第43回「アウディRS 7スポーツバック」

2014.04.04 水野和敏的視点

すべてがスーパースポーツ級

前回の「BMW 523d Mスポーツ」に続いて、「アウディRS 7スポーツバック」に乗ってみましょう。ちょっとおさらいしますと、「アウディA7スポーツバック」は、「A6」をベースとした5ドアハッチ。そのスポーティー版が「S7」で、さらにチューンしたモデルが「RS 7」です。

日本では、A7は3リッターV6スーパーチャージド(310ps、44.9kgm)、S7は4リッターV8ツインターボ(420ps、56.1kgm)、そしてRS 7は同じく4リッターV8ツインターボながら、最高出力560ps、最大トルク71.3kgmまでチューンしたエンジンを載せます。アウトプットに合わせて(!?)、価格も、914万円、1259万円、1615万円と上昇していきます。

RS 7は、BMWでいうところのM社にあたるアウディの子会社・クワトロ社が開発したスーパーハッチ。試乗車には、バング&オルフセンのオーディオシステムやアダプティブクルーズコントロール(セットオプション「プレセンスパッケージ」の一部)、21インチホイールなどが装着されており、価格は1700万円を超えます。RS 7は、スペックのみならず、プライス面でも、スーパースポーツ級なのです!

いざRS 7のドライブを開始すると……、V8ツインターボ、いいですね!! ちょっと荒々しいけれど、回転が上がるに従って、どんどんパワーが盛り上がる。スロットル操作に対する、トルクの付きも申し分ない。個人的に「トルクレスポンス」と呼んでいるのですが、エンジンの反応が素直で早いので、踏んでいて気持ちがいい。

アウディのターボ車というと、回転を上げていく途中で、ターボがひと呼吸置いて、それからグーンと過給がかかるような“ひっかかり”を感じることが多いのです。しかしRS 7には、それがまったくない。4リッターという、絶対的な排気量の大きさもありますが、それだけではないでしょう。クワトロ社は、ターボの過給圧を上げただけでなく、しっかりバランスの合わせ込みをやっているに違いありません。8気筒エンジン全体のフリクションが減って、レスポンスまでよくなっています。出力を上げたターボエンジンをこのレベルにまでひとつひとつの部品を造り込んで仕上げるのは、そうとう丁寧で真面目な仕事をしなければできないでしょう。


第43回「アウディRS 7スポーツバック」の画像 拡大
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ) 拡大
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
    拡大
アウディRS 7スポーツバック
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み)
アウディRS 7スポーツバック
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • メルセデスAMG GLB35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.11.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLB」の高性能モデル「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。モータースポーツの世界で名をはせたAMGが手がけると、3列シート7人乗りのファミリーSUVは、いったいどんなキャラクターに変貌を遂げるのか。ロングドライブに連れ出し確かめた。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport R EXプロトタイプ(4WD/CVT)【レビュー】
    2021.11.27 試乗記 スバルの中核モデルとなったワゴン「レヴォーグ」に、2.4リッターエンジンを積む高性能バージョンが登場。「既存の1.8リッターモデルのオーナーは知らないほうがいい」と思えるほどの、走りのクオリティーとは?
ホームへ戻る