マクラーレン720Sスパイダー(後編)

2021.02.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が絶賛した「マクラーレン720Sスパイダー」の試乗リポート後編。「本当に欠点がない! 公道では無敵かもしれない」と言い切るその理由を、より詳しく語ってもらった。

魅力的なオールラウンダー

マクラーレン720Sスパイダーの走りは「コーナーからの立ち上がりが気持ちいい!」ということでしたが具体的にはどんなフィーリングなのでしょう?
「アクセルペダルを踏むと、1468kgという車両重量をな~んにも感じさせない勢いでバーンッ! と加速してくれる。それこそ『あっ!』と言う間もないぐらいのタイミングでね。まるでロケットみたい……と形容しても、決して大げさではないんじゃないかな。しかも自分が狙ったライン通りに。もうオンザレールという言葉が陳腐に聞こえるほど完璧に、です。これは本当です(笑)」

これの前にお乗りいただいた「ロータス・エキシージ スポーツ410」は「純レーシングカーを公道に解き放ったかのような存在」とおっしゃっていましたが、今回のマクラーレン720Sスパイダーは?

「箱根のターンパイクみたいなワインディングロードからごくフツーの街乗り、そしてサーキットまでを、これ1台で楽しめるクルマですね。スパルタンな仕上がりのロータスの場合は使途がずいぶん限定されますが、マクラーレンは本当の意味でのオールラウンダーだと言えるでしょう。快適でありながら、ドライバーの感性に訴えかけてくるエモーショナルなスーパースポーツとでも言えばわかりやすいかもしれません」

しかしですね、失礼ながら「オールラウンダーで完成度が高い」と聞くと、「でもそれって、マイルドすぎてつまらないんじゃないか? むしろ退屈なのでは?」なんていう感じにも解釈できてしまうのですが、そのあたりはどうなんでしょう?

クーペモデルの「マクラーレン720S」がベースとなるオープンモデル「720Sスパイダー」。ルーフは軽量なカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップで、50km/hまでであれば走行中でも開閉が行える。オープン/クローズに必要な時間はわずか11秒。
クーペモデルの「マクラーレン720S」がベースとなるオープンモデル「720Sスパイダー」。ルーフは軽量なカーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップで、50km/hまでであれば走行中でも開閉が行える。オープン/クローズに必要な時間はわずか11秒。拡大
シンプルながら質感の高さも感じられる「720Sスパイダー」のインテリア。マクラーレンの各車に採用されている縦型のタッチパネル式ディスプレイを、ややドライバー側を向いたセンターコンソールに配置している。
シンプルながら質感の高さも感じられる「720Sスパイダー」のインテリア。マクラーレンの各車に採用されている縦型のタッチパネル式ディスプレイを、ややドライバー側を向いたセンターコンソールに配置している。拡大
【マクラーレン720Sスパイダー】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1468kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720PS(537kW)/7500rpm/最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:294.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:53.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【マクラーレン720Sスパイダー】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1468kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720PS(537kW)/7500rpm/最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:294.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:53.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・エルヴァ 2020.12.3 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は2020年12月3日、東京・六本木において、世界限定149台のみが販売される「マクラーレン・エルヴァ」の実車を日本で初披露した。ブルーとオレンジのガルフカラーをまとったエルヴァの姿を写真で紹介する。
  • マクラーレン・エルヴァ 2020.4.6 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは2020年4月6日、新型ハイパーカー「エルヴァ」のモックアップを日本で初公開した。「オーナーに新しいドライビングエンゲージメントを提供する」という世界限定249台のスピードスターのディテールを、写真で紹介する。
  • 「ホンダS660」最後のスペシャルモデル 「S660モデューロX バージョンZ」発売 2021.3.12 自動車ニュース 本田技研工業は2021年3月12日、軽スポーツカー「ホンダS660」の生産終了(2022年3月)を告知するとともに、コンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」を発売した。6段MT車のみの設定となっている。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • マクラーレン・アルトゥーラ 2021.2.17 画像・写真 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載したアルトゥーラの姿を写真で詳しく紹介する。
ホームへ戻る