クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第17回:ゼイタクは敵(その1)

2016.11.15 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

100点満点中300点!

208万円の最終「デルタ」(1.6ディーゼル)は、慎重なる助手席試乗の結果、こう判定された。

課題その1:乗り心地が驚くほど硬い。→タイヤ交換で対処可能。
課題その2:ダッシュボード中央部のシルバーの樹脂が安っぽい。→塗装での対処も可能と推測。
課題その3:ディーゼルらしいトルクは、分厚くはないがそこそこ。→合格圏内。

こう書くと落第スレスレのようだが、なにせあの陶酔のエクステリアとインテリア(ダッシュボード中央部のシルバーの樹脂部を除く)の加点があまりにも大きい。しかもそれがたった208万円というお手ごろ価格! レア度の高さもカーマニア心を激しく刺激する。

もちろん程度はまったく問題ない。こういうクルマに乗る人はまず例外なくクルマを大事にする。愛をかけるのである。走行距離もまだ5万2000kmぽっち。素晴らしい! 素晴らしすぎる!

そう思ったら、課題その1とその2すらあばたもえくぼ。中古車は少し減点があるくらいのほうが味わい深いのだ。そこも加点である。100点満点中300点!

私は助手席から降りるなり、「コレツィオーネ」成瀬社長に申し出た。
「じゃ、これでお願いします」
お店に到着してから約20分後のことだった。

ラテン車を専門に扱う店「コレツィオーネ」の成瀬社長と筆者。
ラテン車を専門に扱う店「コレツィオーネ」の成瀬社長と筆者。 拡大
「デルタ」のインパネ中央部、シルバー樹脂の安っぽさはやや残念。
「デルタ」のインパネ中央部、シルバー樹脂の安っぽさはやや残念。 拡大
フィアット系1.6ディーゼル(マルチジェット)は筆者によって「合格」と判定された。
フィアット系1.6ディーゼル(マルチジェット)は筆者によって「合格」と判定された。 拡大

少しでも罪を軽くしたい

問題はここからだった。スーパーエリート号こと「BMW 335iカブリオレ」の下取りだ。

約半年前、BMWディーラー2店での査定は、140万円と130万円。コミコミ279万円で買って、1年しか乗ってないのに! もはや猛烈に恋い焦がれている新しい彼女が目の前にいるので、別れるのは確定だが、別れるにしても査定が低いのは悲しい。悲しすぎる。

なぜ悲しいか。それは、昭和育ちの私の精神的背景――ゼイタクは敵という鉄則に反するからだ。

私はおばあちゃんに「そんなゼイタクするとバチが当たるよ!」と言われて育った。その教えに背くことになる。この罪悪感! しかもBMWがフェラーリより高くつくという敗北感! カネじゃない、ココロの問題なんだよ!

とにかく少しでも高く売りたい。少しでも罪を軽くしたい。またインターネット一斉査定をかまそうか……。

実はこの1カ月前に、「S660」をインターネット一斉査定でかなり高く売却していた。クリックの1秒後には電話が鳴り、「30分後に伺いますから是非おクルマを見せてください!」と激しくアタックされ、最終的に2社で競わせて大勝利を得たのである。

大勝利といっても買った値段よりは安かったですよ。決して儲(もう)けてはおりません!! 私は自動車売買で儲けたことは一度もないです! でもS660は、結果的に半年乗ってマイナス21万円だったので、年間償却だと42万円。フェラーリの半分で済んだ。これは大勝利といってよかろう。

それにしてもつくづくクルマの売買を繰り返す人生だ。もう高井戸警察に車庫証明を取りに行くのもしみじみ飽きた。でもやめられない。

ラテン車の海に浮かぶBMW(コレツィオーネにて)。思わぬ高額査定に恵まれた。
ラテン車の海に浮かぶBMW(コレツィオーネにて)。思わぬ高額査定に恵まれた。 拡大

「335iカブリオレ」は、1年半で約1万km走り、平均燃費10.0km/リッターをキープ。ほぼ高速巡航に徹した結果の超絶低燃費である。

 


	「335iカブリオレ」は、1年半で約1万km走り、平均燃費10.0km/リッターをキープ。ほぼ高速巡航に徹した結果の超絶低燃費である。

	 
	拡大
大小スーパーカー2台態勢時代の筆者ガレージ。
大小スーパーカー2台態勢時代の筆者ガレージ。 拡大
「S660」の売却では大勝利を収めた。
「S660」の売却では大勝利を収めた。 拡大

見事、大勝利!

成瀬社長「下取りはどういたしましょう。こちらで査定いたしますか?」
オレ「あ、じゃあお願いします」

実はインターネット一斉査定も、けっこう心の負担が重い。少しでも高く売ろうと競わせるなんて、恋い焦がれて買ったクルマをモノ扱いするようで心が痛む。モノだけど。できればお殿様のように「よきにはからえ」で済ませたいのが本音だ。でも安いのは耐えられない。そのはざまで揺れ動くカーマニアなのである。

査定中の数十分間は、判決を待つ被告気分だ。半年前で140万円だったんだから、今だといいとこ120万円か? ぐうう。この敗北感。

成瀬社長「清水様。○○○万円でしたらうちでお取りできますが、いかがでしょう」
オレ「ええっ、マジですか! それでお願いします!」

思わぬ高額査定であった。半年前のディーラー査定よりはるかに高い! これなら年間平均下落額80万円という“フェラーリの壁”も下回る! しかも「オークション相場より10万円低い金額ですが」と、丁寧に説明までしてくれた。なんという公明正大さ!

思えばコレツィオーネ様には、過去にも2台クルマを買い取ってもらったことがある(初代「イプシロン」と「プジョー306カブリオレ」)。買うのは初めてだけど売るのは3回目。もともと高額査定のお店なのである。それにしてもBMWディーラーの査定ってなんて低いんだ! もう二度とBMWディーラーにクルマなんか売るか! 1回も売ってないけど。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

第18回:ゼイタクは敵(その2)
第19回:ゼイタクは敵(その3)

初代「ランチア・イプシロン」
初代「ランチア・イプシロン」 拡大
「プジョー306カブリオレ」
「プジョー306カブリオレ」 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。