クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

次期フラッグシップはハイブリッドに! ランボルギーニの戦略についてキーマンが語る

2021.02.26 デイリーコラム

拡大路線は望まない!?

「日本のお客さまは、極めて洗練度が高いのです。ランボルギーニの歴史に対する理解が深いですし、モノのクオリティー、細部にこだわられます。イタリア人にも似ているのですが、これらは実にパワフルな特徴だと思います」

わが国の猛牛ファンをそう評したのは、2021年2月にランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンに着任した、ダビデ・スフレコラさん。日本の市場やユーザーに他国との違いはあるかという質問に対する答えだ。

2019年、日本はランボルギーニ最大の市場となるアメリカ、そして中国(香港とマカオ含む)、イギリスに次ぐ販売台数を記録した。2020年も4位で、アメリカ、ドイツ、中国(同)、日本という順位。しかしランボルギーニは2020年10月、数で勝る中国市場を差しおいて、東京にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープンした。なぜなのか?

「前述の通り、日本の皆さまはクルマのつくり込みや伝統を重んじます。そして、自分だけの一台にこだわられる方も多い。われわれとしては、そういうお客さまにマッチしたサービスを提供したいのです」

この施設には、イタリア本社以外では世界初の試みとなる、ランボルギーニのカスタムオーダーができる「アドペルソナム専用スタジオ」も設置されている。厚遇、といえるだろう。

そんな日本市場で新たなボスが、今後どれほどの成長を期待しているかと思えば、意外なことに「拡大路線は望まない」という。

「成長というのは積極的に追い求めるべきものではなく、あくまでお客さまに満足いただいた結果としてついてくるものなんです。(とりわけ、コロナ禍中にあるいまは)販売台数アップを目標とせず、質の高いサービスを提供して顧客満足度を上げることに注力すべきだと思っています」

もっともランボルギーニ自体のセールスは好調と捉えられている。世界でも日本でも、ランボルギーニ全体に占めるスーパーSUV「ウルス」のシェアが50%超となっているが、スーパーSUVとスーパースポーツの50:50という配分は同社としては狙い通り。それが実現できたいまは、「一息ついて、足固めをするとき」なのだそうだ。

環境規制のこともある。今後、ランボルギーニを取り巻く状況は厳しくなっていくように思えるが、その足固めからさらに前進し、生き残っていくことはできるだろうか?

ランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンを務めるダビデ・スフレコラさんと、12気筒のオープントップモデル「アヴェンタドールSロードスター」。スフレコラさんの同職就任は2020年9月だが、コロナ禍の影響で、2021年2月になってようやく日本に着任した。
ランボルギーニ・ジャパンのヘッド・オブ・ジャパンを務めるダビデ・スフレコラさんと、12気筒のオープントップモデル「アヴェンタドールSロードスター」。スフレコラさんの同職就任は2020年9月だが、コロナ禍の影響で、2021年2月になってようやく日本に着任した。拡大
今回インタビューを実施した場所は、東京・六本木の「THE LOUNGE TOKYO」。アメリカ・ニューヨークに次いで開設されたランボルギーニのブランド体感スペースで、車両をカスタムオーダーするための商談スペースが設けられている。写真の展示車両もその一例。
今回インタビューを実施した場所は、東京・六本木の「THE LOUNGE TOKYO」。アメリカ・ニューヨークに次いで開設されたランボルギーニのブランド体感スペースで、車両をカスタムオーダーするための商談スペースが設けられている。写真の展示車両もその一例。拡大
ランボルギーニ入社前は、マセラティでキャリアを積んだスフレコラさん。「ランボルギーニは子どものころからの夢で、部屋の壁にポスターを飾っていた」という。一番のお気に入りは「50年前でもいまでも未来的なクルマ」と絶賛する「カウンタック」。「2021年はカウンタックの生誕50周年にあたります。会社にとっても私にとっても大事な年なんです!」と興奮気味に語っていたのが印象的だった。
ランボルギーニ入社前は、マセラティでキャリアを積んだスフレコラさん。「ランボルギーニは子どものころからの夢で、部屋の壁にポスターを飾っていた」という。一番のお気に入りは「50年前でもいまでも未来的なクルマ」と絶賛する「カウンタック」。「2021年はカウンタックの生誕50周年にあたります。会社にとっても私にとっても大事な年なんです!」と興奮気味に語っていたのが印象的だった。拡大
ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車

「アヴェンタドール」の後継モデルは……

「たしかに、世界的に(スーパーカーメーカーの置かれた状況は)厳しくなっていますね。でも、われわれランボルギーニにとっては、問題ではないと考えています」とスフレコラさん。

将来的には、まずハイブリッド化、次にEV化という流れで、この時代の変化に対応していくという。ただ、いま現在、ランボルギーニの準備は十分とはいえない。「電動化と走りのパフォーマンスはトレードオフなんです。例えば、電気で走るランボルギーニのオーナーの方が、愛車でトラック(サーキット)に行ったとする。1周、2周、3周とアタックしてハイ電池切れ、では話にならないわけです」とスフレコラさんも苦笑する。

それでも、スーパースポーツカーは生き残ると、彼は断言する。なぜなら、人々は「自分を表現する手段」としてクルマやそのブランドを選ぶから。そういうニーズがある以上、こうしたハイパフォーマンスカーは存在し続けるというのだ。ランボルギーニに関して言えば、これから10年間はハイブリッド化を進め、それ以降はEV化という変化を経ながら。

2020年11月には、かつてランボルギーニで敏腕を振るったステファン・ヴィンケルマン氏が社長兼CEOに、復帰というかたちで就任した。その人事的な移行はスムーズに行われ、社としての方針にも変化はないそうだが、ヴィンケルマン氏は即断・即決、実行力があることで知られる人物。スフレコラさんも、前述の対応策を速いスピードで実行していくはずだと語る。

そんななか、10年にわたって愛されてきたV12モデル「アヴェンタドール」の生産終了がアナウンスされた。次期フラッグシップは、どんなクルマになるのだろうか? 

「まさにいま、エンジニアが後継モデルを一生懸命開発している最中です。ランボルギーニのフラッグシップはこれまで、デザインでもパフォーマンスでもテクノロジーでも、常にこの世界のアイコンであり続けました。今度の新型もそのような、ブレークスルーができるモデルになるはずです」

あなたは実物をご覧になった?

「コンセプトだけです(笑)」

電動化モデルか? という質問には、「ハイブリッド車になる」とキッパリ。シリンダーの数については言葉を濁したが「これまでの伝統を継承するのは間違いない」とだけ笑顔で答えてくれた。

新しいV12のハイブリッド・ランボルギーニはいつ、どんな姿で登場するのか。そして、これからの時代をどう駆け抜けていくのか。期待は高まるばかりだ。

(文と編集=関 顕也/写真=ランボルギーニ・ジャパン、webCG)

「ランボルギーニが日本市場で成功できた要因は何か?」という質問に対して、「ユニークなバリュー」と即答したスフレコラさん。具体的には「伝統」「歴史」「常に限界を超えようとする姿勢」「先見性」であり、そうしたランボルギーニの未来志向に加えて、クラフトマンシップ(ていねいなつくり)が評価されていると認識しているそうだ。
「ランボルギーニが日本市場で成功できた要因は何か?」という質問に対して、「ユニークなバリュー」と即答したスフレコラさん。具体的には「伝統」「歴史」「常に限界を超えようとする姿勢」「先見性」であり、そうしたランボルギーニの未来志向に加えて、クラフトマンシップ(ていねいなつくり)が評価されていると認識しているそうだ。拡大
日本はランボルギーニにとって極めて重要な市場であり、イタリア本社のスタッフも常に気にかけているという。日本市場向けの限定モデルについては、多くが日本・イタリア双方からの働きかけで企画を決定、共同で開発しているとのこと。
日本はランボルギーニにとって極めて重要な市場であり、イタリア本社のスタッフも常に気にかけているという。日本市場向けの限定モデルについては、多くが日本・イタリア双方からの働きかけで企画を決定、共同で開発しているとのこと。拡大
「エクスペリエンス」(ファンとの交流やブランド体感イベント)も重視するランボルギーニだが、2020年はコロナ禍により大規模イベントは中止に。その一方で、例えばユーザーの誕生日を祝うなど、パーソナルな対応ができたという。2021年はこうした小規模のエンゲージメントを続けつつ、大きなイベントについても実施の可否を検討していくという。
「エクスペリエンス」(ファンとの交流やブランド体感イベント)も重視するランボルギーニだが、2020年はコロナ禍により大規模イベントは中止に。その一方で、例えばユーザーの誕生日を祝うなど、パーソナルな対応ができたという。2021年はこうした小規模のエンゲージメントを続けつつ、大きなイベントについても実施の可否を検討していくという。拡大
スフレコラさんによれば、「アヴェンタドール」の後継モデルはハイブリッド車になるとのこと。気筒数は、おそらく伝統の「12」。こうしている間にも、その開発は鋭意進められている。
スフレコラさんによれば、「アヴェンタドール」の後継モデルはハイブリッド車になるとのこと。気筒数は、おそらく伝統の「12」。こうしている間にも、その開発は鋭意進められている。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。