どうして自動車デザインは懐古主義に向かうのか?

2021.09.15 デイリーコラム

懐古デザインにもいろいろある

編集部F君より、次のような問いが発せられた。

「『日産フェアレディZ』や『ホンダe』『ミツオカ・バディ』など、最近話題のクルマは明確な懐古主義デザインのものが目立ちます。さらに『ランボルギーニ・カウンタック』が復活し、『ルノー5』はEVとしてよみがえるそうです。自動車デザインにはもう進化の余地が残されていないのでしょうか。今になって昔のデザインを掘り起こしまくっているのはなぜなんでしょうか」

状況をもう一度分析してみよう。

以前から懐古デザインは存在した。「BMW MINI」や「フォルクスワーゲン・ニュービートル」「フィアット500」はその典型だ。つまり、カウンタックやルノー5の復活は、以前から散見された名車復活のパターンにすぎないともいえる。

ただ、スポーツカーの分野では、明らかに懐古志向が顕著だ。カウンタックだけでなく、フェラーリの「ローマ」や「296GTB」、そして「フォード・マスタング」「シボレー・カマロ」など、過去の名車のモチーフを超えて、フォルム全体が懐古趣味的なスタイリングが増えている。

これには、2つの原因が考えられる。

  1. スポーツカーという存在に未来がないため、過去の栄光をよみがえらせたくなる。
  2. 顧客層が高齢化している。

近年、F1をはじめとするモータースポーツ人気の低落が目立つ。F1の視聴率は、本場ヨーロッパでもかなり落ちているというし、アメリカでもモータースポーツの人気は、4大プロスポーツ(アメフト、野球、バスケット、アイスホッケー)に大きく引き離されていると聞く。日本では言わずもがなだ。

もはやクルマのスピードには、ロマンが感じられないのだろうし、実際、私も感じていない。年齢のせいもあるだろうが、スポーツカーは古いほうが面白い。デザインも同様。新しいスポーツカーのデザインが懐古趣味になるのは、ユーザーのニーズではないだろうか。

次期型「フェアレディZ」(手前)は初代となるS30型(奥)をはじめとした歴代モデルをモチーフとした意匠を各部に採用している。
次期型「フェアレディZ」(手前)は初代となるS30型(奥)をはじめとした歴代モデルをモチーフとした意匠を各部に採用している。拡大
2025年に発売されるという電気自動車版「ルノー5」。
2025年に発売されるという電気自動車版「ルノー5」。拡大
世界で112台のみが販売される「ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4」。
世界で112台のみが販売される「ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4」。拡大
日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」を発表 日本仕様は2021年冬に発表を予定 2021.8.18 自動車ニュース 日産が7代目となる新型「フェアレディZ」の米国仕様を発表した。歴代モデルをオマージュした意匠のボディーに、最高出力405PSの3リッターV6ターボエンジンを搭載。9段ATに加えて6段MTも用意されるという。日本仕様は2021年冬に発表される予定だ。
  • 清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……? 2021.9.6 デイリーコラム 海外で発表されるやファンを沸かせた新型「日産Z(フェアレディZ)」だが、実際に乗れるのはまだまだ先。その走りについて、わかっている仕様・スペックから言えることは……。自動車ライター清水草一は、こう予想する!
  • 第214回:最高だぜ!! 田舎のフェラーリ 2021.8.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フェラーリ乗りとして、新型「コルベット」には決して触れまいと決めていた。だが、新型コルベットのステアリングを握り夜の首都高に出撃すると、そこにはOHVの重低音サウンドと最高の快楽が待ち受けていた。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
ホームへ戻る