2020年度の“一番安全なクルマ” 「スバル・レヴォーグ」の安全施策に見る傾向と対策

2021.06.09 デイリーコラム

クルマの進化に合わせて拡充される試験内容

既にニュースでも報じられている通り、「スバル・レヴォーグ」が国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した自動車アセスメント(JNCAP)において、2020年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得し、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞した。

JNCAPは1995年度から実施されている自動車の安全性能評価プログラムで、当初は前面衝突安全性能のみを評価していたが、年々評価項目を拡充し、2014年度からは緊急自動ブレーキ(AEB)などの予防安全性能も評価項目に加えている。さらに今回の2020年度からは、これまで別々に評価していた衝突安全性能と予防安全性能の点数を合算し、かつ事故自動緊急通報装置の有無も加味した結果を「自動車安全性能」として発表。5月25日から、試験車両の成績を開示している。

これまでも、スバル車はJNCAPで高い評価を得てきている。2007年度に3代目「インプレッサ」が同社のモデルとして初めて「JNCAP大賞」を受賞したのを皮切りに、最近では「XV」の2017年発売モデルとインプレッサの2016年発売モデルが、どちらも2016年度の衝突安全性能評価大賞と衝突安全性能特別賞を受賞。「フォレスター」の2018年発売モデルは、同年度の衝突安全性能評価大賞を受賞した。

2020年度のJNCAPで最高評価を受けるとともに、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞した「スバル・レヴォーグ」。
2020年度のJNCAPで最高評価を受けるとともに、「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞した「スバル・レヴォーグ」。拡大
JNCAPは自動車事故対策機構が実施する、新車の安全性能評価のこと。試験車両はテストに用いることを伏せ、一般ユーザーと同じように販売店で購入するのが原則となっている。
JNCAPは自動車事故対策機構が実施する、新車の安全性能評価のこと。試験車両はテストに用いることを伏せ、一般ユーザーと同じように販売店で購入するのが原則となっている。拡大
2007年度のJNCAPにおいて大賞を受賞した3代目「スバル・インプレッサ」。
2007年度のJNCAPにおいて大賞を受賞した3代目「スバル・インプレッサ」。拡大
スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事