クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ダウンサイジングの波はどこに エンジン排気量拡大トレンドが起きているのはなぜなのか?

2021.01.20 デイリーコラム

Dセグセダンの主力が1.5リッター前後に

いわゆるダウンサイズエンジンは、5代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が搭載した「TSI」エンジンに端を発している。1.4リッターエンジンにターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせ、2リッター並みのパワー&トルクを発生するというものだった。

狙いは至ってシンプルで、年々厳しくなる排ガス規制にミートすべく、CO2の排出量を抑えて燃費を稼ぐこと。そのためには、エンジン排気量の縮小が有効だからだ。特に欧州のメーカーはダウンサイジングに積極的に取り組んできた。ちなみに国内メーカーがそれほど乗り気ではなかったのは、日本の市街地のようなストップ&ゴーの多い場面では、ハイブリッドのほうが燃費性能に優れているからだ。

ダウンサイジング化が進む中で、2016年にアウディは「A4」のエントリーモデルに1.4リッター直4直噴ターボエンジンを採用。また同年BMWは「3シリーズ」(先代)に、1.5リッター直3直噴ターボエンジンを搭載したエントリーモデルを追加している。

ちなみに「メルセデス・ベンツCクラス」は、現行型導入時のエントリーモデル「C180」に1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。2018年のマイナーチェンジでは1.5リッター直4直噴ターボへとさらにダウンサイズし、1つ上の「C200」ではこの1.5リッターエンジンに「BSG」と48V電気システムを加えたマイルドハイブリッド仕様として燃費を向上させている。

国内では2016年に発売された「アウディA4」の1.4リッター直4ターボエンジン搭載モデル。
国内では2016年に発売された「アウディA4」の1.4リッター直4ターボエンジン搭載モデル。拡大
同じく2016年に導入された先代「BMW 3シリーズ」の「318i」。こちらは1.5リッターだが、なんと3気筒ターボだった。
同じく2016年に導入された先代「BMW 3シリーズ」の「318i」。こちらは1.5リッターだが、なんと3気筒ターボだった。拡大

排気量拡大で新たな燃費測定モードに対応

ところが、2020年にアウディはA4のマイナーチェンジのタイミングでエントリーモデルに2リッター直4直噴ターボエンジンとベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)、12Vリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用。BMWは3シリーズ(現行)のエントリーグレード「318i」に、電動化に頼ることなく効率を追求して燃費13.4km/リッター(WLTCモード)を達成した2リッター直4ターボエンジンを搭載した。

くしくも同タイミングでアウディもBMWもエントリーモデルの排気量が2リッターに拡大しており、それはこれまでのダウンサイジング化の波に逆行しているようにも見える。果たしてその理由はといえば、これまで各国でばらばらだった欧州での燃費基準が、国際基準のWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)に統一化される動きが進んでいるためだ。このWLTPは従来のテスト基準と比べ、運転モードが多岐にわたること、またテスト時はコールドスタート(冷間時にエンジンを始動)であること、また速度変化が従来より急であることなど、より現実世界での使用に即したものになっている。

一般的にダウンサイズしたターボエンジンは、低回転から過給して早めにトルクを立ち上げ、エンジン回転数を低く抑えることで燃費を稼ぐ傾向にある。それが、急加速を伴うようなWLTPのテストにはうまくミートしないのだ(少々ややこしいが、WLTPに基づく測定法をWLTCモード法と呼ぶ)。低回転域のみならず、すべての回転域で効率を高めようとすると、排気量を増やさざるを得ないというのが実情のようだ。

実はアウディやBMWが日本でダウンサイジングモデルの発売を始めたころ、本国ではすでに今につながる次世代の2リッターエンジン技術がアナウンスされていた。当時のアウディのプレスリリースにも、新世代の「2.0 TFSI」エンジンは、圧縮行程を短縮し、膨張行程を長くしたミラーサイクル(通称:Bサイクル)の燃焼方式の採用や高圧縮化、デュアルインジェクション化などで実質的なダウンサイジング効果を得ていると紹介されている。

いつのころからか、リアのバッジの数字と排気量は符合しなくなり、また車格と排気量の大きさも、必ずしも比例するものではなくなった。自動車はいつの時代にも規制に翻弄(ほんろう)されながら技術革新を続けていく。それはスポーツカーなども例外でなく例えばポルシェは「718ボクスター/ケイマン」に、一度はラインナップから消滅した水平対向6気筒エンジンを、気筒休止システムなどを取り入れることで復活させている。

先のアウディのプレスリリースの中にこんな言葉があった。ダウンサイジングから“ライト(right:適切な)サイジング”へ。内燃エンジンの可能性はまだまだあるということのようだ。

(文=藤野太一/写真=アウディ、BMW、フォルクスワーゲン/編集=藤沢 勝)

「アウディA4」のエントリーモデルのエンジンが2リッターターボに置き換えられたのは2020年10月のこと。BMWが2リッターターボの現行「318i」を導入したのは8月だった。
「アウディA4」のエントリーモデルのエンジンが2リッターターボに置き換えられたのは2020年10月のこと。BMWが2リッターターボの現行「318i」を導入したのは8月だった。拡大
2021年内に国内導入される予定の8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」でも、主力エンジンが1.4リッターターボから1.5リッターターボへと置き換えられる。
2021年内に国内導入される予定の8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」でも、主力エンジンが1.4リッターターボから1.5リッターターボへと置き換えられる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。