着した。

うーむ、驚くほどクルマが少ない。このところ辰巳に来るたびにモーターショー状態だったのに、こんなにガラガラなのは久しぶりだ。緊急事態宣言イブだからだろうか。それとも単に寒波のせいだろうか。

夜の辰巳で見る黒いGRヤリスは、それこそメガーヌR.S.みたいに見えた。少なくとも「ルーテシアR.S.」とは見間違えそうだ。「モテないカーの帝王」とか言ってたけど、これ、そんなにモテないこともないかもしれない!

帰路は助手席である。

女子気分で乗っていても、コンフォート性に関して不満はなかった。目をつぶって座っていれば、ドイツ製のプレミアムコンパクトのようだ。安っぽいダッシュボードも暗くてよく見えないし。

オレ:ホントにいいクルマだね~。で、いくらだっけ。
サクライ:えっと、265万円です。
オレ:うーん、265万円で120PSのCVTか……。

私の中で、カーマニアの警告音がピコピコ鳴った。

オレ:サクライ君! これを買うなら絶対「スイフトスポーツ」だよ!
サクライ:ですか?
オレ:だってスイスポは1.4リッターターボの140PSで、オートマだって6段トルコンだよ! それでたったの200万円ちょいだよ! ドアも4枚あって便利だし! このGRヤリスRSを選ぶ理由があるとしたら、ラリーに出るとかだけっしょ!?
サクライ:そ、そうですね。

GRヤリスRS。確かにいいクルマだ。しかし私は最終的に、スイスポの偉大さを再確認し、猛烈に乗りたくなったのだった。スイスポ最高!

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ GRヤリス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。