ホンダeアドバンス(後編)

2021.07.18 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がその走りの楽しさを絶賛した電気自動車「ホンダe」。シティーコミューターとしての個性や完成度としなやかスポーツハンドリングに舌を巻く一方で、実はホンダに提案したいことがあるのだという。

ついついペースを上げたくなる

箱根のワインディングロードを舞台にホンダ初となる量産型EV、ホンダeに試乗し、どこかシトロエンを思わせる「しなやかな粘り腰」といえる足まわりにいたく感心したと語った池沢早人師先生。同時に「スクリーンに映像を出すのもいいけど、それよりも例えばホンダF1が鈴鹿をアタックしている際の音などを、車内で流せるようにしてはどうか」と言う。

先生がおっしゃる「音の追加」はとってもユニークなアイデアですね。「BMW i8」などでも加速時に室内のスピーカーから合成音を流していますし。
「でしょ? ホンダですから、F1だけじゃなくて『NSXの音』も作れるでしょうし、『スーパーGTの音』だってイケます(笑)。そういった音を、絶対に入れるべきだと思うんですよ」

エンターテインメントとしてもおもしろいですね。
「たとえそうしたお遊びが気に入らないとなっても、その音がいらない人は機能をOFFにしておけばいいだけですから」

なるほど。一方、電気自動車として気になるのは、やはり“航続距離”でしょうか。
「さっきも、いいペースで走ってたら残量50%ぐらいになっちゃってることに気づき、『あ……ヤバいかも』と軽くビビっていたところです(笑)」

そもそもシティーコミューターですから、バッテリー容量をウイークポイントとするのは間違ってるのかもしれませんが……。
「トロいペースで走ればそこまで(バッテリーの)減りは早くないのでしょうが、あまりにも気持ちいいクルマなので、トロすぎるペースで走る気にはなれないのが、このクルマの難しいところかもしれませんね。スポーティーなハンドリングに気をよくしていい感じの速度で走ろうとすると、ホント、目に見えてあっという間にバッテリーが減っていくんですよね」

都市部での利用を想定したというコンパクトなEV「ホンダe」。今回試乗した「アドバンス」グレードのボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mmで、車重は1540kgと発表されている。
都市部での利用を想定したというコンパクトなEV「ホンダe」。今回試乗した「アドバンス」グレードのボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mmで、車重は1540kgと発表されている。拡大
木目調パネルと淡いグレーのファブリックでコーディネートされる「ホンダeアドバンス」のインテリア。クラウドとAI技術を活用した対話型のインフォテインメントシステム「Hondaパーソナルアシスタント」も搭載している。
木目調パネルと淡いグレーのファブリックでコーディネートされる「ホンダeアドバンス」のインテリア。クラウドとAI技術を活用した対話型のインフォテインメントシステム「Hondaパーソナルアシスタント」も搭載している。拡大
【ホンダeアドバンス】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm/ホイールベース:2530mm/車重:1540kg/駆動方式:RWD/モーター:交流同期電動機/最高出力:154PS(113kW)/3497-1万rpm/最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm/タイヤ:(前)205/45ZR17 88Y XL/(後)225/45ZR17 94Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/一充電最大走行可能距離:259km(WLTCモード)/交流電力量消費率:138Wh/km(WLTCモード)/価格:495万円

【取材時の電費データ】
テスト距離:268.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/参考電力消費率:5.1km/kWh(車載電費計計測値)
【ホンダeアドバンス】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm/ホイールベース:2530mm/車重:1540kg/駆動方式:RWD/モーター:交流同期電動機/最高出力:154PS(113kW)/3497-1万rpm/最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm/タイヤ:(前)205/45ZR17 88Y XL/(後)225/45ZR17 94Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/一充電最大走行可能距離:259km(WLTCモード)/交流電力量消費率:138Wh/km(WLTCモード)/価格:495万円
	
	【取材時の電費データ】
	テスト距離:268.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/参考電力消費率:5.1km/kWh(車載電費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダeアドバンス(前編) 2021.7.11 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回ステアリングを握るのは電気自動車「ホンダe」。シティーコミューターとして居住性や航続距離を割り切ったというホンダ初の量産型EVは、箱根のワインディングロードでいかなる走りをみせたのか。
  • ホンダ・フィットe:HEVモデューロX(FF)【試乗記】 2021.7.21 試乗記 「ホンダ・フィット」にこだわりのコンプリートカー「モデューロX」が登場。そのキモは日常の速度域でも体感可能な空力効果をもたらすというエアロパーツと、専用セッティングの足まわりの2つである。モデューロならではの走りの味わいをリポートする。
  • フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.9 試乗記 国内販売がスタートして以来、ディーゼル車だけがラインナップされていた「フォルクスワーゲンTロック」。遅れてやってきたガソリンエンジン搭載車の走りやいかに? 装備が充実した上級グレードでチェックした。
ホームへ戻る