クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)

20年目の果実 2021.02.06 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。

通好みなベストセラー

自動車メディアに関わっている人の自家用車は、ルノー率が高いように感じる。試乗会に行くと、駐車場に何台ものルノー車が止められていることが珍しくない。街なかでの遭遇率とは明らかに違うのだ。今回の試乗では、カメラマンとライター(私)がともにルノー乗りという組み合わせになった。

この業界にいると、クルマ選びには神経を使う。はやりモノに乗っているのでは芸がないし、逆張りで不人気車に手を出すと理由を説明しにくい。単にいいクルマを選べばいいというものではないのだ。考えすぎかもしれないが、“自動車観”を見透かされそうで慎重になってしまう。いろいろ考えると、ルノーにたどり着くのではないか。

絶妙な立ち位置なのだ。自動車史で重要な役割を果たしたブランドであり、技術的にも高い評価を受けている。スポーティーなイメージがあり、フランス車だからオシャレ感は申し分ない。そして、ものすごく売れているわけではないことも大事だ。ドイツ車に比べれば一般に浸透しているとはいえないが、極端にマニアックということではない。適度な通好みというのがいいあんばいなのだ。

実際、本国ではごく普通のクルマである。今回試乗したルーテシアは、ヨーロッパのBセグメントではナンバーワンの販売台数なのだ(あちらでは「クリオ」を名乗る)。かの地では大衆に親しまれているベストセラーカーだが、日本ではフランス的なテイストがアピールポイントとなる。自動車メディア関係者でなくても、魅力的な選択肢になると思う。

エクステリアデザインは欧州で大ヒットした先代モデルを踏襲。似てはいるが、ボンネットに施されたプレスラインなどによってフロントの迫力が増している。
エクステリアデザインは欧州で大ヒットした先代モデルを踏襲。似てはいるが、ボンネットに施されたプレスラインなどによってフロントの迫力が増している。拡大
迫力が増しているので立派に見えるが、実際には全長と全幅が先代モデルよりもわずかに小さくなっている。
迫力が増しているので立派に見えるが、実際には全長と全幅が先代モデルよりもわずかに小さくなっている。拡大
ヘッドランプと同様、リアコンビランプもC字型に点灯。フロントともどもボディーのワイド感を強めている。
ヘッドランプと同様、リアコンビランプもC字型に点灯。フロントともどもボディーのワイド感を強めている。拡大
リアのドアハンドルをCピラーと一体化させた「ヒドゥンドアハンドル」も踏襲している。
リアのドアハンドルをCピラーと一体化させた「ヒドゥンドアハンドル」も踏襲している。拡大

エクステリアは先代を踏襲

近いサイズのハッチバック車ということでは、「トヨタ・ヤリス」や「ホンダ・フィット」、あるいは「プジョー208」あたりが競合車となる。実用性、燃費、デザインといったポイントがユーザーにどう評価されるかが勝負だ。もちろん価格も大切で、やはり国産勢にはかなわない。プジョーとはほぼ拮抗(きっこう)している。新型ルーテシアは3グレード構成で、236万9000円の「ゼン」、256万9000円の「インテンス」、そして276万9000円のインテンス テックパックだ。

事前にグレードを聞いていなかったのでリアに回って確かめようとしたが「RENAULT」と「LUTECIA」というバッジしかなかった。室内にもグレード名は記されていないが、わかりやすい識別ポイントがある。シートヒーターが装備されているのはテックパックだけなのだ。3グレードともステアリングヒーターは付いているというのが不思議だが、製造上の都合があるのだろう。とにかく、シートヒーターのスイッチを見つけたので、試乗車がテックパックだということがわかった。

エクステリアデザインは先代とあまり変わらない。人気があるのだからそのままのほうがいいというのは一理ある考え方だ。「ホンダN-ONE」などは前モデルの外板をそのまま使用していた。似ているといってもルーテシアはしっかりデザインを変えていて、しかもサイズが少し小さくなった。賢明な判断である。コンパクトカーがどんどん大きくなるという不条理にはどこかで歯止めをかけなければならなかった。

中身は大きく変わっている。初採用となった「CMF-B(Common Module Family B-segment)」プラットフォームは、日産や三菱でも使われることになっているもの。3社のアライアンスがもたらした成果で、コストダウンに貢献しているはずだ。

ホワイトのソフトパッドを多用した内装の質感は、先代モデルから飛躍的に向上。センタースクリーンとエアコンの操作パネルはドライバー側に傾けてレイアウトされる。
ホワイトのソフトパッドを多用した内装の質感は、先代モデルから飛躍的に向上。センタースクリーンとエアコンの操作パネルはドライバー側に傾けてレイアウトされる。拡大
「インテンス テックパック」にはシートヒーター内蔵のレザーシートが標準装備。大ぶりなつくりでゆったりと座れるところがフランス車らしい。
「インテンス テックパック」にはシートヒーター内蔵のレザーシートが標準装備。大ぶりなつくりでゆったりと座れるところがフランス車らしい。拡大
後席には足元にも頭上にも十分なスペースが割かれている。背もたれは40:60の2分割式。
後席には足元にも頭上にも十分なスペースが割かれている。背もたれは40:60の2分割式。拡大
メーターパネルは液晶表示式。両端の水温系と燃料系もC字型になっているのが面白い。
メーターパネルは液晶表示式。両端の水温系と燃料系もC字型になっているのが面白い。拡大

プラス300ccの余裕

エンジンも共同開発である。こちらにはルノー・日産・三菱だけでなく、ダイムラーも加わっている。プラットフォームとエンジンという重要な部分が共用ということになるが、優れたテクノロジーを使ってそれぞれに独自のクルマづくりをするというのが現代の考え方だ。ルーテシアでは、それが成功していると感じられる。

エンジンは1.3リッター直4直噴ターボで、最高出力は131PS。このクラスではパワフルな数値だと言っていいだろう。1リッター3気筒エンジンが増えている昨今では、ちょっとぜいたくな感じがする排気量だ。昔懐かしいキャッチコピーを借りるなら、“プラス300ccの余裕”といったところか。

実際に気持ちのいいエンジンである。アクセルをひと踏みしたときに思い通りの加速が得られるのがうれしい。勇ましいエンジン音がドライバーを高揚させる。ダウンサイジングが重要な技術革新だったのは確かだし、1リッターでも十分な動力が得られることに感心したが、本音を言えばちょっと物足りない感覚はあった。

「R.S.」とかの称号が付かないノーマルモデルだが、十分にスポーティーな走りを楽しめる。トランスミッションは、湿式となった7段DCT。微低速では少しだけギクシャクする場面もあったけれど、乗り心地も含めてスピードを上げるにつれて美点が目立ってくるクルマである。そして、洗練された上品なインテリアが好ましい。最近のマツダデザインにそっくりだと思ったが、こちらはアライアンスには加わっていないから偶然の類似だろう。

パワーユニットは1.3リッター直4直噴ターボの「H5H」エンジン。「メルセデス・ベンツAクラス」などに積まれるダイムラーの「M282」エンジンと基本構造を同じくしている。
パワーユニットは1.3リッター直4直噴ターボの「H5H」エンジン。「メルセデス・ベンツAクラス」などに積まれるダイムラーの「M282」エンジンと基本構造を同じくしている。拡大
ボンネットを開けてエンジンルームを見てみる。先代モデルや現行「メガーヌ」などと同様、エンジンカバーは備わらない。
ボンネットを開けてエンジンルームを見てみる。先代モデルや現行「メガーヌ」などと同様、エンジンカバーは備わらない。拡大
ヒーター付きのレザーステアリングホイールは全グレード共通。チルトだけでなくテレスコピック調整機能も付いている。
ヒーター付きのレザーステアリングホイールは全グレード共通。チルトだけでなくテレスコピック調整機能も付いている。拡大
変速機は7段のデュアルクラッチ式AT「7EDC」。先代モデルよりも1段増えるとともにクラッチが乾式から湿式に変更された。
変速機は7段のデュアルクラッチ式AT「7EDC」。先代モデルよりも1段増えるとともにクラッチが乾式から湿式に変更された。拡大

日産由来の便利装備も

エンジンとプラットフォーム以上にアライアンスの効能が現れているのが先進運転支援システムである。全車速対応アダプティブクルーズコントロール(ACC)や自動ブレーキ、車線逸脱警告などが装備されているのだ。現在ではこのクラスでも必要不可欠となった機能で、日産の技術がしっかり取り入れられている。ACCを使って走ると、テックパック専用の「レーンセンタリングアシスト」機能と合わせて安楽な高速巡航を満喫できた。

駐車時には360°カメラを利用できる。アラウンドビューモニターのことで今や国産車では当たり前になったが、このクラスの欧州車だと新鮮に感じてしまう。こういった便利アイテムがないと購入意欲をそがれるという人も多いだろうから、輸入車を買うのに二の足を踏んでいたユーザーの背中を押すことができるかもしれない。

とはいえ、まだ輸入車ならではの異物感は残っている。燃費表示はリッター/100kmというヨーロッパ式なので、いちいち割り算しなくてはならない。試乗当時は国内向け純正カーナビの開発が間に合っておらず、スマホをつなげてモニターに映し出す必要があった。まあ、その程度の不便はむしろ舶来物のありがたみと受け取って楽しんだほうがいい。

古い話をすると、3代目ルーテシアは「日産マーチ」と基本骨格を共用していたが、使い勝手の面では日本車とはかけ離れたクルマだった。多少のガマンは覚悟の上で、愛好家が選んでいたのだ。新しいルーテシアは、国産車とそれほど変わらない感覚で安楽にフランス気分を味わうことができる。20年のアライアンスが生んだ豊かな果実である。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

ダッシュボード中央に備わったインフォテインメントシステム「イージーリンク」は「Apple Carplay」と「Android Auto」に対応。オプションの車載カーナビも搭載できる。
ダッシュボード中央に備わったインフォテインメントシステム「イージーリンク」は「Apple Carplay」と「Android Auto」に対応。オプションの車載カーナビも搭載できる。拡大
新型「ルーテシア」では先進運転支援装備が充実しているのもトピックだ。アダプティブクルーズコントロールが全車標準となるほか、「インテンス テックパック」には車線中央維持支援機能も備わる。
新型「ルーテシア」では先進運転支援装備が充実しているのもトピックだ。アダプティブクルーズコントロールが全車標準となるほか、「インテンス テックパック」には車線中央維持支援機能も備わる。拡大
シフトセレクター前方にあるスマートフォンのワイヤレスチャージャーも「インテンス テックパック」専用。
シフトセレクター前方にあるスマートフォンのワイヤレスチャージャーも「インテンス テックパック」専用。拡大
荷室の容量は後席使用時で391リッター。フロアボードは下段に固定して荷室を深くしたり、上段に固定して開口部との段差を小さくしたりできる。
荷室の容量は後席使用時で391リッター。フロアボードは下段に固定して荷室を深くしたり、上段に固定して開口部との段差を小さくしたりできる。拡大

テスト車のデータ

ルノー・ルーテシア インテンス テックパック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4075×1725×1470mm
ホイールベース:2585mm
車重:1200kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:131PS(96kW)/5000rpm
最大トルク:240N・m(24.5kgf・m)/1600rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88H/(後)205/45R17 88H(コンチネンタル・エココンタクト6)
燃費:17.0km/リッター(WLTCモード)
価格:276万9000円/テスト車=284万2436円
オプション装備:フロアマット(2万7500円)/ETC(1万4036円)/エマージェンシーキット(3万1900円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:6692km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:489.9km
使用燃料:34.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:参考燃費:14.3km/リッター(満タン法)/6.5リッター/100km(約15.4km/リッター。車載燃費計計測値)

ルノー・ルーテシア インテンス テックパック
ルノー・ルーテシア インテンス テックパック拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー ルーテシア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。