第69回「ボルボS60ポールスター」

2014.10.03 水野和敏的視点

800万円クラスの高級車なら……

今回の主役は「ボルボS60ポールスター」です。北欧随一のハンサムカー「ボルボS60」を、同じくスウェーデンのポールスター社がトータルチューンしたモデルです。ポールスター社はボルボのレースパートナーで、1996年の設立以来、BTCC(イギリスツーリングカー選手権)やWTCC(世界ツーリングカー選手権)などのレースを戦ってきました。ボルボにおけるポールスターバージョンの位置付けは、BMWでいうところの「M」、メルセデス・ベンツの「AMG」を目指したモデルと考えればわかりやすいでしょう。

試乗したS60ポールスターだけでなく、ワゴンの「V60ポールスター」もあり(販売台数から見たら、むしろこちらの方が主役かもしれません)、2車種合わせて全世界で750台の限定販売となっています。日本へはS60が30台、V60が60台割り当てられています。価格はS60ポールスターが799万円、V60ポールスターが819万円です。

さて、実際に車両を見ていきましょう。カタログモデルのどれよりも高価な800万円のボルボ……とちょっと驚きながら外観をチェックしていくと、この「レーベルブルー」と呼ばれる鮮やかなボディーカラーの、塗装の仕上がりが気になりました。塗装面への映り込みが歪(ゆが)んでしまっているのです。800万円という車両価格を考えると、もうちょっと頑張ってほしい……と思ってしまう塗装コンディションです。

車両の後部に回ると、トランクリッドにも気になるところがありました。リッドを支えるダンパーがかなり強力なので、大の大人でも、思いのほか力をこめないとスムーズに閉められないのです。私のような男性でもそう思うのですから、小柄で力も弱い女性にとっては決して楽ではないはず。また、これだけダンパーが強いと、雨上がりのリッドが汚れた状態で閉めたときに、手の汚れだって気になります。

ささいなことのようですが、こうした操作感は、「高級であること」に直結する重要な要素なのです。800万円を超える高級車なのですから、お客さまへの配慮がもっとあってもいい。厳しいことを言わせてもらいますが、こと「高級」に関して、メルセデス・ベンツやBMWと比較して、ボルボはまだ勉強すべきことがあるように思います。


第69回「ボルボS60ポールスター」の画像 拡大

第69回「ボルボS60ポールスター」の画像 拡大

第69回「ボルボS60ポールスター」の画像 拡大

第69回「ボルボS60ポールスター」の画像 拡大
ボルボS60ポールスター
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1480mm/ホイールベース:2775mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:350ps/5250rpm/最大トルク:51.0kgm/3000-4750rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/車両本体価格:799万円
ボルボS60ポールスター
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1480mm/ホイールベース:2775mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:350ps/5250rpm/最大トルク:51.0kgm/3000-4750rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/車両本体価格:799万円 拡大

第69回「ボルボS60ポールスター」の画像 拡大

関連キーワード:
S60, ボルボ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
ホームへ戻る