第206回:四の五の言わずに東大へ行け!

2021.05.10 カーマニア人間国宝への道

東大はフェラーリだ

どうも世の中、東大ブームらしい。数年前から『東大王』なる番組が大人気のようだし、先般は東大合格を目指すテレビドラマ『ドラゴン桜』の続編も始まった。

私はどちらも見たことないが、以前から、東大王というネーミングは実に素晴らしい! と感服していた。東大というだけでイヤミなのに、そこに王を付けるのだからイヤミの二乗! 逆にサワヤカっす!

ここで皆さま、何かに気づきませんか?

そう。東大という響きは、フェラーリに似ているのです。

東大というだけでイヤミなように、フェラーリというだけでイヤミ。どちらもあまりにも名門であるがゆえの共通項だ。

じゃフェラーリに王を付けたらどうなるか。
「フェラーリ王」

こりゃもう「シェ~!」じゃ済みませんなぁワッハッハ。

東大というだけで学歴の王様なのに、その王なのだからキング・オブ・キングス。同じくフェラーリというだけでクルマの女王なのに、その王なのだから気が遠くなる。フェラーリ王っていったい誰? やっぱりシューマッハ様!? うおおお~心から土下座。心から回復をお祈り申し上げております。

一方『ドラゴン桜』だが、中年になって以来マンガをほとんど読まなくなった私も、15年くらい前、確かコミックスの4巻まで読んで心底感動した。『ドラゴン桜』こそ、私が最後に読んだ長編マンガかもしれない。

今、東大が空前のブームを巻き起こしているらしい。東大というその響きは、自動車生態系の頂点に位置するフェラーリとどこか似てはいないか?
今、東大が空前のブームを巻き起こしているらしい。東大というその響きは、自動車生態系の頂点に位置するフェラーリとどこか似てはいないか?拡大
15年ぐらい前に読んだ長編マンガ『ドラゴン桜』(講談社刊)。テレビドラマの続編も始まり、東大ブームに拍車をかけている。
15年ぐらい前に読んだ長編マンガ『ドラゴン桜』(講談社刊)。テレビドラマの続編も始まり、東大ブームに拍車をかけている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事