偉人の素顔は気さくで誠実 日本を代表する“自動車人”鈴木 修 会長の功績と人となり

2021.03.08 デイリーコラム

功績を挙げればきりがない

去る2月、スズキの鈴木 修 会長(以下鈴木会長)が6月の株主総会をもって代表取締役会長の座を退き、相談役に就くと発表された。その功績や退任の理由などについては、すでに多くのメディアで紹介されているが、1958年に28歳でスズキに入社して以来、同社を世界的な自動車メーカーに育て上げた偉大なる実業家であり、自動車人である。

鈴木会長が自動車人としてのキャリアをスタートさせた1958年といえば、スズキが自転車用補助エンジンによって自動車業界に参入してから6年、初の四輪車である軽の「スズライト」をリリースしてからまだ3年しかたっていなかった。世間を見渡すと、軽自動車というカテゴリーを確立した「スバル360」がこの年に誕生している。つまり、わが国のモータリゼーションの黎明(れいめい)期だったわけだ。

2009年に刊行された自伝『俺は、中小企業のおやじ』(日本経済新聞出版社)によれば、鈴木会長は入社4年後の1962年(32歳)に生産本部部長、東京オリンピックの1964年(34歳)には取締役営業本部長に就任。ということは、青年時代から卒寿(90歳)を超える現在まで、およそ60年間にわたってフロントラインに立ち続け、世界規模でモータリゼーションを推進してきたのだ。世界の自動車産業を見渡せば、スズキより歴史が古いメーカーもあれば、規模が大きいメーカーもある。だが、これだけ長期間にわたって事業をけん引し続けた、カリスマ的なリーダーを擁する会社はないだろう。

私事で恐縮だが、筆者は鈴木会長がスズキに入社した年に生を受けた。つまり、自分がものごころつくかつかぬかの頃から、還暦を過ぎた現在までと同じ期間、鈴木会長はずっとスズキを支えてきたわけである。その重圧たるや筆者のような凡人には想像もつかないが、歳月の重みは実感できる。それゆえに、鈴木会長の残した足跡が唯一無二であろうことだけはわかるのだ。

ちなみに鈴木会長の入社当時、スズキの年間売上高は48億円だったという。過去最高だった2019年3月期の連結決算は3兆9000億円弱だから、単純計算では売上高を800倍以上まで伸ばしたことになる。

余談になるが、筆者がごく幼い頃に見た記憶のある実車の1台が、実家の数軒先にあった「スズライトTL」だった。1959年にデビューしたスズキの軽ライトバンだが、それから60年近くたった今、人生初のスズキ車となる現行「スイフトスポーツ」を愛用している。それをもって自分はスズキと縁があった、などと無理やりこじつけるつもりはないが、このクルマ、少々不満な点はあるものの、ことコストパフォーマンスに関しては最強ではないかと思う。そして、こんなクルマは鈴木会長が育て上げたスズキにしかつくれないだろうとも思うのだ。

2021年2月24日に行われた中期経営計画の説明会において、記者の質問に答える鈴木 修 会長。
2021年2月24日に行われた中期経営計画の説明会において、記者の質問に答える鈴木 修 会長。拡大
1955年に登場したスズキ初の市販四輪車である「スズライトSS」。FFを採用した軽乗用車(セダン)で、このほかにライトバン(SL)とピックアップ(SP)が存在した。ただし鈴木会長が入社した1958年には、生産はライトバンのみに絞られていた。
1955年に登場したスズキ初の市販四輪車である「スズライトSS」。FFを採用した軽乗用車(セダン)で、このほかにライトバン(SL)とピックアップ(SP)が存在した。ただし鈴木会長が入社した1958年には、生産はライトバンのみに絞られていた。拡大
『俺は、中小企業のおやじ』(日本経済新聞出版社刊)。ビジネス書にカテゴライズされる鈴木会長の一代記だが、内容は痛快でエンターテインメント性も抜群。
『俺は、中小企業のおやじ』(日本経済新聞出版社刊)。ビジネス書にカテゴライズされる鈴木会長の一代記だが、内容は痛快でエンターテインメント性も抜群。拡大
鈴木会長入社翌年の1959年にデビューした「スズライトTL」。同年デビューの「オースチン/モーリス・ミニ」に似た2ボックススタイルのライトバン。軽ボンバンの「アルト」のルーツともいえる。
鈴木会長入社翌年の1959年にデビューした「スズライトTL」。同年デビューの「オースチン/モーリス・ミニ」に似た2ボックススタイルのライトバン。軽ボンバンの「アルト」のルーツともいえる。拡大
スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
ホームへ戻る