トヨタ、「GRMN iQ」の後継モデルなど出展【東京オートサロン2012】

2012.01.13 自動車ニュース

【東京オートサロン2012】トヨタ、GRMNとG'sの新たなコンセプトカーを出展

トヨタ自動車はカスタムカーの祭典「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、“GAZOO Racing tuned by MN(GRMN)”や“G Sports”のコンセプトカーなど15台の車両を出展した。

■進化版「GRMN iQ」を再び100台限定発売

トヨタは「GAZOO Racing」としての出展。「I Love Cars!」をテーマに、15台もの車両を出展した。カンファレンスでは派手な演出は見られず、淡々と車両を紹介した。

目玉は2009年に限定100台が販売され、1週間で完売した「iQ GRMN」の発展型となる「iQスーパーチャージャー プロトタイプ」。09年版をベースに、最高出力130ps、最大トルク18.4kgmを発生する1.3リッターのスーパーチャージャーエンジンを搭載。よりアグレッシブな、新たなエアロパーツをまとった。クロスレシオの6段MT、ギア比の低められたデフなどを採用し、足まわりも専用チューンとなる。マイクロカーにいかついブリスターフェンダーという対比が面白い。今年の夏に100台限定で発売する予定。

トヨタ自動車やグループ会社のクルマ好き社員約50人で結成したトヨタ自動車同好会は、「CRAZY CAR PROJECT」と称して「2000GT SOLAR EV」を出展。往年の名車「トヨタ2000GT」のパワートレインをEVにコンバートしたモデルだ。たまたま、あまり程度のよくなかった2000GTをレストアすることになり、どうせなら新しい提案をしようとEV化計画が立てられたという。ボンネットフードにソーラーパネルが貼られ、太陽光充電が可能。200km/hで走行できる。

話題の「86(ハチロク)」は、ボディー剛性をアップさせた「TRDパフォーマンスライン」とドレスアップの提案である「モデリスタバージョン」を披露したほか、ニュルブルクリンク4時間耐久レースの参戦車両も展示した。

(文=塩見智/写真=塩見智、webCG)

「GRMN iQスーパーチャージャー プロトタイプ」
「GRMN iQスーパーチャージャー プロトタイプ」 拡大
「2000GT SOLAR EV」
「2000GT SOLAR EV」 拡大
「86 TRDパフォーマンスライン プロトタイプ」
「86 TRDパフォーマンスライン プロトタイプ」 拡大
「86 モデリスタバージョン プロトタイプ」
「86 モデリスタバージョン プロトタイプ」 拡大
「GRMN ヴィッツターボ コンセプト」
「GRMN ヴィッツターボ コンセプト」 拡大
「ヴェルファイア G SPORTS コンセプト」
「ヴェルファイア G SPORTS コンセプト」 拡大

関連キーワード:
iQ, ヴィッツ, トヨタ, 東京オートサロン2012, イベント, 自動車ニュース

トヨタ iQ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.2.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「トヨタGRヤリス」に試乗。専用3ドアボディーに新開発の3気筒ターボエンジン、さらに独自の4WDシステムを備えた異色のラリーウエポンを、山野はどうジャッジするのだろうか。
ホームへ戻る