『CAR GRAPHIC』2023年1月号発売 ホンダの挑戦の歴史を振り返る

2022.12.01 From Our Staff CAR GRAPHIC 編集部
 
『CAR GRAPHIC』2023年1月号発売 ホンダの挑戦の歴史を振り返るの画像拡大

『CG』2023年1月号の特集はホンダにとって大切なふたつの名前――50周年を迎えた「ホンダ・シビック」と、30周年を迎えた「タイプR」。最新モデルの試乗から歴史の話まで含む、充実の内容です。これに続くのは「マセラティMC20チェロ」や「フォルクスワーゲンID.4」など車種が幅広い、国内外での試乗記。お楽しみください。(CG編集部)

世界最速FFマシンとしてさらに磨きがかかった「ホンダ・シビック タイプR」の魅力を余すところなくリポートしています。日本が誇る一台といえるでしょう。(photo:北畠主税)
世界最速FFマシンとしてさらに磨きがかかった「ホンダ・シビック タイプR」の魅力を余すところなくリポートしています。日本が誇る一台といえるでしょう。(photo:北畠主税)拡大
歴代「シビック」や歴代「タイプR」を、開発者インタビューなどを交えながら一気に見られるのも今号の魅力です。編集部の“推しホンダ”もお楽しみください。(photo:本田技研工業)
歴代「シビック」や歴代「タイプR」を、開発者インタビューなどを交えながら一気に見られるのも今号の魅力です。編集部の“推しホンダ”もお楽しみください。(photo:本田技研工業)拡大
ディエップのアルピーヌ工場はスポーツカー好きが憧れる場所のひとつです。「A110」をつくる姿と、その工場の未来についてリポートしています。(photo:アルピーヌ)
ディエップのアルピーヌ工場はスポーツカー好きが憧れる場所のひとつです。「A110」をつくる姿と、その工場の未来についてリポートしています。(photo:アルピーヌ)拡大
フェラーリがルマンのトップカテゴリーに復帰し、トヨタやプジョー、グリッケンハウスと戦うLMハイパーカー「499P」。イモラで現地取材しています。(photo:フェラーリ)
フェラーリがルマンのトップカテゴリーに復帰し、トヨタやプジョー、グリッケンハウスと戦うLMハイパーカー「499P」。イモラで現地取材しています。(photo:フェラーリ)拡大
マセラティのスーパースポーツにオープンモデルが追加。「MC20チェロ」の国際試乗会はイタリアのシチリア島で開催されました。(photo:マセラティ)
マセラティのスーパースポーツにオープンモデルが追加。「MC20チェロ」の国際試乗会はイタリアのシチリア島で開催されました。(photo:マセラティ)拡大

シビックの50年、タイプRの30年

今月号の特集は、ホンダのシビックとタイプRです。2022年はそれぞれその名が誕生して50周年/30周年という、ダブルアニバーサリーでした。

特集のトップを飾るのは、このふたつの名前を両方もつ「シビック タイプR」です。前号の鈴鹿でのサーキット試乗に続き、今号では公道でテストしその仕上がりを詳しくリポートしています。また、シビック タイプRがつくられる本田技研工業埼玉製作所完成車工場、いわゆる寄居工場の組み立てラインも取材。他のモデルと混流で生産されながらも、特別に手組みされるフロントサスペンションなど、このモデルへのこだわりの一端が見えます。

そして現行シビック タイプRに続くのは、歴代タイプRの振り返りです。1992年の「NSX-R」に始まり、「インテグラ」そしてシビックへとホンダのレーシングスピリットは赤いエンブレムとともに波及していきます。その歴史を振り返りながら、タイプRの称号を引き継いだ開発責任者の柿沼秀樹さんにお話をうかがいました。

タイプRを振り返った後に続くのは、現行の“標準シビック”の比較テストです。1.5リッター直4ターボの6段MT車とCVT車、さらに2リッター直4ハイブリッドのe:HEVを合わせた3台を連れ出しました。それぞれはどんなキャラクターなのか、どう違うのかをリポートしています。このほかにも、歴代シビックの開発者や本田技研工業の青山真二四輪事業本部長へのインタビュー、CG編集部の“推しホンダ”紹介など、シビックを通じてホンダの過去と現在、そして未来がわかる、そんな特集になっています。

ホンダ特集に続く試乗記も見逃せません。「マセラティMC20」のオープンモデルであるMC20チェロや、BMWの新しいEVフラッグシップサルーン「i7」、アストンマーティンが送り出したハイパワーSUVの「DBX707」、マクラーレンのハイブリッドスーパースポーツ「アルトゥーラ」のサーキット試乗、フォルクスワーゲンが満を持して送り込む電気自動車、ID.4など興味深いモデルが続きます。また、フェラーリが50年ぶりにルマン24時間耐久レースにワークス復帰するためにつくったLMハイパーカー「499P」の現地発表にも参加、これも詳しくリポートしています。

そして今号からは、モータースポーツジャーナリストの赤井邦彦さんによる新連載『忘れ難きレーサーの面影』が始まりました。第1回では小河 等選手のレース人生を振り返っています。このほかにも、アルピーヌのディエップ工場取材記やパリサロンのリポートは必見でしょう。そんなCG1月号は定価1500円です。デジタル版は、Amazon/Kobo/BookLive!/ブックパス/SonyReaderStore/Fujisanで購読できます。お近くの書店や、オンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2023年1月号
発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1500円
A4判変型・176ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

関連キーワード:
シビック, インテグラ, NSX, MC20チェロ, ID.4, ホンダ, マセラティ, フォルクスワーゲン