スズキのインド子会社が「ジムニー」の生産をスタート

2021.01.20 自動車ニュース

スズキは2021年1月20日、インド子会社であるマルチ・スズキ・インディアが「ジムニー(日本名:ジムニーシエラ)」の生産・輸出を開始したと発表した。

マルチ・スズキのグルガオン工場で生産されるジムニーは、日本の湖西工場で生産されている輸出モデルのジムニーシエラと同じ仕様であり、主に中南米と中東、アフリカ等を仕向け地とした輸出専用モデルとなっている。

スズキはインドを輸出用製品の重要な生産拠点と位置づけており、ジムニーを生産することでインド政府が掲げる製造業振興策「Make in India」に貢献しながら、同国の経済発展や活性化に協力していくという。

(webCG)

マルチ・スズキのグルガオン工場で生産された「スズキ・ジムニー」の第1号車。
マルチ・スズキのグルガオン工場で生産された「スズキ・ジムニー」の第1号車。拡大

関連キーワード:
ジムニーシエラ, ジムニー, スズキ, 自動車ニュース