クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第5回:ついにEV専用プラットフォームに踏み出すマツダへの期待と不安(前編)

2021.07.06 カーテク未来招来
「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」のひとつ、ロータリーエンジンのレンジエクステンダーを搭載したEVのパワートレインとプラットフォーム。
「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」のひとつ、ロータリーエンジンのレンジエクステンダーを搭載したEVのパワートレインとプラットフォーム。拡大

2021年6月17日、マツダが2030年に向けた新たな技術・商品方針を発表した。最大の目玉は、2025年以降に独自の電気自動車(EV)専用プラットフォーム「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」を導入すると発表したことだが、同時に公開されたエンジン縦置きプラットフォームにも見るべき点は多い。今回と次回の2回で、マツダの発表の意味を考えてみたい。

「SKYACTIV TECHNOLOGY Phase 1」では、2012年から2018年までの6年間で9モデルを発売。ラインナップを全面刷新した。(資料:マツダ)
「SKYACTIV TECHNOLOGY Phase 1」では、2012年から2018年までの6年間で9モデルを発売。ラインナップを全面刷新した。(資料:マツダ)拡大
「SKYACTIV TECHNOLOGY Phase 2」では、アーキテクチャーがスモール商品群用の“エンジン横置き”のものと、ラージ商品群用の“エンジン縦置き”のものとの2本立てとなる。(資料:マツダ)
「SKYACTIV TECHNOLOGY Phase 2」では、アーキテクチャーがスモール商品群用の“エンジン横置き”のものと、ラージ商品群用の“エンジン縦置き”のものとの2本立てとなる。(資料:マツダ)拡大
Cセグメントモデル「マツダ3」には、SPCCIエンジンに24Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた電動化モデルもラインナップされている。
Cセグメントモデル「マツダ3」には、SPCCIエンジンに24Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた電動化モデルもラインナップされている。拡大
EVとマイルドハイブリッド車がラインナップされた「MX-30」。2022年には、EVにレンジエクステンダー搭載車が追加される予定だ。
EVとマイルドハイブリッド車がラインナップされた「MX-30」。2022年には、EVにレンジエクステンダー搭載車が追加される予定だ。拡大

「SKYACTIV Phase 2」は電動化も考慮

マツダは2007年以降、エンジンや変速機、車体、シャシーといったクルマを構成するすべての技術を刷新する新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」の開発に取り組み、2012年に発売した初代「CX-5」を皮切りに、2012年から2018年までの6年間で9モデルを発売。商品ラインナップを一新した。この「Phase 1」と呼ばれる段階のSKYACTIVでは、内燃機関に最適化された「SKYACTIV内燃機関専用スケーラブルアーキテクチャー」が使用されていた。

そして、2019年に現行型「マツダ3」を発売して以降、SKYACTIVは「Phase 2」に移行。Phase 1の内燃機関専用アーキテクチャーから「SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」へと進化を遂げる。このPhase 2では、SKYACTIVをスモール商品群用の“エンジン横置きアーキテクチャー”と、ラージ商品群用の“エンジン縦置きアーキテクチャー”の2本立てで展開するという。

一方パワートレインでは、やはりマツダ3でSPCCI(火花点火制御圧縮着火)エンジン「SKYACTIV-X」を世界で初めて実用化したほか、今後はラージ商品群向けの直列6気筒エンジン(ガソリン/ディーゼル)の商品化も控えている。さらにPhase 2では、電動化技術の採用を拡大しているのも特徴で、ガソリンエンジンに24Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインを実用化しているほか、2021年1月にはエンジン横置きアーキテクチャーを採用したマツダ初の量産EV「MX-30 EVモデル」を発売した。さらに2022年には、ロータリーエンジンのレンジエクステンダー(RE:航続距離を伸ばすための発電専用エンジン)とバッテリー、モーターを組み合わせた「REマルチ電動化技術」を搭載したMX-30を発売することも表明済みだ。

つまり、マツダがPhase 2以降のSKYACTIVを「マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」と呼んでいるのは、エンジン車にも電動車両にも展開できるよう、当初より配慮されていたからにほかならない。

マツダ の中古車

ラージ商品群にも4気筒の純内燃機関モデルは残る

2022年からは、いよいよエンジン縦置きのアーキテクチャーを採用したラージ商品群が市場投入される予定だが、こちらもはじめから電動化を意識して設計されたアーキテクチャーなのは、エンジン横置きのアーキテクチャーと同様である。今回の発表では、ラージ商品群のものとして、縦置きの直列6気筒エンジン(ガソリン/ディーゼル)と48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたアーキテクチャーや、縦置き4気筒エンジンとプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたアーキテクチャーの写真が公開された。

縦置きレイアウトに48Vのマイルドハイブリッドを組み合わせることや、プラグインハイブリッド仕様に4気筒エンジンを組み合わせることは、すでに2020年11月に明らかになっている。ただし筆者は、プラグインハイブリッド仕様ではない4気筒エンジンの搭載車も、縦置きアーキテクチャーには存在すると予測している。

現行のマツダの商品ラインナップのなかでは、まずCX-5や「CX-8」「CX-9」などの上級SUVが縦置きアーキテクチャーに移行すると想像しているのだが(その際に名称が「CX-50」などと改称される可能性もある)、ラージ商品群に6気筒エンジン車とプラグインハイブリッド車しかなくなると、車格が大幅に上がり、今日のユーザー層の多くをとりこぼしてしまう。手ごろな価格でラージ商品群を求める向きの受け皿として、4気筒仕様も残しつつ、6気筒仕様でより上級志向のユーザーを取り込む狙いだと筆者は理解しているのだ。

ラージ商品群向けのエンジン縦置きアーキテクチャー。写真はディーゼルエンジン+48Vマイルドハイブリッド仕様のもの。
ラージ商品群向けのエンジン縦置きアーキテクチャー。写真はディーゼルエンジン+48Vマイルドハイブリッド仕様のもの。拡大
ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッド仕様のアーキテクチャー。
ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッド仕様のアーキテクチャー。拡大
ガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデルのアーキテクチャー。
ガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデルのアーキテクチャー。拡大

このエンジンは「G」か? 「X」か?

また前項で「まず縦置きアーキテクチャーに移行するのはSUVになる」と書いたが、その根拠は今回公開されたエンジン縦置きアーキテクチャーが、SUV向けの特徴を備えているからだ。ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンの48Vマイルドハイブリッドのアーキテクチャーを見ると、どちらもプロペラシャフトの横に黒いボックスが配置されている。これは恐らく48Vバッテリーだと想像されるのだが、ここはレイアウト上、後席乗員の足元付近になる。もしセダン系の車種だと、ここにバッテリーが置かれるとフロアが持ち上がってしまい、足元スペースが不足したり、着座姿勢が「体育座り」になったりしてしまう恐れがあるのだ。

考えてみれば当然のことだが、このようにプラットフォームだけを先に披露する場合、最も早く商品化される車種のそれをお披露目に選ぶケースが多い。加えてタイヤサイズがかなり大きめに見えることも、SUVから商品化されると筆者が予測したもうひとつの根拠だ。

さらにマツダのラージ商品群で気になる点を挙げると、それはエンジンである。縦置きパワートレインの写真は2020年末に公開されているので、これは今回判明した事実ではないのだが、直列6気筒のガソリンエンジンにターボチャージャーが装着されているのだ。

マツダからは「直列6気筒のガソリンエンジンにはSKYACTIV-GとSKYACTIV-Xの2種類が用意される」と発表されているが、今回公開された写真が「G」なのか「X」なのかは明らかにされていない。順当に考えれば、現在の2.5リッター直列4気筒ターボエンジンと同様にSKYACTIV-Gの可能性が高いが、SKYACTIV-Xにもシリンダー内に適量の空気を送り込むためのエアサプライ=低過給のスーパーチャージャーが装着されており、新エンジンが「X」である可能性もゼロとはいえない。このラージ商品群については、あらためて詳細に説明する機会があるとのことなので、楽しみに待ちたいと思う。(次回に続く)

(文=鶴原吉郎<オートインサイト>/写真=マツダ/編集=堀田剛資)

日本市場におけるマツダの最上級SUV「CX-8」。エンジン縦置きのプラットフォームを用いたラージ商品群については、まずはSUVが登場する可能性が高い。
日本市場におけるマツダの最上級SUV「CX-8」。エンジン縦置きのプラットフォームを用いたラージ商品群については、まずはSUVが登場する可能性が高い。拡大
2020年11月に発表された、エンジン縦置きプラットフォーム用のパワートレイン。直列6気筒のエンジンについては、ディーゼルはもちろんガソリンエンジンにもターボが備えられている。
2020年11月に発表された、エンジン縦置きプラットフォーム用のパワートレイン。直列6気筒のエンジンについては、ディーゼルはもちろんガソリンエンジンにもターボが備えられている。拡大
今日におけるマツダで唯一のガソリンターボエンジンとなる「SKYACTIV-G 2.5T」。名称にも表れている通り、SPCCIではない“通常の”ガソリンエンジンである。
今日におけるマツダで唯一のガソリンターボエンジンとなる「SKYACTIV-G 2.5T」。名称にも表れている通り、SPCCIではない“通常の”ガソリンエンジンである。拡大
「SKYACTIV-X」と呼ばれるSPCCIエンジンには、圧縮着火が難しい中~高回転域での吸気量を緻密にコントロールするため、クラッチでON/OFFが可能な高応答エアサプライ(=スーパーチャージャー)が装備される。
「SKYACTIV-X」と呼ばれるSPCCIエンジンには、圧縮着火が難しい中~高回転域での吸気量を緻密にコントロールするため、クラッチでON/OFFが可能な高応答エアサプライ(=スーパーチャージャー)が装備される。拡大
鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。