第289回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(ルーテシアR.S.編)

2015.04.10 エディターから一言

ルノー・ジャポンが、コンパクトなハイパフォーマンスモデル「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の性能をさらに高めるスペシャルパーツをリリース。その発売に合わせて、購入サポートキャンペーンもスタートさせた。
品目は、大きく分けて3種類。一体、どんなアイテムなのか? 実際に走りは変わるのか? テスト車の試乗を交えて報告する。

「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。
「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。 拡大
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。 拡大
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。 拡大

ユーザーの期待に応えて

ルーテシアR.S.は、ルノー直属のモータースポーツ部門であり、フォーミュラやラリーカーの開発、ワンメイクレースの運営などを手がけるルノースポールが生み出した市販スポーツモデルだ。つまり単なる高性能ハッチバックではなく、モータースポーツの経験を注ぎ込んだ“本物”である。実際ヨーロッパでは、基本的に同じ仕様の車両が、ワンメイクレースで活躍している。

だから先代までのルーテシアR.S.は3ドアのMT車という硬派な成り立ちであり、われわれもそれを納得していた。ところが現行型では一転、5ドアボディーにデュアルクラッチトランスミッションというスペックになり、一気に万人向けになった。おかげでわが国での販売台数は大幅に増加しているという。

しかしながら、歴代R.S.同様、走りへの情熱はいささかも薄れていない。ユーザーにもその姿勢は伝わっていて、さらなるスポーツマインドを求める向きも多い。
そんな気持ちに応えたのがルノー・ジャポン。専用開発の軽量鍛造アロイホイール、リアスポイラー、マフラーを用意してきた。しかも多くのユーザーにその効果を体感してほしいという配慮から、新車購入者を対象に購入サポートも実施しているのだ。

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る