第207回:漢の長押し

2021.05.24 カーマニア人間国宝への道

雨の首都高に出撃

清水様
お世話になっております。
明日、雨っぽいのですが、「BMW M4クーペ」のご試乗、よろしくお願いいたします。
櫻井

そのようなメールが届いてから約24時間後。本連載企画の担当サクライ君がM4で迎えにきてくれた。そしてしっかり雨が降っていた。

オレ:こりゃムリだな……。
サクライ:シビアなコンディションですね。
オレ:510馬力だっけ?
サクライ:そうです。今回の試乗車両のグレードは「コンペティション」なので最高出力が510馬力、最大トルクが650N・mです。

この領域になると、「もう何馬力だろうがヤバさは同じ!」かと思えばそうでもない。やっぱり400PSと500PSでは心持ちが変わる。600PSならさらに変わる。1000PSなら聞いただけで心臓が止まる。

サクライ:今回は、昼間この車両を取材していたwebCG編集部フジサワが、清水さんのためにプレゼントを用意しました。ステアリング上の「M2」ボタンを押すと、トラコンやVSCなどが全部オフになる“漢のスポーツモード”にジャンプできるよう設定しておいたそうです。

そんな、好きな女の子の椅子にブーブークッション仕掛けるようなマネはやめて~! 好きなら好きとはっきりそう言って!!

そういえば昨年暮れには、これとよく似たカッコの「M440i xDriveクーペ」に試乗したが、あれは平穏無事に速いクルマだった。パワーは確か387PS。こうなると300PS台は実に平和である。4WDだったし。

最新の「BMW M4クーペ」は、2021年1月26日に「M3セダン」とともに日本導入が発表された。今回雨の首都高に連れ出したのは「M4クーペ コンペティション」。車両本体価格は1348万円なり。
最新の「BMW M4クーペ」は、2021年1月26日に「M3セダン」とともに日本導入が発表された。今回雨の首都高に連れ出したのは「M4クーペ コンペティション」。車両本体価格は1348万円なり。拡大
「M4クーペ コンペティション」に搭載される3リッター直6ツインターボエンジンは、最高出力510PS/6250rpm、最大トルク650N・m/2750-5500rpmという実力。ベースグレードよりも最高出力が30PS、最大トルクが100N・m増強されている。
「M4クーペ コンペティション」に搭載される3リッター直6ツインターボエンジンは、最高出力510PS/6250rpm、最大トルク650N・m/2750-5500rpmという実力。ベースグレードよりも最高出力が30PS、最大トルクが100N・m増強されている。拡大
ステアリングホイールのスポーク上部左右に1つずつ配置された「Mモード」選択ボタン。任意に組み合わせた設定をあらかじめ登録し、呼び出すことができる。
ステアリングホイールのスポーク上部左右に1つずつ配置された「Mモード」選択ボタン。任意に組み合わせた設定をあらかじめ登録し、呼び出すことができる。拡大
鮮やかな「サンパウロイエロー」のボディーカラーをまとった「M4クーペ コンペティション」。夜の首都高にも似合っている。
鮮やかな「サンパウロイエロー」のボディーカラーをまとった「M4クーペ コンペティション」。夜の首都高にも似合っている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • 第207回:漢の長押し 2021.5.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。BMWの誇る高性能スポーツモデル「M4クーペ」を駆り、首都高でその走りを楽しむ……はずが、こよいはあいにくの雨模様である。果たして510PSのパフォーマンスを味わうことはできるのか。漢をみせてやる!
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る