息苦しい時代の福音となるか!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」はどんな思いでつくられた?

2021.02.19 デイリーコラム

“傾向”がないクルマ

2013年末に販売を開始した初代「ヴェゼル」は日本でこの7年余の間に約45万台、世界に目を向けても約120の国と地域で展開され、中国市場の兄弟車「XR-V」等も含めると累計約380万台の販売数をマークしている。これは「CR-V」に次ぐ規模となり、すなわちホンダの屋台骨を支える存在に成長したというわけだ。
「つかみづらいというか偏りがないというか、どの仕向け地も満遍なく売れているし、年齢も幅広ければ性別も関係ない。ヴェゼルって、傾向がないクルマなんですよね」

初代の販売動向について尋ねてみたところ、こう答えてくれたのはフルモデルチェンジが発表された新型ヴェゼルの開発責任者である岡部宏二郎さん。ちなみに岡部さんは初代の開発も担当し、ご自身もそれを所有していたというから、ここ幾年かは公私ともにどっぷりヴェゼル浸りの日々を過ごされてきたのだろう。

初代を知り尽くした御仁が手がける、初代の成功を踏まえたフルモデルチェンジ。そう考えると、見た目の印象ながら、新型の攻めっぷりはなかなかのものだ。なるほど、2020年秋に北京モーターショーで発表されたコンセプトカー「SUV e:concept」のデザインは、この伏線だったのかとも気づかされる。

新型「ホンダ・ヴェゼル」と、その開発責任者を務めた岡部宏二郎さん。長身の岡部さんと並ぶと、クーペライクな新型ヴェゼルのルーフラインは一段と低く見える。
新型「ホンダ・ヴェゼル」と、その開発責任者を務めた岡部宏二郎さん。長身の岡部さんと並ぶと、クーペライクな新型ヴェゼルのルーフラインは一段と低く見える。拡大
2020年9月の北京モーターショーで公開された、コンセプトカー「SUV e:concept」。ホンダの量産型EVの方向性を示すモデルとされていたが、いま見てみると、新型「ヴェゼル」に似ている。
2020年9月の北京モーターショーで公開された、コンセプトカー「SUV e:concept」。ホンダの量産型EVの方向性を示すモデルとされていたが、いま見てみると、新型「ヴェゼル」に似ている。拡大
岡部宏二郎さんは、本田技研工業のシニアチーフエンジニア。車両の商品開発責任者(LPL)として、先代に続いて2代目「ヴェゼル」も担当した。現在プライベートでは「S660」に乗っていて、新型ヴェゼルも購入する予定とか。
岡部宏二郎さんは、本田技研工業のシニアチーフエンジニア。車両の商品開発責任者(LPL)として、先代に続いて2代目「ヴェゼル」も担当した。現在プライベートでは「S660」に乗っていて、新型ヴェゼルも購入する予定とか。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダがコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型を世界初公開 2021.2.18 自動車ニュース 本田技研工業は2021年2月18日、コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型を世界初公開した。クーペライクなデザインをまとう2代目ヴェゼルは、ガソリンエンジン車とハイブリッド車がラインナップされており、同年4月に発売される。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
ホームへ戻る