第724回:「シトロエン・メアリ」の価格が高騰中! 人は危なっかしくてチープなレジャーカーに何を夢見るのか?

2021.09.23 マッキナ あらモーダ!

突然の黄色い樹脂パネル

今回は、ヨーロッパで意外な絶版モデルが急騰しているというお話である。

本欄第721回で「ルノー4」のバンパーを解説してくれたイタリア・シエナ県の古いルノー&シトロエン用パーツ専門店、デ・マルコ・パーツでのことである。

店主のマッシモ氏によると、昨今はいわゆる巣ごもりでレストアをたしなむ人が増えたため、パーツの注文が好調という。「日本も含め31の国・地域に発送したよ」と胸を張る。そうした好業績を背景に、空き倉庫だった隣の棟にまで店舗面積を広げた。

その新規拡張部分に、目にも鮮やかな黄色いプラスチック製ボディーが、まだ組み立てられぬまま置かれている。シトロエンにおける往年のレジャーカー、「メアリ」のものだ。

ここでおさらいしておこう。メアリは、同じシトロエンの「2CV」「ディーアーヌ」の機構に、チューブラーフレーム+ABS樹脂のボディーをかぶせている。1968年5月16日の発表会は、第2次大戦前に創業者アンドレ・シトロエンが愛したドーヴィルのカントリークラブを舞台に行われた。

量産車をベースとしたオープンのレジャーカーとしては、「フィアット500」をベースにイタリアのカロッツェリア・ギアが製作した「500ジョリー」やオリジナルMiniを基に生産された「Miniモーク」といった前例があった。しかし、ベース車両の雰囲気をまったく残さぬプラスチック製ボディーパネルのメアリは、そのユニークな外観から、南仏コート・ダジュールをはじめとした地中海沿岸地域で独特の市場を形成した。

「ルノー・ロデオ」(1970年)は明らかにメアリに触発されたものである。同じく「バモスホンダ」(1970年)もメアリなくしてはなかった発想であろう。

1979年にはパートタイム4輪駆動仕様の「4×4」も追加され、メアリは1987年までつくられた。

その後の1998年、シトロエンから許可を得た南フランスのシトロエン代理店がボディーを含めたリビルドパーツ全般の生産・販売を開始して現在に至っている。

フランス車のパーツ販売店であるデ・マルコ・パーツに運び込まれた「シトロエン・メアリ」のサードパーティー製復刻ボディーパネル一式。
フランス車のパーツ販売店であるデ・マルコ・パーツに運び込まれた「シトロエン・メアリ」のサードパーティー製復刻ボディーパネル一式。拡大
一式は全23点。その様相はブロックの「レゴ」のごとくである。
一式は全23点。その様相はブロックの「レゴ」のごとくである。拡大
ボディーパーツの下には、同じくリビルド品のシャシーも。
ボディーパーツの下には、同じくリビルド品のシャシーも。拡大
今日、「メアリ」の復刻部品は、フランスのコート・ダジュールにある企業が製作している。
今日、「メアリ」の復刻部品は、フランスのコート・ダジュールにある企業が製作している。拡大
今回届いたシートは標準の黒だが、ほかには現役時代に存在したストライプ模様なども復刻されている。
今回届いたシートは標準の黒だが、ほかには現役時代に存在したストライプ模様なども復刻されている。拡大
1968年5月16日、ドーヴィルで発表会が行われたときの写真。
1968年5月16日、ドーヴィルで発表会が行われたときの写真。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事