第43回「アウディRS 7スポーツバック」

2014.04.04 水野和敏的視点

すべてがスーパースポーツ級

前回の「BMW 523d Mスポーツ」に続いて、「アウディRS 7スポーツバック」に乗ってみましょう。ちょっとおさらいしますと、「アウディA7スポーツバック」は、「A6」をベースとした5ドアハッチ。そのスポーティー版が「S7」で、さらにチューンしたモデルが「RS 7」です。

日本では、A7は3リッターV6スーパーチャージド(310ps、44.9kgm)、S7は4リッターV8ツインターボ(420ps、56.1kgm)、そしてRS 7は同じく4リッターV8ツインターボながら、最高出力560ps、最大トルク71.3kgmまでチューンしたエンジンを載せます。アウトプットに合わせて(!?)、価格も、914万円、1259万円、1615万円と上昇していきます。

RS 7は、BMWでいうところのM社にあたるアウディの子会社・クワトロ社が開発したスーパーハッチ。試乗車には、バング&オルフセンのオーディオシステムやアダプティブクルーズコントロール(セットオプション「プレセンスパッケージ」の一部)、21インチホイールなどが装着されており、価格は1700万円を超えます。RS 7は、スペックのみならず、プライス面でも、スーパースポーツ級なのです!

いざRS 7のドライブを開始すると……、V8ツインターボ、いいですね!! ちょっと荒々しいけれど、回転が上がるに従って、どんどんパワーが盛り上がる。スロットル操作に対する、トルクの付きも申し分ない。個人的に「トルクレスポンス」と呼んでいるのですが、エンジンの反応が素直で早いので、踏んでいて気持ちがいい。

アウディのターボ車というと、回転を上げていく途中で、ターボがひと呼吸置いて、それからグーンと過給がかかるような“ひっかかり”を感じることが多いのです。しかしRS 7には、それがまったくない。4リッターという、絶対的な排気量の大きさもありますが、それだけではないでしょう。クワトロ社は、ターボの過給圧を上げただけでなく、しっかりバランスの合わせ込みをやっているに違いありません。8気筒エンジン全体のフリクションが減って、レスポンスまでよくなっています。出力を上げたターボエンジンをこのレベルにまでひとつひとつの部品を造り込んで仕上げるのは、そうとう丁寧で真面目な仕事をしなければできないでしょう。


第43回「アウディRS 7スポーツバック」の画像 拡大
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ) 拡大
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
    拡大
アウディRS 7スポーツバック
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み)
アウディRS 7スポーツバック
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
ホームへ戻る