第34回「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」

2014.01.31 水野和敏的視点

「RAV4」プラス「リンカーンMKX」?

今回は「トヨタ・ハリアー」を取り上げます。昨年11月に発表された3代目ハリアーですが、フルモデルチェンジを機にレクサスブランドとの共用から切り離され、国内専用モデルとなりました。

ニューハリアーの動力系は、2リッター直4ガソリンモデルと、2.5リッター直4ガソリンとモーターを組み合わせるハイブリッドモデルの2種類。テスト用には、ガソリンモデルのFF車が用意されました。「プレミアム“アドバンストパッケージ”」と呼ばれる装備をおごった上級グレードで、“素”の状態の車両価格は360万円です。

さて、新型ハリアーを遠目で眺めてみると、「ショートホイールベースにデカっ鼻」という印象ですね。300万円級の車格感を出そうとしているのはわかるのですが、特に造形代として使われるフロントオーバーハングの長さが気になります。
少々嫌みな言い方をすると、「トヨタRAV4」のボディーに「リンカーンMKX」調のノーズをくっつけた感じ。おそらく開発中に、デザインスタジオに置いて2~3m離れて見ると、「質感があっていいね」ということになるのでしょうが、いざ屋外に持ち出して10m離れて眺めてみれば印象は変わります。全体のバランスが崩れてしまっています。RAV4との販売価格差のデザイン表現という意図はわかりますが……。

続いては、大きなボンネットを開けてみましょう。エンジンルームのバルクヘッド側に貼られる吸音材、遮音材の使い方はぜいたくです。「RAV4とのクラス感の違いをしっかり出そう」という意図がくみ取れます。開発陣は、懸命に高級車に仕立てようとしているんですね。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • トヨタ・カローラ クロス 2021.9.14 画像・写真 2021年9月14日に発売された「トヨタ・カローラ クロス」は、カローラ史上初のとなるSUVタイプのニューモデル。ダイナミックさや都会的な洗練が追求された外観や、質感にこだわったという車内のディテールを写真で紹介する。
  • ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる? 2021.9.27 デイリーコラム すでに飽和状態に見えるトヨタの国内向けSUVラインナップに新型車「カローラ クロス」が加わった。なぜ今、新たなSUVが投入されるのか? 他メーカーとの勢力図は今後どう変わるのだろうか? 識者は、こう考える。
  • ポルシェ・タイカン(RWD)【試乗記】 2021.10.11 試乗記 ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」に、後輪駆動のエントリーモデルが登場。「4S」や「ターボ」といったバッジの付かない“素”のタイカンは、いかにもポルシェらしい、飾り気のない上質なスポーツカーに仕上がっていた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る