第46回「メルセデス・ベンツSL63 AMG」

2014.04.25 水野和敏的視点

メルセデスの技術と哲学が詰まったFRスポーツ

3回連続のスーパーカーテスト、最後の一台はメルセデス・ベンツの伝統的なFRスポーツカー「SLクラス」です。派手さという意味では、さすがに前回試乗した「ランボルギーニ・アヴァンタドールLP700-4」や前々回の「フェラーリ458スパイダー」に及びません。しかし、メルセデス・ベンツの技術の粋を集めたスポーツカーに乗ることは、スーパースポーツカーの今を考えるうえで何らかの重要なヒントを与えてくれることでしょう。全部で4グレード設定される中から、5.5リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「SL63 AMG」(AMGパフォーマンスパッケージ装着車)を選びました。

メルセデスには、まずSLクラスに最新のテクノロジーを搭載するという伝統があります。2012年にフルモデルチェンジを果たした現行モデルもその例に漏れません。フルアルミニウムのボディーシェルを開発し、ボディーサイズを拡大させながら、100kgを超える大幅な軽量化を果たしました。それでいて、ボディーのねじり剛性は「2割アップ」だとか。乗員の快適性と操縦性を、新しいボディー構造でバランスさせたわけです。

また、SLに搭載されるすべてのパワープラントが、新世代の直噴エンジンとされたことも見逃せません。「ECOスタートストップ機能」と呼ばれるアイドリングストップ機構も採用するなど、メルセデスの最高級スポーツカーとしての存在感を持たせながら、オーナーの社会的責任にも配慮しています。

ちなみに、日本市場のSLクラスには、全部で4種類のバリエーションが用意されています。SL63 AMGのほかに、「SL350」(エンジンは3.5リッターV6/306ps、37.7kgm)と「SL550」(4.7リッターV8ツインターボ/435ps、71.4kgm)があり、最上位には受注生産の「SL65 AMG」(6リッターV12ツインターボ/630ps、102.0kgm)が控えています。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(ヤナセクラシックカーセンター) 2021.4.9 画像・写真 美しくレストアされた歴代「メルセデス・ベンツSL」に加え、3Dプリンターによって製作された自動車部品や、ちょっとユニークで貴重なフォーミュラカーも出展。「オートモビル カウンシル2021」の会場から、ヤナセクラシックカーセンターの展示を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • MTは当面お預け!? 新型「スバルWRX」の国内仕様を読み解く 2021.9.29 デイリーコラム 2021年9月10日に北米で発表された新型「スバルWRX」は2.4リッターのターボエンジンを搭載しているが、国内向けは一体どのような仕様になるのだろうか。「レヴォーグ」と同じ1.8リッターを積むという声も聞こえてくるが、果たして……。
  • 「メルセデス・ベンツCLS」がマイナーチェンジ フロントデザインを変更 2021.9.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。フロントまわりのデザインを変更したほか、装備の追加によって快適性の向上を図っている。
ホームへ戻る