ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編)

2021.04.18 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、ポルシェの2シーターミドシップクーペ「718ケイマンGTS 4.0」。4気筒版の「GTS」に対し35PS増しとなる、最高出力400PSの4リッター水平対向6気筒NA+6段MTの印象は?

バランスこそが重要

「カーマインレッド」というスペシャルカラーに塗装された718ケイマンGTS 4.0から、満面の笑みとともに降りてきた池沢早人師先生。ここであえて紹介するまでもなく、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある。

これまでの愛車はフェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツから、ポルシェやマセラティ、ロータス、ランチア、AMG、アルピナ、ルーフ……と70台を優に超える。

その大ベテランの顔が、ほころんでいる。
「やっぱりコレは楽しいね! まずは“マニュアルトランスミッションである”というところに大きな価値があると思うのですが、それと同時に、すべての“バランス”がいいんですよね。どこか1カ所が変に突出しているのではなく、ほぼすべての部分が高次元でまとまってるから、安心して(アクセルを)踏めるんですよ」

速く走るため、あるいは気持ちよく走るためには「バランス」こそが最も重要だと聞きますが、そのあたりは「さすがはポルシェ!」といったところでしょうか?
「そうですね。このクルマはエンジンもブレーキも足まわりも、とにかく非常にハイレベルでバランスがいい。そこは本当に素晴らしいと思います。ただ……ひとつだけ欠点があるような気がします」

なんと! 最新世代の718ケイマンのハイパフォーマンスバージョンに“欠点”があると? いったいそれは何ですか?
「エンジンに、いわゆる“パンチ力”がないんですよね」

4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンをリアミドに搭載する「718ケイマンGTS 4.0」は、2020年2月19日に日本への導入が発表された。
4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンをリアミドに搭載する「718ケイマンGTS 4.0」は、2020年2月19日に日本への導入が発表された。拡大
従来型の「718ケイマンGTS」にはなかった排気量を示す数字が車名に追加され、「718ケイマンGTS 4.0」となった最新モデル。車両本体価格は1113万円。
従来型の「718ケイマンGTS」にはなかった排気量を示す数字が車名に追加され、「718ケイマンGTS 4.0」となった最新モデル。車両本体価格は1113万円。拡大
【ポルシェ718ケイマンGTS 4.0】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4405×1800×1285mm/ホイールベース:2475mm/車重:1440kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:400PS(294kW)/7000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/5000-6500rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 88Y/(後)265/35ZR20 95Y(ピレリPゼロ)/燃費:9.3km/リッター(ポルシェジャパン発表値)/価格:1113万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:278.1km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:35.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.8km/リッター(満タン法)/8.2km/リッター(車載燃費計計測値)
【ポルシェ718ケイマンGTS 4.0】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4405×1800×1285mm/ホイールベース:2475mm/車重:1440kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:400PS(294kW)/7000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/5000-6500rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 88Y/(後)265/35ZR20 95Y(ピレリPゼロ)/燃費:9.3km/リッター(ポルシェジャパン発表値)/価格:1113万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:278.1km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:35.5リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.8km/リッター(満タン法)/8.2km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(WANNA DRIVE/KOA SPEED) 2021.4.10 画像・写真 アメリカンV8を搭載した「ポルシェ911」に、排気量7リッターの「シボレー・カマロZ28」!?  オートモビル カウンシルの会場から、他の展示車両とは一味違うWANNA DRIVEとKOA SPEEDの出展車両を紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る