第235回:“軽くて小さくて速くて楽しい”が帰ってきた!
「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ試乗会リポート

2014.04.12 エディターから一言
今回試乗した、新型「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ。
今回試乗した、新型「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ。 拡大

2014年6月に発表される予定の、新型「ダイハツ・コペン」のプロトタイプに試乗。初代コペンの思い出とともに、気になる2代目の実力を紹介しよう。

前後対称に近いユニークなスタイリングが特徴だった先代に対し、新型はリアにスポイラーを備えた、よりスポーツカーらしいスタイリングとなっている。
前後対称に近いユニークなスタイリングが特徴だった先代に対し、新型はリアにスポイラーを備えた、よりスポーツカーらしいスタイリングとなっている。 拡大
インパネまわりはいかにも「テスト用の試作車」といった趣きで、ダッシュボードの樹脂パネルにはシボも施されていなかった。なお、市販モデルではシートやステアリングホイール、加飾パネルなど、インテリアの「着せ替え」も可能となっている。
インパネまわりはいかにも「テスト用の試作車」といった趣きで、ダッシュボードの樹脂パネルにはシボも施されていなかった。なお、市販モデルではシートやステアリングホイール、加飾パネルなど、インテリアの「着せ替え」も可能となっている。 拡大
 
第235回:“軽くて小さくて速くて楽しい”が帰ってきた!「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ試乗会リポートの画像 拡大

先代が誕生したのは逆風の中

先代ダイハツ・コペンに最後に乗ったのは、2012年1月だった。その年の8月に生産が終了するのを控え、最新の「ムーヴ」と乗り比べてみたのだ。記事の最後にこう書いた。
「コペンの精神にムーヴで培った技術を注げば、きっとクルマの楽しみはさらに広がる」
期待を込めての一文だったのだが、あれから2年、思っていた以上の成果を目の当たりにした。この6月に発表される新型コペンのプロトタイプに乗る機会を得たのだ。小さな特設コースでわずか10分の試乗だったが、完成度の高さは伝わってきた。

20年以上前、軽のオープンカーやスポーツカーが流行した。1991年にホンダから「ビート」が発売され、スズキが「カプチーノ」で後に続いた。翌1992年にはマツダが「オートザムAZ-1」を投入する。ダイハツも「リーザ スパイダー」でこの流れに加わったが、ルーフを切り取っただけの間に合わせだったことは否めない。満を持して先代コペンが登場したのは、2002年の6月になってからのことである。

この年、軽自動車の平成14年度排出ガス規制が発効している。平成17年度規制が普通乗用車に適用されることも決まっていて、スポーティーモデルが相次いで姿を消した年でもあった。「トヨタ・スープラ」「日産シルビア」「日産スカイラインGT-R」「マツダRX-7」などが一斉に生産を終了した。バブルの残り香が漂っていた1990年代初頭と比べると、市場の動向は様変わりしていたのだ。軽自動車にとっても、スポーティーカーにとっても、強い逆風が吹く中でのスタートだった。

ダイハツ コペン ローブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る