第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~

2017.03.15 JAIA輸入車試乗会2017
BMW 740e iPerformance Mスポーツ
BMW 740e iPerformance Mスポーツ拡大

JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。

 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像拡大
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像拡大
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像拡大
 
第7回:各ブランドのフラッグシップが集結! 輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像拡大

速くてうまいエコカー
BMW 740e iPerformance Mスポーツ……1240万円

“e”の字が付く「740e」は、BMW 7シリーズのプラグインハイブリッド仕様車。家庭やオフィスのコンセントで充電でき、エンジンとモーターを併用して走れるエコロジーなセダンだ。

そういう特殊なモデルは高価になるのが普通だが、740eは7シリーズの中で最廉価。思い切った価格設定は、「PHVを本気で普及させたい」という企業姿勢によるものだという。それでも、1000万円以上するけれど。

パワーユニットのベースは、2リッターの直4ターボ。全長5.1mの大型車には不釣り合いじゃないか? と思いきや、高出力モーターとのタッグでスポーツカーもたじたじの加速を見せる。驚いてカタログをチェックしたら、システム全体の最高出力は326psで、最大トルクは51.0kgm! アクセルペダルを踏み込んだ際のサウンドも4気筒らしからぬ重低音で、とにかくエコカー然としていない。

それが「EVモード」を選ぶや、まるで別のクルマになるから面白い。あんまり静かで快適なので、運転席から後席へと移りたくなるほどだ。市街地はもちろん、高速道路の速度域まで使えるこのEVモード、1充電あたり42km走行可能で、電気代は100円程度で済むのだとか。

……ってことは? 毎日EVモードでカバーできれば、年間1万5000km走ってもランニングコストは3万6500円。ハイオクガソリンの純エンジン車「740i」より12万~13万円も安くなる。それで10年乗ったなら……。環境意識があってもなくても、うれしくなってくるでしょう?

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
ホームへ戻る