第6回:ついにEV専用プラットフォームに踏み出すマツダへの期待と不安(後編)

2021.07.13 カーテク未来招来
マツダ初の量産EVとなった「MX-30 EVモデル」の透視図。
マツダ初の量産EVとなった「MX-30 EVモデル」の透視図。拡大

中期技術戦略において、パワートレインの電動化に関してもロードマップを明らかにしたマツダ。彼らの戦略にはどのような特色があり、その背後にはどんな思惑があるのか? 次世代戦略でも独自路線を貫く、マツダの未来を考察する。

マツダは5車種のHV、5車種のPHEV、3車種のEVを、日本、欧州、米国、中国、ASEANを中心に2022年から2025年にかけて導入するとしている。(資料:マツダ)
マツダは5車種のHV、5車種のPHEV、3車種のEVを、日本、欧州、米国、中国、ASEANを中心に2022年から2025年にかけて導入するとしている。(資料:マツダ)拡大
マツダのラージ商品群のプラットフォーム。縦置きのエンジンレイアウトと後輪の駆動を想定したラージ製品群の車体構造は、エンジン車と比べてパワーユニットが小さい反面、巨大なバッテリーの積載スペースが必要となるEVとは相性が悪い。
マツダのラージ商品群のプラットフォーム。縦置きのエンジンレイアウトと後輪の駆動を想定したラージ製品群の車体構造は、エンジン車と比べてパワーユニットが小さい反面、巨大なバッテリーの積載スペースが必要となるEVとは相性が悪い。拡大
「REマルチ電動化技術」とは、ロータリーエンジンを発電に用いたレンジエクステンダーのこと。まずは「マツダMX-30 EVモデル」に設定され、デビューを果たす予定だ。
「REマルチ電動化技術」とは、ロータリーエンジンを発電に用いたレンジエクステンダーのこと。まずは「マツダMX-30 EVモデル」に設定され、デビューを果たす予定だ。拡大

HVはトヨタからの調達で対応か

前回は、マツダが中期技術戦略の記者説明会で公開した写真から、次世代ラージ商品群の姿をちょっぴり想像したところで終わってしまった。後編となる今回は、電動化の話を中心に進めたいと思う。前回も触れたように、マツダのラージ商品群は2022年から商品化が始まるとされているが、その登場に伴って電動化戦略も本格化するようだ。今回の発表では、ハイブリッドモデル5車種(トヨタからシステムの供給を受ける車種を含む。48Vマイルドハイブリッド車は除く)、プラグインハイブリッドモデル5車種、電気自動車(EV)3車種を、日本、欧州、米国、中国、ASEANを中心に、2022年から2025年にかけて導入することが明らかにされた。

このうちEVは、スモール商品群が中心になるのではないかと思われる。エンジンを縦置きにするためにエンジンルームが大きく、また床下にプロペラシャフトを通すことを前提としたラージ商品群のプラットフォームをEVに転用するとは、およそ考えにくいからだ。またマツダの説明によれば、レンジエクステンダーである「REマルチ電動化技術」の搭載車種はプラグインハイブリッド車に含めているとのことなので、ここはスモール商品群とラージ商品群の両方がありそうだ。他方で、これだけ他の開発案件がめじろ押しの状態で、マツダがハイブリッドシステムまで独自に展開するとは考えにくい。ハイブリッド車のラインナップは、トヨタからシステムの供給を受ける車種が中心になると考えられる。そうなると、こちらも横置きエンジンのスモール商品群が中心の展開になるだろう。

ここまでの商品展開は、エンジン車と部品の共通化が図れるため、比較的無理なく実現できると思われる。一方で気になるのは、前回も触れたように、独自開発のEV専用プラットフォーム「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」を採用した車種を、2025年ごろから2030年にかけて複数導入するとした点だ。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事