第30回「スズキ・スイフトスポーツ」

2013.12.27 水野和敏的視点

古典的な成り立ち

「スポーツ」をキーワードに、各国の個性派モデルを取り上げている「水野和敏的視点」。今回は、待っていた読者の方も多いのではないでしょうか? わが国のホットハッチ市場で、孤軍奮闘している感のある「スズキ・スイフトスポーツ」です。

おなじみのイエローのボディーカラー。欧州では3ドアモデルも用意されますが、国内は5ドアのみ。スポーツハッチといえども、今や実用性が最優先なんですね。日本のユーザーの多くが生真面目に、「スタイルが良くスポーティーな3ドアモデルよりも、“いざ”という時にはドアが4枚ある方が便利」と、きっと考えているのでしょう。このクラスでは、もはや“スポーツステータス”という市場キーワードがなくなってしまったのが現実なのかもしれません。

以前は、トヨタも日産もこのマーケットに多彩なモデルを用意していました。日産には「マーチ スーパーターボ」(930ccの直4エンジンにターボチャージャーとスーパーチャージャーを装着していた)という個性派も存在していたのですが……。
このような中で、市場に存在しているだけでもスイフトスポーツには価値があると思います。

エンジンは、1.6リッターの自然吸気。可変吸気システムと吸気側のバルブタイミング&リフト量を変化させるVVTを併用して、136ps/6900rpmの最高出力と、16.3kgm/4400rpmの最大トルクを発生します。燃費は、6段MTモデルが14.8km/リッター、CVT車が15.6km/リッターです(いずれもJC08モード)。試乗車は、3ペダルの6段MT。いわゆる“テンロク”の、いまや古典的な存在のホットハッチといえます。早速乗ってみると……。

うーん……、最初に気になるのが、フロントシートのつくりです。座面(シートクッション)や背面(背もたれ)の形は一見、俗に言うスポーツシートですが、ハッキリ言って中身がない「見かけだけ」です。シートクッションの前端が角張りすぎていて、クラッチを踏むとひざの裏が痛いし、クッションそのものもフィット感やストローク感がなく、平板で硬い。腿(もも)の付け根とひざの裏の間が中途半端に浮いてしまうばかりか、シート生地が極端に滑りやすいため、体に合わないだけでなく、サポートやホールドもできない、文字通り「すわりが悪い」シートです。

スポーツシート風の見てくれだけでなく「機能」と「性能」について、開発担当はもう一度、原点に返って考え直してほしい。改良されて出てくることを期待したいと思います。


第30回「スズキ・スイフトスポーツ」の画像 拡大

第30回「スズキ・スイフトスポーツ」の画像 拡大

第30回「スズキ・スイフトスポーツ」の画像 拡大

第30回「スズキ・スイフトスポーツ」の画像 拡大
スズキ・スイフトスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1695×1510mm/ホイールベース:2430mm/車重:1040kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:136ps/6900rpm/最大トルク:16.3kgm/4400rpm/タイヤ:(前)195/45R17/(後)195/45R17/価格:168万円
スズキ・スイフトスポーツ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3890×1695×1510mm/ホイールベース:2430mm/車重:1040kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:136ps/6900rpm/最大トルク:16.3kgm/4400rpm/タイヤ:(前)195/45R17/(後)195/45R17/価格:168万円
    拡大

関連キーワード:
スイフト, スズキ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る