ホンダeアドバンス(後編)

2021.07.18 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がその走りの楽しさを絶賛した電気自動車「ホンダe」。シティーコミューターとしての個性や完成度としなやかスポーツハンドリングに舌を巻く一方で、実はホンダに提案したいことがあるのだという。

ついついペースを上げたくなる

箱根のワインディングロードを舞台にホンダ初となる量産型EV、ホンダeに試乗し、どこかシトロエンを思わせる「しなやかな粘り腰」といえる足まわりにいたく感心したと語った池沢早人師先生。同時に「スクリーンに映像を出すのもいいけど、それよりも例えばホンダF1が鈴鹿をアタックしている際の音などを、車内で流せるようにしてはどうか」と言う。

先生がおっしゃる「音の追加」はとってもユニークなアイデアですね。「BMW i8」などでも加速時に室内のスピーカーから合成音を流していますし。
「でしょ? ホンダですから、F1だけじゃなくて『NSXの音』も作れるでしょうし、『スーパーGTの音』だってイケます(笑)。そういった音を、絶対に入れるべきだと思うんですよ」

エンターテインメントとしてもおもしろいですね。
「たとえそうしたお遊びが気に入らないとなっても、その音がいらない人は機能をOFFにしておけばいいだけですから」

なるほど。一方、電気自動車として気になるのは、やはり“航続距離”でしょうか。
「さっきも、いいペースで走ってたら残量50%ぐらいになっちゃってることに気づき、『あ……ヤバいかも』と軽くビビっていたところです(笑)」

そもそもシティーコミューターですから、バッテリー容量をウイークポイントとするのは間違ってるのかもしれませんが……。
「トロいペースで走ればそこまで(バッテリーの)減りは早くないのでしょうが、あまりにも気持ちいいクルマなので、トロすぎるペースで走る気にはなれないのが、このクルマの難しいところかもしれませんね。スポーティーなハンドリングに気をよくしていい感じの速度で走ろうとすると、ホント、目に見えてあっという間にバッテリーが減っていくんですよね」

都市部での利用を想定したというコンパクトなEV「ホンダe」。今回試乗した「アドバンス」グレードのボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mmで、車重は1540kgと発表されている。
都市部での利用を想定したというコンパクトなEV「ホンダe」。今回試乗した「アドバンス」グレードのボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mmで、車重は1540kgと発表されている。拡大
木目調パネルと淡いグレーのファブリックでコーディネートされる「ホンダeアドバンス」のインテリア。クラウドとAI技術を活用した対話型のインフォテインメントシステム「Hondaパーソナルアシスタント」も搭載している。
木目調パネルと淡いグレーのファブリックでコーディネートされる「ホンダeアドバンス」のインテリア。クラウドとAI技術を活用した対話型のインフォテインメントシステム「Hondaパーソナルアシスタント」も搭載している。拡大
【ホンダeアドバンス】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm/ホイールベース:2530mm/車重:1540kg/駆動方式:RWD/モーター:交流同期電動機/最高出力:154PS(113kW)/3497-1万rpm/最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm/タイヤ:(前)205/45ZR17 88Y XL/(後)225/45ZR17 94Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/一充電最大走行可能距離:259km(WLTCモード)/交流電力量消費率:138Wh/km(WLTCモード)/価格:495万円

【取材時の電費データ】
テスト距離:268.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/参考電力消費率:5.1km/kWh(車載電費計計測値)
【ホンダeアドバンス】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm/ホイールベース:2530mm/車重:1540kg/駆動方式:RWD/モーター:交流同期電動機/最高出力:154PS(113kW)/3497-1万rpm/最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm/タイヤ:(前)205/45ZR17 88Y XL/(後)225/45ZR17 94Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/一充電最大走行可能距離:259km(WLTCモード)/交流電力量消費率:138Wh/km(WLTCモード)/価格:495万円
	
	【取材時の電費データ】
	テスト距離:268.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/参考電力消費率:5.1km/kWh(車載電費計計測値)拡大
関連記事
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • フィアット500eアイコン(FWD)/ホンダeアドバンス(RWD)(後編)【試乗記】 2022.7.2 試乗記 日伊のコンパクトな電気自動車「ホンダe」と「フィアット500e」。ともにラブリーなデザインが魅力の都市型コミューターだが、両車のドライブフィールは全く異なるものだった。“選べる幸せ”を体現した2台の試乗を通し、ジドーシャの未来に思いをはせた。
  • ホンダe(RWD)【試乗記】 2021.1.23 試乗記 「ホンダe」が素晴らしいのは運転してワクワクできるところだ。航続可能距離の短さがデメリットのようにいわれているけれど、それこそがホンダeの持つ強みだ……と筆者は主張するのだった。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
ホームへ戻る