クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第245回:祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり

2022.11.14 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

2代目「NSX」の最終進化版は「タイプS」

担当サクライ君より、淡々とメールが届いた。

「新型『Z』か『NSXタイプS』をご用意できますが、試乗、いかがなさいますか」

新型Zは乗れたばかりだったので、「NSXタイプSでお願い!」と返信してから、ふと考えた。

そういえば1年くらい前、NSXタイプSに試乗した覚えがあるが、あれは初代の最終モデルだった。2代目にもタイプSって出たのだろうか?

いや、たぶん出たんだろう。「タイプR」じゃなくてタイプSが。タイプRが出れば自動車メディア界は大騒ぎになったはずだけど、タイプSだから大騒ぎにならず、私の耳まで届いていないのだ、たぶん。

そのように勝手に納得して日々穏やかに過ごすうちに、当日の夜になった。

「到着しました」というサクライ君からのメッセージで表に出ると、そこにはつや消しのシルバー「カーボンマットグレー・メタリック」の2代目NSXが止まっていた。

オレ:いつのまに! ぜんぜん音がしなかったよ!
サクライ:はい。住宅街ですので、少し手前から「クワイエット」モードで走ってきました。
オレ:そういえばあったなぁ、クワイエットモード。で、これはタイプSなのね?
サクライ:はい。最終限定モデルです。

えっ、そうだったんだ! これが最後の2代目NSXだったのかぁ。しんみり。

私は2代目NSXタイプSの運転席に座り、クワイエットモードでソロリと走りだした。当たり前だがクワイエットである。間もなくバッテリーが切れ、デフォルトである「スポーツ」モードに切り替わった。

オレ:よくできたクルマだね。
サクライ:よくできてます。
オレ:なんでこんなに盛り上がらなかったんだろうね。
サクライ:なぜでしょう。

今回は2代目「ホンダNSX」の最終進化版たる「タイプS」で、夜の首都高に出撃。ちょうど1年ぐらい前にも初代モデルだが、同じタイプSで首都高に繰り出したことを思い出した。
今回は2代目「ホンダNSX」の最終進化版たる「タイプS」で、夜の首都高に出撃。ちょうど1年ぐらい前にも初代モデルだが、同じタイプSで首都高に繰り出したことを思い出した。拡大
担当サクライ君の運転で音もなく到着し、わが家の前でスタンバイしていた「NSXタイプS」。シブい「カーボンマットグレー・メタリック」のボディーカラーは、タイプS専用としてラインナップされた新色で、69万3000円の有償オプションとなる。日本には10台限定で導入される。
担当サクライ君の運転で音もなく到着し、わが家の前でスタンバイしていた「NSXタイプS」。シブい「カーボンマットグレー・メタリック」のボディーカラーは、タイプS専用としてラインナップされた新色で、69万3000円の有償オプションとなる。日本には10台限定で導入される。拡大
モーターのみで走行する「クワイエット」モードで東京・杉並の住宅街を行く「NSXタイプS」。高性能ミドシップスーパーカーなれど、深夜や早朝でも気を使わず静かに走れるのはありがたい。
モーターのみで走行する「クワイエット」モードで東京・杉並の住宅街を行く「NSXタイプS」。高性能ミドシップスーパーカーなれど、深夜や早朝でも気を使わず静かに走れるのはありがたい。拡大
2代目「NSX」はよくできたクルマだが、なぜか世間は盛り上がらなかった。今夜は、その理由も検証するつもりでドライブした。
2代目「NSX」はよくできたクルマだが、なぜか世間は盛り上がらなかった。今夜は、その理由も検証するつもりでドライブした。拡大
いつもの首都高辰巳PAに到着。こうしてあらためて眺めてみると、そのスタイリングはごくごくまっとうなミドシップのスーパーカールックである。
いつもの首都高辰巳PAに到着。こうしてあらためて眺めてみると、そのスタイリングはごくごくまっとうなミドシップのスーパーカールックである。拡大
ホンダ NSX の中古車

V6ハイブリッドの加速に酔いしれる

2代目NSXは、なぜこんなに不人気のまま終わったのか。新型Zがあれほどの争奪戦になっているのに。「GT-R」だって最後は2420万円までいきながら、すさまじい争奪戦になったのに。

オレ:やっぱりこのカッコかね。
サクライ:それはあるでしょう。
オレ:最初は、フロントグリルのメッキが絶望的にイカンと思ったけど、途中でメッキがなくなっても、やっぱり盛り上がらなかったなぁ。
サクライ:メッキの問題じゃなかったんですね。

2代目NSXは、ごくごくまっとうなミドシップのスーパーカールック。ごくごくまっとうなのに、まったく心に刺さらなかったのだから不思議だ。

2代目タイプSは首都高に乗り入れ、カイテキに巡行する。足が締め上げられたというタイプSでも実にカイテキだ。ちょっと走行モードを変更してみよう。

まず「スポーツプラス」モードに。サウンドが少し大きくなった。さらにツマミを回しっぱなしにして数秒後。突如2代目が「バオオオオオオ~~~~ン!」とどう猛なほえ声を上げた。

オレ:うわあ! なんかすごい音がするぅ!
サクライ:これが「トラック」モードです。

そのままアクセルを床まで踏み込むと、2代目タイプSはすさまじい咆哮(ほうこう)ととともに、ロケットのように加速した。すげえっ!  2代目ってこんなにすごかったんだ! タイプSだからなのかどうかよくわかんないけど、とにかくすげえっ! これだけすごいクルマが全然盛り上がらなかったのが、とっても不思議に感じられるぅ!

オレ:わかった! もうひとつ理由があるとすれば、タイプRが出なかったことだ!
サクライ:かもしれません。

そのような結論が出たところで、辰巳PAに到着した。

久しぶりに乗った2代目「NSX」は相変わらず視界がものすごく良かった。しかも「タイプS」であっても、乗り心地は実にカイテキ。試乗車のシートは、エボニー色のセミアニリンレザーとアルカンターラのコンビネーション表皮で仕立てられていた。
久しぶりに乗った2代目「NSX」は相変わらず視界がものすごく良かった。しかも「タイプS」であっても、乗り心地は実にカイテキ。試乗車のシートは、エボニー色のセミアニリンレザーとアルカンターラのコンビネーション表皮で仕立てられていた。拡大
「NSXタイプS」ではフロントフェイスをカーボンパーツでスポーティーな印象にブラッシュアップ。空気の流入量を増やすべくグリルの開口部が大幅に拡大され、さらにリアインタークーラーへの空気の流速を高めるために、バンパー左右端も同モデル専用形状になっている。
「NSXタイプS」ではフロントフェイスをカーボンパーツでスポーティーな印象にブラッシュアップ。空気の流入量を増やすべくグリルの開口部が大幅に拡大され、さらにリアインタークーラーへの空気の流速を高めるために、バンパー左右端も同モデル専用形状になっている。拡大
スイッチ式シフトセレクターの前方に、走行モードの切り替えダイヤルを配置。走行モードはEV走行用の「クワイエット」、デフォルトの「スポーツ」と少し走りが元気になる「スポーツ+」、そして最強の「トラック」という全4種類が用意されている。
スイッチ式シフトセレクターの前方に、走行モードの切り替えダイヤルを配置。走行モードはEV走行用の「クワイエット」、デフォルトの「スポーツ」と少し走りが元気になる「スポーツ+」、そして最強の「トラック」という全4種類が用意されている。拡大
首都高辰巳PAに「NSXタイプS」を駐車し、休憩しつつ記念撮影。ポーズはともかく、2代目NSXに乗れるのもこれが最後かもしれない……としみじみしていたところに、メルセデスに乗る中年男性が声をかけてきた。
首都高辰巳PAに「NSXタイプS」を駐車し、休憩しつつ記念撮影。ポーズはともかく、2代目NSXに乗れるのもこれが最後かもしれない……としみじみしていたところに、メルセデスに乗る中年男性が声をかけてきた。拡大

なんと初代「タイプR」オーナーさまに遭遇

われわれが2代目タイプSから降り、写真を撮っていると、メルセデスの中年男性が猛然と近づいてきて、タイプSにかぶりついた。

男性:まさかタイプSに会えるとは思いませんでした。
オレ:詳しいですねー。わかるんですか?
男性:わかりますよ、エアロで。タイプRオーナーですし。
オレ:ええええええ~~~~~っ!

この男性がタイプRオーナー。あの、想像を絶する高値がついているらしき初代NSXタイプRのオーナーさまとはっ! まさかそんな雲上人と辰巳PAで出会えるなんて、なんという幸運だろう。

男性:2代目も、タイプRが出たら買うつもりだったんですけど、出ませんでした。
オレ:そそそそ、そーなんですか! 2代目の不人気の原因は、やっぱりタイプRの不在?
男性:あとは、値段が高すぎたんじゃないですか。最初に1800(万円)くらいで出していれば、違ったと思います。乗ればピカイチですから。

そうなのか……。とにかく初代タイプRオーナーさまも、ついに2代目に手を出すことはなかったわけだ。

2代目NSXには何かが足りなかった。でも、世の中にはそういう例は山ほどある。失敗があるから成功がある。山があれば谷がある。男がいれば女がいる。生まれたら必ず死ぬ。そんな感じですべてを受け入れよう。しみじみ。

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

首都高辰巳PAで出会った初代「NSXタイプR」のオーナー男性は、「エアロ(パーツ)を見てひと目で新しい『タイプS』だと気づきました!」と言う。わかる人にはその違いがわかるのだ。
首都高辰巳PAで出会った初代「NSXタイプR」のオーナー男性は、「エアロ(パーツ)を見てひと目で新しい『タイプS』だと気づきました!」と言う。わかる人にはその違いがわかるのだ。拡大
エンジンルームで目を引く赤いセンターカバーは、「NSXタイプS」の専用アイテム。システム最高出力は標準車より29PS高い610PS、システム最大トルクも21N・mアップした667N・mを誇る。
エンジンルームで目を引く赤いセンターカバーは、「NSXタイプS」の専用アイテム。システム最高出力は標準車より29PS高い610PS、システム最大トルクも21N・mアップした667N・mを誇る。拡大
今回の試乗は、メーターナセルやステアリングホイールのインレイにカーボンパーツを用いるオプションの「カーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ」が装着されていた。
今回の試乗は、メーターナセルやステアリングホイールのインレイにカーボンパーツを用いるオプションの「カーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ」が装着されていた。拡大
短命に終わった2代目「NSX」。初代「NSXタイプR」のオーナーは、「乗ればピカイチですが、やはり最初の値段が高かったのだと思います」と語っていた。
短命に終わった2代目「NSX」。初代「NSXタイプR」のオーナーは、「乗ればピカイチですが、やはり最初の値段が高かったのだと思います」と語っていた。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ NSX の中古車
関連キーワード
NSXホンダ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。