第289回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(ルーテシアR.S.編)

2015.04.10 エディターから一言

ルノー・ジャポンが、コンパクトなハイパフォーマンスモデル「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の性能をさらに高めるスペシャルパーツをリリース。その発売に合わせて、購入サポートキャンペーンもスタートさせた。
品目は、大きく分けて3種類。一体、どんなアイテムなのか? 実際に走りは変わるのか? テスト車の試乗を交えて報告する。

「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。
「ルーテシアR.S.」は、ルノーのコンパクトなハイパフォーマンスモデル。現行モデルは、2013年末に発売された。 拡大
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。
赤が差し色に使われる、「ルーテシアR.S.」のインテリア。トランスミッションは6段ATのみとなる。 拡大
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。
今回発売されたルノーこだわりのスペシャルパーツ、「軽量鍛造アロイホイール」「専用チタンマフラー」「専用リアスポイラー」を組み込んだ、「ルーテシアR.S.」のデモカー。 拡大

ユーザーの期待に応えて

ルーテシアR.S.は、ルノー直属のモータースポーツ部門であり、フォーミュラやラリーカーの開発、ワンメイクレースの運営などを手がけるルノースポールが生み出した市販スポーツモデルだ。つまり単なる高性能ハッチバックではなく、モータースポーツの経験を注ぎ込んだ“本物”である。実際ヨーロッパでは、基本的に同じ仕様の車両が、ワンメイクレースで活躍している。

だから先代までのルーテシアR.S.は3ドアのMT車という硬派な成り立ちであり、われわれもそれを納得していた。ところが現行型では一転、5ドアボディーにデュアルクラッチトランスミッションというスペックになり、一気に万人向けになった。おかげでわが国での販売台数は大幅に増加しているという。

しかしながら、歴代R.S.同様、走りへの情熱はいささかも薄れていない。ユーザーにもその姿勢は伝わっていて、さらなるスポーツマインドを求める向きも多い。
そんな気持ちに応えたのがルノー・ジャポン。専用開発の軽量鍛造アロイホイール、リアスポイラー、マフラーを用意してきた。しかも多くのユーザーにその効果を体感してほしいという配慮から、新車購入者を対象に購入サポートも実施しているのだ。

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る