第8回:フィエスタってどんなクルマ?
日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた

2016.01.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。

なるほど兄弟だ

何が気になっていたかというと、まずエンジンである。フィエスタには直列3気筒エンジンが搭載されている。排気量はエコブーストファミリーで一番小さな1リッターだが、これが本当に“ブースト”の名に恥じない頼もしい走りをするのか興味があったのだ。

するとどうだ、動き出した瞬間からグイッと意外なほど力強いターボトルクを発揮して、1160kgの車体をグイグイ走らせるじゃないか!

街なかでの小気味よさでは、明らかにフォーカスより上である。フォーカスの足どりを「スッスッ」と表現するなら、フィエスタは「パキパキ」ぐらいテンポがいい。

なるほど、同じフォードのクルマだけあって血は争えないというか、走りの楽しさはよく似ている。面白いものである。

ところで、この原稿の取材をしているとき、フォードが日本市場から撤退するというニュースが突然、飛び込んできた。しかし、この連載は当初の予定どおり、2016年3月まで続ける予定だ。みなさん、「フォーカス日常劇場」を引き続きよろしくお願いいたします。

(webCG 竹下)

第7回:フォーカスの実用燃費は? まずは12.4km/リッターを記録
第9回:付いててよかった! フォーカスの“ぶつからない装備”

 

今回の主役は「フィエスタ」。ハニカムデザインの専用アッパー&ロアーグリルやフォグランプベゼルなどを装着した特別仕様車「フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」である。
今回の主役は「フィエスタ」。ハニカムデザインの専用アッパー&ロアーグリルやフォグランプベゼルなどを装着した特別仕様車「フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」である。 拡大
ちょっと前後方向に詰まった造形ではあるけれど、横から見ても兄貴分によく似ている。
ちょっと前後方向に詰まった造形ではあるけれど、横から見ても兄貴分によく似ている。 拡大
ボディーカラーは「ブルーキャンディメタリック」。ポップな色合いはコンパクトな「フィエスタ」にお似合い。
ボディーカラーは「ブルーキャンディメタリック」。ポップな色合いはコンパクトな「フィエスタ」にお似合い。 拡大
フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.1.9 試乗記 ひさびさに日本の道を走ることになった、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」。新型の見どころは? クルマしての仕上がりは? ワインディングロードでチェックした。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • フォード・フィエスタST(FF/5MT)【試乗記】 2008.1.9 試乗記 フォード・フィエスタST(FF/5MT)
    ……249万円(車両本体価格)

    「フォード・フィエスタST」は名門「フォード・チームRS」が送り出すコンパクトホットハッチ。その中身の濃さは諸元だけでは到底分からないものだった。

    『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る