【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー

2017.09.18 自動車ニュース
フランクフルトモーターショー2017における、ホンダブースの様子。手前の車両はレーシングカーの「NSX GT3」である。
フランクフルトモーターショー2017における、ホンダブースの様子。手前の車両はレーシングカーの「NSX GT3」である。拡大

フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。

日本メーカーの展示車両のなかでも、特に注目を集めていたホンダの「アーバンEVコンセプト」。ホンダは2025年をめどに、欧州の四輪ラインアップにおける販売数の3分の2を、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などに置き換えるとしている。
日本メーカーの展示車両のなかでも、特に注目を集めていたホンダの「アーバンEVコンセプト」。ホンダは2025年をめどに、欧州の四輪ラインアップにおける販売数の3分の2を、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などに置き換えるとしている。拡大

意外にも“EV一辺倒”にあらず

世界の5大モーターショーのひとつに数えられるIAA、通称フランクフルトモーターショー。今年は、開催前にドイツ連邦議会で「2030年に化石燃料エンジン車の新車登録を禁止する」という法案が可決されたことから(英国とフランスは2040年に化石燃料を使用するクルマの販売を禁止)、会場はEV一色なのでは? と思って臨んだのだが、意外にも内燃機関の新型車、それもSUVのお披露目が多く、少し安心したというのが偽らざる印象だった。

そんななかにあって、日本メーカーの展示はどのようなものだったか。今回フランクフルトにブースを構えたのは、トヨタ/レクサス、ホンダ、マツダ、スバル、スズキという陣容。日産や三菱、ダイハツは参加していないが、参加メーカーはいずれもそこそこに大きなブースを構え、日本ブランドを積極的にアピールしていた。

トヨタブースに展示されていた欧州版「ランドクルーザー」のマイナーチェンジモデル。日本における「ランドクルーザープラド」である。
トヨタブースに展示されていた欧州版「ランドクルーザー」のマイナーチェンジモデル。日本における「ランドクルーザープラド」である。拡大
マイナーチェンジの内容は、日本でも発表済みの通り、内外装の変更と運転支援システムの強化が主。欧州仕様には、4リッターV6ガソリンエンジンも設定されている。
マイナーチェンジの内容は、日本でも発表済みの通り、内外装の変更と運転支援システムの強化が主。欧州仕様には、4リッターV6ガソリンエンジンも設定されている。拡大
今回のフランクフルトショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」。ほぼ同じタイミングで、日本でも詳細がアナウンスされた。
今回のフランクフルトショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」。ほぼ同じタイミングで、日本でも詳細がアナウンスされた。拡大
エンジンは1.4リッター直4直噴ターボで、140psの最高出力と、230Nmの最大トルクを発生する。
エンジンは1.4リッター直4直噴ターボで、140psの最高出力と、230Nmの最大トルクを発生する。拡大

注目は「ランクル プラド」と「スイフトスポーツ」

ひとつひとつ追っていくと、まずトヨタ(欧州トヨタ)は、このショーで「新型『ランドクルーザー』を発表する」と予告。いよいよ「ランクル300」の登場か? それも欧州で? と期待が(勝手に)高まったが、果たして登場したのは「ランドクルーザープラド」のマイナーチェンジモデルだった。実はトヨタは、欧州市場では“プラド”をランドクルーザーのネーミングで、“200”を「ランドクルーザーV8」というネーミングで販売している。冷静に考えれば分かりそうなものだったが、あまりにも期待値が高かったためにがっかり感もひとしお。会場の広さも相まって、ボディーブローのように効いた。

そのプラドだが、大掛かりなマイナーチェンジは現行となってこれが2度目。日本でも発表済みの通り、フロントグリルやLEDヘッドランプ、リアではテールランプやガーニッシュが新意匠となっている。インテリアは、ダッシュボードやステアリングホイールを一新。「Toyota Safety Sense P」と呼ばれる安全運転支援システムも導入される。パワープラントは2.7リッター直4ガソリンエンジンと、2.8リッター直4ターボディーゼルエンジンに加え、日本仕様では廃止されて久しい4リッターV6ガソリンエンジンも、こちらでは健在だ。同車のほかにもトヨタでは、20インチホイールを採用するなど内外装をスポーティーに変更し、よりパワーのある新しいハイブリッドシステム(詳細は未公表)を搭載した「C-HRハイパワーコンセプト」も展示された。

こうしたトヨタの出展車に対し、スズキのハイライトはスイフトスポーツの“ワールドプレミア”(世界初公開)だろう。1735mmという全幅から、日本では「スイフト初の3ナンバー」と話題のようだが、実は現行スイフトは、日本以外では標準モデルもこのサイズ。インドで売られる“スイフトセダン”「ディザイア」も全幅は1735mmあり、むしろ日本仕様がナローなのだ。エンジンは最高出力140psの1.4リッター直噴ブースタージェットで、最大トルクは230Nmと相当スポーティーに仕上がっている。エンジンはもちろんのこと、グローバルサイズのワイドトレッドがもたらす走りに今から注目である。

シンプルなスタイリングが目を引く「ホンダ・アーバンEVコンセプト」のリアビュー。ホンダはこれをベースにしたEVを、2019年に欧州で発売するとしている。
シンプルなスタイリングが目を引く「ホンダ・アーバンEVコンセプト」のリアビュー。ホンダはこれをベースにしたEVを、2019年に欧州で発売するとしている。拡大
「CR-Vハイブリッド」のプロトタイプ。ホンダのブースにはこのほかにも、「シビック ハッチバック」のディーゼルモデルなどが展示されている。
「CR-Vハイブリッド」のプロトタイプ。ホンダのブースにはこのほかにも、「シビック ハッチバック」のディーゼルモデルなどが展示されている。拡大
電動スーパーカーの「アスパーク・アウル」。0-100km/h加速は2.0秒という高性能モデルで、2018年の発売が予定されている。
電動スーパーカーの「アスパーク・アウル」。0-100km/h加速は2.0秒という高性能モデルで、2018年の発売が予定されている。拡大

主要メーカー以外にも注目すべき存在が

なにかと話題が多かったのはホンダだ。EVのコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」のほか、「CR-Vハイブリッド」のプロトタイプ、そしてNSXのレーシングモデル、「NSX GT3」を出展。アーバンEVコンセプトは、往年のホンダファンにどことなく初代「シビック」を想起させるデザインも話題で、2019年に市販モデルの欧州市場投入を予定している。

一方、今回が欧州初公開となるCR-Vハイブリッドは、ホンダのSUVとして初となる2リッター直4 VTECエンジンと2つのモーターを組み合わせた「i-MMD」の搭載が注目。NSX GT3はカーボンむき出しのボディーが、いかにも本籍地はサーキットですと言わんばかりの迫力ある存在感を示していた。主に欧州のGT3カテゴリーのレース(現在開催中のレースではブランパンGTシリーズが人気)で、活躍が期待できそうだ。

このほかにも、一風変わった日本からのニューモデルもフランクフルトで脚光を浴びていた。それが「ASPARK OWL(アスパーク・アウル)」である。技術系の人材派遣会社が開発したEVで、なんと0-100km/h加速が2.0秒というウルトラハイパフォーマンスカー。2014年から開発をスタートし、2018年には市販化も予定しているという。その価格は4億円程度を見込んでおり、50台の生産を考えているとのこと。ちなみにアウルという車名は猛禽(もうきん)類のフクロウから取ったもの。大きく上に開くドアが、そうしたイメージをデザインからも伝えている。日本発のEVスーパーカーの開発状況にも、今後は注目すべし、である。

(櫻井健一)
 

関連キーワード:
スイフトスポーツ, ランドクルーザープラド, CR-V, スズキ, トヨタ, ホンダ, フランクフルトモーターショー2017, モーターショー, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る