ダウンサイジングの波はどこに エンジン排気量拡大トレンドが起きているのはなぜなのか?

2021.01.20 デイリーコラム

Dセグセダンの主力が1.5リッター前後に

いわゆるダウンサイズエンジンは、5代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が搭載した「TSI」エンジンに端を発している。1.4リッターエンジンにターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせ、2リッター並みのパワー&トルクを発生するというものだった。

狙いは至ってシンプルで、年々厳しくなる排ガス規制にミートすべく、CO2の排出量を抑えて燃費を稼ぐこと。そのためには、エンジン排気量の縮小が有効だからだ。特に欧州のメーカーはダウンサイジングに積極的に取り組んできた。ちなみに国内メーカーがそれほど乗り気ではなかったのは、日本の市街地のようなストップ&ゴーの多い場面では、ハイブリッドのほうが燃費性能に優れているからだ。

ダウンサイジング化が進む中で、2016年にアウディは「A4」のエントリーモデルに1.4リッター直4直噴ターボエンジンを採用。また同年BMWは「3シリーズ」(先代)に、1.5リッター直3直噴ターボエンジンを搭載したエントリーモデルを追加している。

ちなみに「メルセデス・ベンツCクラス」は、現行型導入時のエントリーモデル「C180」に1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。2018年のマイナーチェンジでは1.5リッター直4直噴ターボへとさらにダウンサイズし、1つ上の「C200」ではこの1.5リッターエンジンに「BSG」と48V電気システムを加えたマイルドハイブリッド仕様として燃費を向上させている。

国内では2016年に発売された「アウディA4」の1.4リッター直4ターボエンジン搭載モデル。
国内では2016年に発売された「アウディA4」の1.4リッター直4ターボエンジン搭載モデル。拡大
同じく2016年に導入された先代「BMW 3シリーズ」の「318i」。こちらは1.5リッターだが、なんと3気筒ターボだった。
同じく2016年に導入された先代「BMW 3シリーズ」の「318i」。こちらは1.5リッターだが、なんと3気筒ターボだった。拡大
アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事