BMW M3コンペティション(後編)

2021.11.07 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるBMWの高性能FRセダン「M3コンペティション」の試乗リポート後編。かつてE30型「M3」でグループAレースを戦った経験を持つ漫画界のレジェンドが、最新M3の走りを語った。

サウンドもちょうどいい

「とにかくオールマイティーな一台である!」とBMW M3コンペティションを激賞する池沢早人師先生。前半では主にかつての愛車である「M4」との比較や足まわりの印象についてうかがったが、今回は肝心の走りを中心にお聞きすることにしよう。

パフォーマンスはいかがですか?
「M3コンペティションは、すべてが素晴らしいといえます。もちろんエンジンも文句ナシですよ。最高出力510PSの3リッター直6ツインターボは、先代モデルよりも断然速さを感じさせます。そこにしなやかな足が組み合わされると、本当に超絶快感なんですよね。1991年のグループAレースに『M3スポーツエボリューション』ベースのレーシングマシンで参戦していたことを思い出しました」

レーシングマシンを思い出すほどの走りであると?
「はい。M3スポエボのレーシングマシンは、基本、とても素直な操縦性を持っていました。あまりの乗りやすさに感動したんですよ」

そうなんですか! でも、しなやか=柔らかいということでもあるかもしれないので、レーシングマシンはともかく、市販モデルではスポーツ走行をするうえで物足りなかったりしないのですか?
「いいえ、全然そんなことはないですね。むしろ『しなやかになったことで、安心して踏めるようになった』といえるんですよ。前のM4クーペの足は硬すぎて、いろいろ気を使わされましたからね」

なるほど。各種のドライブモードは試されましたか?
「はい。とはいえ今日はウエットコンディションなので、『Mドライブプロフェッショナル』の『トラック』モードは少ししか試せませんでしたが、通常の『スポーツ』モードでも十分楽しめるクルマです。サウンドもちょうどいい感じですしね」

外で聴いていると、結構迫力ある音だと感じますが?
「んー、でも車内にいる限りは『音で疲れちゃう』というほどのものではなく、『ちょっと気持ちよく聴こえてくるかな?』ぐらいのものですよ。その意味でも、このM3コンペティションは“オールマイティーなクルマ”だといえるはずです」

箱根のワインディングロードを行く「BMW M3コンペティション」。池沢先生のかつての愛車「M4クーペ」よりも「足がしなやかでパワフルな3リッター直6ツインターボエンジンも素晴らしい。オールマイティーな一台ですよ」と絶賛していた。
箱根のワインディングロードを行く「BMW M3コンペティション」。池沢先生のかつての愛車「M4クーペ」よりも「足がしなやかでパワフルな3リッター直6ツインターボエンジンも素晴らしい。オールマイティーな一台ですよ」と絶賛していた。拡大
試乗車の装着ホイールは「Mライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング826M」と呼ばれるブラックとシルバーのバイカラー仕様で、これに前275/35ZR19、後ろ285/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。
試乗車の装着ホイールは「Mライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング826M」と呼ばれるブラックとシルバーのバイカラー仕様で、これに前275/35ZR19、後ろ285/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。拡大
【BMW M3コンペティション】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4805×1905×1435mm/ホイールベース:2855mm/車重:1740kg/駆動方式:
FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510PS(375kW)/6250rpm/最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/2750-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:10.0km/リッター(WLTCモード)/価格:1324万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:305.3km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:40.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)
【BMW M3コンペティション】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4805×1905×1435mm/ホイールベース:2855mm/車重:1740kg/駆動方式:
	FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:510PS(375kW)/6250rpm/最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/2750-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y/(後)285/30ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)/燃費:10.0km/リッター(WLTCモード)/価格:1324万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:305.3km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:40.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • BMW M440i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2022.1.18 試乗記 実用的な5ドアボディーにダイナミックなデザイン、そして高性能なエンジンとシャシー。いかにも万能そうなミドルクラスクーペは、ステアリングを握ったドライバーに大いなる満足を与えてくれた。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7MT)【試乗記】 2022.1.4 試乗記 最新世代の992型「ポルシェ911」に、見た目と走りに磨きのかかった「GTS」シリーズが登場。専用チューンのシャシーにハイパワーエンジンを搭載する、高性能モデルの乗り味は……? 後輪駆動の7段MTモデルに試乗して確かめた。
  • 第222回:「e-tron GT」で宇宙へGO! 2021.12.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。1年分の想定販売台数をあっさり受注したという、アウディのスーパーEV「RS e-tron GT」に試乗。姉妹車「ポルシェ・タイカン」は魅力的なEVだったが、こちらの走りはどうか。昭和のカーマニアは、いったい何を思う?
  • マセラティ・ギブリ トロフェオ(FR/8AT)【試乗記】 2022.1.5 試乗記 名門マセラティといえどもクルマの電動化の大波から逃れることはできないのだが、やはり伝統のマルチシリンダーユニットは格別の味わいだ。最高出力580PSのV8ツインターボエンジンを積んだ「ギブリ トロフェオ」のパワーとサウンドに身をゆだねてみた。
ホームへ戻る