クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第30回:実は激動のディーゼルワールド

2017.02.21 カーマニア人間国宝への道

欧州ディーゼルのめざましい進化

前回は、「ルノー・エスパス」に搭載の1.6リッターツインターボディーゼル(160ps)に震撼(しんかん)したという話だったが、お値段はコミコミ約600万円するし、ミニバンなので私の購入対象外であった。

ルノーはこのエンジンを「タリスマン」という最上級セダン/ワゴンにも搭載しているようだ。タリスマンはかつての「サフラン」などの後継モデルで、私としてはこっちの方がストライクだが、当然日本未導入。ルノーの大型セダン/ワゴンなんざ買うヤツは日本に20人もいないだろう。

ついでに書くと、ルノーサムスンはタリスマンの兄弟車「SM6」を釜山工場で生産しているらしい。そんなのに日本で乗ってれば、即座にカーマニア人間国宝になれそうだ。

いずれにせよ、日産とのアライアンスの関係上、日本にはまったく正規輸入されていないルノーのディーゼル乗用車だが、現在のエンジンラインナップは1.5リッターと1.6リッターのみ! なんちゅーダウンサイジングぶり!

で、1.6のトップチューン版がこのツインターボの160馬力仕様なのだ。本国サイトを見て知りました。フランス語チンプンカンプンですが数字だけはわかりますので。

ディーゼル番外地ともいえる我ら日本人の知らないところで、ディーゼルワールドは激動しているようである。

ちなみに、エスパスに試乗させてもらった「CARBOX横浜」では、「クリオ エステート」のディーゼルも並行輸入している。1.5リッター90馬力仕様、5段MT(左ハン)で289万円! 300万円以下でウルトラ欧州土着な実用ワゴンが新車で買える! こっちの方が1000倍現実的ですね。人生いたるところに青山あり。

「ルノー・タリスマン」
「ルノー・タリスマン」拡大
「ルノー・クリオ エステート」のフロントビュー。クリオは日本で「ルーテシア」として販売されているが、エステートは正規輸入されていない。
「ルノー・クリオ エステート」のフロントビュー。クリオは日本で「ルーテシア」として販売されているが、エステートは正規輸入されていない。拡大
「ルノー・クリオ エステート」のリアビュー。
「ルノー・クリオ エステート」のリアビュー。拡大
「ルノー・クリオ エステート」のインテリア。
「ルノー・クリオ エステート」のインテリア。拡大
ルノー の中古車

中古車市場にもお宝あり

さらに中古車にまで範囲を広げると、CARBOX横浜では昨年9月、「DS 5 2.0HDi 160」なるステキなおクルマが、なんと249万9000円で売られていた。

2012年式で走行4.2万km。私には、クリオ エステート ディーゼルよりさらにどストライクだった。なにしろ憧れのDS 5で、ディーゼルで、左ハンドル6MTなのだから! このマニアックさ! カーマニアとして胸を張れる。

そのクルマで、お店の周囲を軽く試乗もさせていただいた。実にすばらしかった。軽くガラガラ言うトルキーなディーゼルを、よいしょよいしょとマニュアルで操れば、脳裏によみがえるのはアウトバーンのクルージング。欧州コンプレックスのカーマニアならこれを買わないのはバカ! という感じでしょうか?

しかし私は買わなかった。なぜなら、「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」を買ってまだ1年もたっていなかったからだ。ゼイタクは敵。

それと、私にとっては6MTよりも、セレスピード系のセミATの方が、思い通りにならない分チャレンジングだという超カーマニア的な理由もあった。

MTの左ハンディーゼルなんかに乗ってたら、見るからにカーマニアっしょ? そこをあえてシロートっぽくセミATに乗る。脱力の美学である。

「DS 5 2.0HDi 160」のフロントビュー。
「DS 5 2.0HDi 160」のフロントビュー。拡大
「DS 5 2.0HDi 160」のリアビュー。
「DS 5 2.0HDi 160」のリアビュー。拡大
昨年9月時点での「DS 5 2.0HDi 160」の中古価格(CARBOX横浜)。
昨年9月時点での「DS 5 2.0HDi 160」の中古価格(CARBOX横浜)。拡大
「DS 5 2.0HDi 160」を試乗中の筆者。
「DS 5 2.0HDi 160」を試乗中の筆者。拡大

 

注目はプジョー/シトロエンの1.6 BlueHDi

DS 5に関しては、つい先日、ディーゼルモデルの正規輸入も始まった。「DS 5シック BlueHDiレザーパッケージ」というグレードだ。

2リッターのBlueHDiエンジンは、アイシン製6段ATとの組み合わせでも絶品であった。まぁ絶品といっても特に特徴のない今どきのディーゼルなんですけど、ディーゼルのトルクはあまねくスバラシイ! ということです。

ただ、お値段は497万円。これが中古で300万円を切るのはえーと、3~4年後でしょうか? 本当の本音を言うと私、右ハンドルATが好きなので(だって便利なので)、超欲しいのですが、まだまだ買えません。

その他正規モノディーゼルで、いま最も現実的に注目すべきは、プジョー/シトロエンの1.6 BlueHDi搭載モデルでキマリだ。これはもう絶対! 新車でも300万円以下だし!

PSAの1.6ディーゼルは、2.0に比べてぐっと重量が軽い。ノーズは断然軽快になる。回転フィールも軽い。2.0よりストレスなくクーッと回る。

「プジョー308 BlueHDi」の2.0と1.6を乗り比べたが、価格差も考えると断然1.6の勝ちだった。スペック上は2.0の方がはるかにパワフルなのだが、実用域ではほとんど差を感じないし、逆にフィールは1.6の方が軽やかでステキ。乗り心地はプジョーらしい猫足が戻っており、軽めのノーズと相まって、走りには非の打ちどころがなかった!

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)
 

「DS 5シック BlueHDiレザーパッケージ」
「DS 5シック BlueHDiレザーパッケージ」拡大
「DS 5シック BlueHDiレザーパッケージ」の2リッターのBlueHDiエンジンは最高出力180ps(133kW)/3750rpm、最大トルク40.8kgm(400Nm)/2000rpmを発生する。

 

「DS 5シック BlueHDiレザーパッケージ」の2リッターのBlueHDiエンジンは最高出力180ps(133kW)/3750rpm、最大トルク40.8kgm(400Nm)/2000rpmを発生する。
	 
	拡大
「DS 5」には航空機のキャノピーのようなコックピットルーフが採用されている。
「DS 5」には航空機のキャノピーのようなコックピットルーフが採用されている。拡大
1.6リッターエンジン搭載の「308アリュール BlueHDi」(写真)は車重が1340kgで299万円。2.0リッターエンジン搭載の「308GT BlueHDi」は車重が1470kgで、354万円。

 

1.6リッターエンジン搭載の「308アリュール BlueHDi」(写真)は車重が1340kgで299万円。2.0リッターエンジン搭載の「308GT BlueHDi」は車重が1470kgで、354万円。
	 
	拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。