アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更

2012.02.21 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」一部グレードで仕様変更&値下げ

英アストン・マーティンは、スポーツカー「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」シリーズの仕様を一部変更。日本市場における価格も見直し、2012年2月20日に発売した。

今回、アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズの仕様が変更された。

最も大きな変化があったのは、ベーシックモデルである「V8ヴァンテージ」と、そのオープンバージョン「V8ヴァンテージ ロードスター」。
ともに、トランスミッションは、これまでの6段ATから「V8ヴァンテージS」にも採用されている7段AT「スポーツシフトII」へと改められ、ステアリングのギア比は17:1から15:1に。さらに、ブレーキディスクが大径化され、タイヤが10mm太くなるなど、スポーティーな性格が一段と強められた。
フロントバンパーの形状が新しいものになるなど、エクステリアにも若干の手直しが施されている。

また、ハイパフォーマンスモデル「V8ヴァンテージS」では、これまで後付けだったカーナビゲーションシステムが標準装備に。最上級モデル「V12ヴァンテージ」については、仕様・装備に変更はない。

価格は、以下のとおり(カッコ内はこれまでとの価格差)

・「V8ヴァンテージ」(6MT):1477万3500円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ」(7AT):1533万円(−90万900円)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(6MT):1714万4400円(据え置き)
・「V8ヴァンテージ ロードスター」(7AT):1770万900円(据え置き)
・「V8ヴァンテージS」(7AT):1743万円(−10万5000円)
・「V8ヴァンテージS ロードスター」(7AT):1900万5000円(据え置き)
・「V12ヴァンテージ」(6MT):2216万9700円(据え置き)

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」 拡大
 
アストンの「V8ヴァンテージ」が仕様変更の画像 拡大
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター」 拡大

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, V8ヴァンテージ ロードスター, V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る