クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタGR86 RZ(FR/6MT)

危ういバランス 2022.01.25 試乗記 いまや貴重な自然吸気エンジンもマニュアルトランスミッションも見事に守られた「トヨタGR86」だが、早くも気になるのは今後の展開だ。スポーツカーがどんどん生きづらくなるのは必然の情勢で、果たしてどういう進化を遂げていくのだろうか。

あり余るパワー

トヨタGR86のステアリングホイールを握って走りだすと、「ムムッ、速い! 速すぎる!!」と思うわけです。いやいや、なんぼエンジン排気量が2リッターから2.4リッターに拡大したからといって、そこまでではないでしょ、と突っ込む読者の方も多いことでしょう。たしかに。

乗っているのは、GR86の最上級グレードたる「RZ」(6MT)。フロントに積んだ2387cc水平対向4気筒エンジンは、最高出力235PS/7000rpm、最大トルク250N・m/3700rpmのスペックを持つ。従来は207PSと212N・mだったから、389ccの排気量アップによって、最高出力で28PS、最大トルクで38N・mの増大を得たことになる。

モデルチェンジを受けても車両寸法がほとんど変わらなかったこともあり(新型のほうが25mm長く、40mm低い<シャークフィンアンテナを含まず>)、試乗車RZの車重は1270kgに抑えられた。先代の「GTリミテッド」が1240kgだから、パワー・トゥ・ウェイト・レシオでは、6.0kg/PSから5.4kg/PSに向上している。

日常使いでありがたいのはトルクが太くなったことで、2700rpmも低い3700rpmで最大トルクを発生するようになった。街なかで、さしてエンジンを回さなくとも、出足のよさや力強い加速を実感できる。一方、ひとたびフラット4をフルスケール回すようなシチュエーションともなれば、余裕ある排気量を生かして、回転が上がるにつれて素直に伸びていくパワーを堪能できる。素晴らしいですね、新型GR86。

試乗車は「トヨタGR86」のトップグレード「RZ」。カーナビ等のオプションを含めた総額は374万3020円。
試乗車は「トヨタGR86」のトップグレード「RZ」。カーナビ等のオプションを含めた総額は374万3020円。拡大
水平対向4気筒エンジンは2リッターから2.4リッターへと排気量が拡大。最高出力235PS、最大トルク250N・mを発生する。
水平対向4気筒エンジンは2リッターから2.4リッターへと排気量が拡大。最高出力235PS、最大トルク250N・mを発生する。拡大
GRブランドに共通する大きな四角い開口部が特徴的なフロントマスク。水平対向エンジンの恩恵でボンネットの位置は極めて低い。
GRブランドに共通する大きな四角い開口部が特徴的なフロントマスク。水平対向エンジンの恩恵でボンネットの位置は極めて低い。拡大
サイドにまで回り込んだC字型のリアコンビランプがワイド感を強調している。
サイドにまで回り込んだC字型のリアコンビランプがワイド感を強調している。拡大

マニュアルが選べる!

トヨタGR86のグレードは、「RC」「SZ」に試乗車のRZの3種類。とはいえ、RCは競技用のベース車だから、実質、ベーシックなSZと上級版のRZに分けられる。両者に機関的な違いはないが、ホイールサイズが前者は17インチ、後者が18インチとなる。

最も差別化が図られたのは内装で、シンプルなファブリックシートのSZに対し、RZにはウルトラスエードと本革のコンビネーションシートがおごられる。うーん、ぜいたく。とはいえSZでも、ステアリングホイールやシフトレバー、パーキングブレーキといった頻繁に手が触れるパーツが本革巻きになっているのは良心的だ。

昨今のユーザーにとって、インテリアの違いより気になるのが運転支援システムや先進安全装備の充実度合いだろう。GR86は、最近では珍しい3ペダル式MTを選べるモデルだが、この点においては非常に不利だ。SZ、RZを問わず、6段MT車には、「アイサイトコアテクノロジー」が搭載されないのがイタい。前走車に追従する高機能型のクルーズコントロールやプリクラッシュブレーキ、後退時ブレーキアシストといった機能が装備されない。

言うまでもなく、AT車と比較して、マニュアル車はドライバーを介さずクルマが自らコントロールできる幅が狭いからである。動力、燃費性能の面でATモデルの後塵(こうじん)を拝するようになって久しく、自動運転においても圧倒的に不利な立場にある3ペダル式MT車。いまや設定があるだけで御の字かもしれない。

価格は、SZの6MTが303万6000円。RZが334万9000円。6AT車は、いずれも16.3万円高となる。

0-100km/h加速のタイムは6.3秒。先代の7.4秒よりも大幅に速くなっている。
0-100km/h加速のタイムは6.3秒。先代の7.4秒よりも大幅に速くなっている。拡大
ブラック×レッドのインテリアカラーは「RZ」専用。シートだけでなくドアトリムなどにもスエード調素材が使われる。
ブラック×レッドのインテリアカラーは「RZ」専用。シートだけでなくドアトリムなどにもスエード調素材が使われる。拡大
6段MTのユニット自体は先代から踏襲するが、レバーを斜めに操作した際の引っかかり感が解消されており、よりスムーズなギアチェンジが可能になった。
6段MTのユニット自体は先代から踏襲するが、レバーを斜めに操作した際の引っかかり感が解消されており、よりスムーズなギアチェンジが可能になった。拡大
液晶式メーターの中央には大きなタコメーターがレイアウトされる。フルスケールは9000rpmでレッドゾーンは6500rpmから。
液晶式メーターの中央には大きなタコメーターがレイアウトされる。フルスケールは9000rpmでレッドゾーンは6500rpmから。拡大

「速いは正義」ではあるものの

「新しいGR86をたたいてみると、『正常進化』の音がする」。昨2021年に登場した2代目は、そんな感じのニューモデルだ。前述の通りボクサーエンジンは迫力を増し、ボディーも相応に剛性アップが図られた。外観は、エアロダイナミクスをより意識してシンプルになったけれど、いかにもFRスポーツらしいフォルムが好ましい。

足まわりのチューンも入念に施され、姉妹車たる「スバルBRZ」とのキャラクター分けもしっかりなされた。発売前にGR86のプリプロダクションモデルに乗った豊田社長から、「これではイカン」とダメ出しされてサスペンションセッティングをやり直した。そのため発売が延期になって……というストーリーも、クルマ好きにはうれしかろう。

ケチのつけようがない新型車でドライブしながら考えるのは、「スポーツカーのインフレ問題」である。具体的には、スポーツカーがひとたび発売されると、以後、段階的に性能が上がっていくことだ。

「モアパワー!」を求めるのがスポーツカー乗りの本能で、スポーツカーにとって「速いは正義」だから、“問題”というには語弊があるけれど、GR86/スバルBRZのような、よくも悪くも大衆向けのベーシックなスポーツモデルにとって、どんどん性能が上がっていくのは、なかなか微妙な要素を含んでいるのではないでしょうか。

MT車はAT車よりも16万3000円安く購入できるが、緊急自動ブレーキ等の先進運転支援装備が一切付かないのが考えどころ。追従機能なしのクルーズコントロールは付いている。
MT車はAT車よりも16万3000円安く購入できるが、緊急自動ブレーキ等の先進運転支援装備が一切付かないのが考えどころ。追従機能なしのクルーズコントロールは付いている。拡大
擦れやすいサイドサポート部に本革を、体に当たる部分にウルトラスエードを使った「RZ」専用シート。従来型よりも着座位置が低くなっている。
擦れやすいサイドサポート部に本革を、体に当たる部分にウルトラスエードを使った「RZ」専用シート。従来型よりも着座位置が低くなっている。拡大
スタート/ストップボタンには「GR」ロゴがプリントされている。
スタート/ストップボタンには「GR」ロゴがプリントされている。拡大

思い出すのは「MR2」

一般にスポーツカーという車種は、話題になるわりに売れない。口を出すクルマ好きは多いが、お金を出すユーザーは少ない。ことに、GR86/BRZのような庶民派スポーツカーは厳しくて、順次改良して性能を上げるにつれ、価格も上昇し、一般的な運転好きが「楽しい」と感じる領域から離れていく傾向にある。

いまのGR86/BRZは、けっこうギリギリのところにあるんじゃないでしょうか。というか、冒頭に記した通り、一般ドライバーに向けた「スポーツカーの入門モデル」としては少々速すぎる。ドライビングテクニックにおいて無駄にビギナー歴が長いワタシがそう言うのだから、間違いない。

「スポーツカーのインフレ問題」に関して思い浮かべるモデルのひとつに、「トヨタMR2」がある。初代は、1.6リッターエンジンをドライバーの背後に積んだ国内初の市販ミドシップモデルにもかかわらず、決してスポーツカーと呼ばず、トヨタは街なかを軽やかに駆け抜けるランナバウトだと言い張った。暴走行為と結びつけられるのをいやがったんですね。

2代目は一転、派手なフェラーリルックをまとって本格スポーツカーを標榜(ひょうぼう)。上級グレードの「GT」は、1270kgのウェイトに最高出力245PSの2リッターターボを積んでいた。搭載位置も過給機の有無もGR86とは違うけれど、このあたりの数値が公道上では「いい案配」なのだろう。

当時のトヨタも「そろそろ潮時」と考えたか、次の「MR-S」は、1.8リッターNAをミドに積んだライトウェイトスポーツにキャラクターを変えてきた。気軽に楽しめるお手ごろハンドリングマシンとして個人的には大いに感心したが、あまり売れなかった。「やはりスポーツカーは性能を落としてはいけないのか」と残念に思ったものです。そういえば、トヨタもMR-SをMR2の後継とは呼ばなかったな。

長引くコロナ禍と半導体不足のなか、ようやく新型GR86、BRZを路上で見るようになったタイミングであまりに気が早いハナシだが、今後、両モデルはどうなるのだろう? 次世代のモデルは、プラットフォームを一新してググッと性能を押し上げるか。電動化は避けられないのか。はたまた存在意義が薄れたとしてお取りつぶしに遭うか。気になるところだ。

天が落ちることを心配していると、ますますNAのピュアエンジン車で3ペダル式6MTも選べる現行モデルが貴重に思えてきた。余談ながら、いま注文すると、納期は3カ月程度だそうです。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

フロントフェンダーやボンネット、エンジンアンダーカバー、ルーフにはアルミ素材を採用している。
フロントフェンダーやボンネット、エンジンアンダーカバー、ルーフにはアルミ素材を採用している。拡大
本革巻きのステアリングホイールには「GR」バッジがあしらわれる。アダプティブクルーズコントロール等を装備しないためスポーク上のスイッチがシンプルだ。
本革巻きのステアリングホイールには「GR」バッジがあしらわれる。アダプティブクルーズコントロール等を装備しないためスポーク上のスイッチがシンプルだ。拡大
「RZ」専用の滑り止め付きアルミペダル。クラッチはつながった感覚がつかみやすい。
「RZ」専用の滑り止め付きアルミペダル。クラッチはつながった感覚がつかみやすい。拡大
トランクの入り口は狭いが奥行きはたっぷり。後席背もたれを倒すと交換用タイヤが4本積めるようになっている。
トランクの入り口は狭いが奥行きはたっぷり。後席背もたれを倒すと交換用タイヤが4本積めるようになっている。拡大
WLTCモードの燃費値は11.9km/リッター。6段AT車の11.7km/リッターをしのいでいる。
WLTCモードの燃費値は11.9km/リッター。6段AT車の11.7km/リッターをしのいでいる。拡大

テスト車のデータ

トヨタGR86 RZ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース:2575mm
車重:1270kg
駆動方式:FR
エンジン:2.4リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段MT
最高出力:235PS(173kW)/7000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/3700rpm
タイヤ:(前)215/40R18 85Y/(後)215/40R18 85Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
燃費:11.9km/リッター(WLTCモード)
価格:334万9000円/テスト車=376万5020円
オプション装備:ボディーカラー<スパークレッド>(5万5000円) ※以下、販売店オプション T-Connectナビ<9インチモデル>(24万0350円)/カメラ一体型ドライブレコーダー<ナビ連動タイプ>(4万3450円)/ETC2.0ユニット<ナビ連動タイプ・光ビーコン付き>/(3万3220円)/バックモニター(1万7600円)/GRフロアマット(2万6400円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:2540km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

トヨタGR86 RZ
トヨタGR86 RZ拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。