アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更

2012.02.21 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」一部グレードで仕様変更&値下げ

英アストン・マーティンは、スポーツカー「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」シリーズの仕様を一部変更。日本市場における価格も見直し、2012年2月20日に発売した。

今回、アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズの仕様が変更された。

最も大きな変化があったのは、ベーシックモデルである「V8ヴァンテージ」と、そのオープンバージョン「V8ヴァンテージ ロードスター」。
ともに、トランスミッションは、これまでの6段ATから「V8ヴァンテージS」にも採用されている7段AT「スポーツシフトII」へと改められ、ステアリングのギア比は17:1から15:1に。さらに、ブレーキディスクが大径化され、タイヤが10mm太くなるなど、スポーティーな性格が一段と強められた。
フロントバンパーの形状が新しいものになるなど、エクステリアにも若干の手直しが施されている。

また、ハイパフォーマンスモデル「V8ヴァンテージS」では、これまで後付けだったカーナビゲーションシステムが標準装備に。最上級モデル「V12ヴァンテージ」については、仕様・装備に変更はない。

価格は、以下のとおり(カッコ内はこれまでとの価格差)

・「V8ヴァンテージ」(6MT):1477万3500円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ」(7AT):1533万円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(6MT):1714万4400円(据え置き)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(7AT):1770万900円(据え置き)
・「V8ヴァンテージS」(7AT):1743万円(−10万5000円)
・「V8ヴァンテージS ロードスター」(7AT):1900万5000円(据え置き)
・「V12ヴァンテージ」(6MT):2216万9700円(据え置き)

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」 拡大
 
アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更の画像 拡大
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」 拡大

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, V8ヴァンテージ ロードスター, V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • 「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場 2019.10.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。「AMG SL65」用の装備や「SL400」に通常設定されていない装備が採用されている。
ホームへ戻る