第82回:華創日本発足説明会(後編)

2015.01.09 水野和敏的視点

クロスオーバーはスマホだ

「今、自動車のマーケットではいったい何が起こっているのでしょうか。いきなりではありますが、スマートフォンを思い浮かべてください。スマホっていったい何でしょうか?

かつてはパソコンがあって、カメラがあって、携帯電話が(それぞれ別のものとして)ありました。それらをマルチ機能化してまとめたものがスマートフォンです。では、スマホになったからって、『カメラの性能が悪くていい』とか『電話の性能が悪くていい』とか『パソコンとしての計算機能や通信機能が悪くていい』なんて言う人がいるでしょうか? マルチになればなるほど、人は絶対的な性能を求めるようになるのです。

実はクルマにも、まったく同じことが起こっています。それがクロスオーバーカーです。

従来、クルマというものには、セダンがあって、ハッチバックがあって、SUVがあって、スポーツカーがありました。もちろん、これらは依然としてカテゴリーとして残っています。それは引き続きガラケーがあり、ラップトップがあるのと同じです。でも、ここにひとつの、クロスオーバーという新たなジャンルができてきたわけです」

後編では、華創日本(神奈川県厚木市)の様子を中心に紹介したい。ここは同社の最上階にある水野氏のデスク。日本と台湾を頻繁に行き来しており、「座っている暇がない」そうだ。
後編では、華創日本(神奈川県厚木市)の様子を中心に紹介したい。ここは同社の最上階にある水野氏のデスク。日本と台湾を頻繁に行き来しており、「座っている暇がない」そうだ。 拡大
リフトが備わる作業ベイ。この「メルセデス・ベンツGLAクラス」はクロスオーバー車の研究用?
リフトが備わる作業ベイ。この「メルセデス・ベンツGLAクラス」はクロスオーバー車の研究用? 拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事