第641回:「ランドローバー・ディフェンダー」と「ジャガーIペース」でスキーゲレンデに挑む

2021.03.09 エディターから一言
試乗会場は長野県白馬村にあるスキー場の白馬五竜IIMORI(いいもり)。上信越自動車道の長野ICや長野自動車道の安曇野ICなどからそれぞれ1時間ほど。
試乗会場は長野県白馬村にあるスキー場の白馬五竜IIMORI(いいもり)。上信越自動車道の長野ICや長野自動車道の安曇野ICなどからそれぞれ1時間ほど。拡大

「ランドローバー・ディフェンダー」と「ジャガーIペース」で長野県白馬村のスキーゲレンデにアタック! いかにも楽しめそうなディフェンダー……、それに対してクーペのようにスタイリッシュなIペースは、果たしてどんな戦果を挙げられるのだろうか。

ゲレンデを登る2台の「ディフェンダー」。やはり都市部よりもこうした大自然の中を走っているほうがしっくりくる。
ゲレンデを登る2台の「ディフェンダー」。やはり都市部よりもこうした大自然の中を走っているほうがしっくりくる。拡大
モノコックシャシーと四輪独立懸架式の足まわりによって、オンロードでは非常に現代的な乗り味を手にした新型「ディフェンダー」。果たして雪上での走りはどんなものか。
モノコックシャシーと四輪独立懸架式の足まわりによって、オンロードでは非常に現代的な乗り味を手にした新型「ディフェンダー」。果たして雪上での走りはどんなものか。拡大
試乗車は5ドアモデル「ディフェンダー110」の2リッターガソリンターボモデル「P300」だった。
試乗車は5ドアモデル「ディフェンダー110」の2リッターガソリンターボモデル「P300」だった。拡大

やはり野に置けディフェンダー

冬季恒例のジャガー・ランドローバー雪上試乗会に参加した。試乗会場は長野県白馬村にあるスキー場そのもの。コースの一部をディフェンダーやIペースで走ってよいという。今季はどこもスキー客が少なく、例年は外国人のスキーヤー/スノーボーダーに人気が高い白馬は特に少ないということで、交渉がまとまったそうだ。

ゲレンデで見るディフェンダーはカッコいい。これはゲレンデで会った人の見た目を実際以上に高く見積もってしまい、後日街なかで会ったときにガッカリする、いわゆるゲレンデマジックではない。東京で見てもディフェンダーはカッコいい。ただ、オフローダーを都市部で見てカッコいいと感じるのは“逆に”のパターンであって、やはり大自然にあるほうがしっくりくることを再確認した。

2019年にデビューし、2020年に日本導入されたディフェンダーは、前作からシャシーがラダーフレーム式からモノコック式へ、足まわりが前後車軸式から四輪独立懸架式へと切り替わった。つまり名前は受け継いだが、メカニズムの面では連続性のない存在となった。軍用としても使われた前作とは用途も使命も違うし、そもそも時代があまりにも違う。しかしディフェンダーと聞いて人々が期待するだけの悪路走破性は確保された。雪上ではどうか。ゲレンデへ乗り入れた。

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 7台のみの貴重な限定モデル「レンジローバーSVOデザインエディション2021」登場 2021.3.19 自動車ニュース ランドローバーの高級SUV「レンジローバー」に、特別仕様車「SVOデザインエディション2021」が登場。ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門が手がけた、カタログモデルとは趣を異にするエクステリアデザインが特徴で、装備も充実している。
ホームへ戻る