次期フラッグシップはハイブリッドに! ランボルギーニの戦略についてキーマンが語る

2021.02.26 デイリーコラム

拡大路線は望まない!?

「日本のお客さまは、極めて洗練度が高いのです。ランボルギーニの歴史に対する理解が深いですし、モノのクオリティー、細部にこだわられます。イタリア人にも似ているのですが、これらは実にパワフルな特徴だと思います」

わが国の猛牛ファンをそう評したのは、2021年2月にランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンに着任した、ダビデ・スフレコラさん。日本の市場やユーザーに他国との違いはあるかという質問に対する答えだ。

2019年、日本はランボルギーニ最大の市場となるアメリカ、そして中国(香港とマカオ含む)、イギリスに次ぐ販売台数を記録した。2020年も4位で、アメリカ、ドイツ、中国(同)、日本という順位。しかしランボルギーニは2020年10月、数で勝る中国市場を差しおいて、東京にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープンした。なぜなのか?

「前述の通り、日本の皆さまはクルマのつくり込みや伝統を重んじます。そして、自分だけの一台にこだわられる方も多い。われわれとしては、そういうお客さまにマッチしたサービスを提供したいのです」

この施設には、イタリア本社以外では世界初の試みとなる、ランボルギーニのカスタムオーダーができる「アドペルソナム専用スタジオ」も設置されている。厚遇、といえるだろう。

そんな日本市場で新たなボスが、今後どれほどの成長を期待しているかと思えば、意外なことに「拡大路線は望まない」という。

「成長というのは積極的に追い求めるべきものではなく、あくまでお客さまに満足いただいた結果としてついてくるものなんです。(とりわけ、コロナ禍中にあるいまは)販売台数アップを目標とせず、質の高いサービスを提供して顧客満足度を上げることに注力すべきだと思っています」

もっともランボルギーニ自体のセールスは好調と捉えられている。世界でも日本でも、ランボルギーニ全体に占めるスーパーSUV「ウルス」のシェアが50%超となっているが、スーパーSUVとスーパースポーツの50:50という配分は同社としては狙い通り。それが実現できたいまは、「一息ついて、足固めをするとき」なのだそうだ。

環境規制のこともある。今後、ランボルギーニを取り巻く状況は厳しくなっていくように思えるが、その足固めからさらに前進し、生き残っていくことはできるだろうか?

ランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンを務めるダビデ・スフレコラさんと、12気筒のオープントップモデル「アヴェンタドールSロードスター」。スフレコラさんの同職就任は2020年9月だが、コロナ禍の影響で、2021年2月になってようやく日本に着任した。
ランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンを務めるダビデ・スフレコラさんと、12気筒のオープントップモデル「アヴェンタドールSロードスター」。スフレコラさんの同職就任は2020年9月だが、コロナ禍の影響で、2021年2月になってようやく日本に着任した。拡大
今回インタビューを実施した場所は、東京・六本木の「THE LOUNGE TOKYO」。アメリカ・ニューヨークに次いで開設されたランボルギーニのブランド体感スペースで、車両をカスタムオーダーするための商談スペースが設けられている。写真の展示車両もその一例。
今回インタビューを実施した場所は、東京・六本木の「THE LOUNGE TOKYO」。アメリカ・ニューヨークに次いで開設されたランボルギーニのブランド体感スペースで、車両をカスタムオーダーするための商談スペースが設けられている。写真の展示車両もその一例。拡大
ランボルギーニ入社前は、マセラティでキャリアを積んだスフレコラさん。「ランボルギーニは子どものころからの夢で、部屋の壁にポスターを飾っていた」という。一番のお気に入りは「50年前でもいまでも未来的なクルマ」と絶賛する「カウンタック」。「2021年はカウンタックの生誕50周年にあたります。会社にとっても私にとっても大事な年なんです!」と興奮気味に語っていたのが印象的だった。
ランボルギーニ入社前は、マセラティでキャリアを積んだスフレコラさん。「ランボルギーニは子どものころからの夢で、部屋の壁にポスターを飾っていた」という。一番のお気に入りは「50年前でもいまでも未来的なクルマ」と絶賛する「カウンタック」。「2021年はカウンタックの生誕50周年にあたります。会社にとっても私にとっても大事な年なんです!」と興奮気味に語っていたのが印象的だった。拡大
ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る