クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第8回:WRC――グループBの挑発
ひたすら速さを求め続けた狂乱の時代

2017.10.05 自動車ヒストリー 「アウディ・クワトロ」に「プジョー205ターボ16」、そして「ランチア・デルタS4」と、あまたのモンスターマシンが覇を競った“グループB”時代の世界ラリー選手権。悲劇とともに突然の終わりを迎えた狂乱の時代を、数々の名車とともに振り返る。

勝利のために開発された「ランチア・ストラトス」

ラリーの起源をたどると、1911年のモンテカルロに行き着く。パリ、ベルリンなどから計23台の自動車がモナコを目指して走り、5日間かけてゴールした。Rallyという言葉はre(再び)ally(集まる)という意味を持っている。当時は競技というよりも、社交イベント的な要素が強かったのだ。

やがて競技色を強めたラリーが開催されるようになり、世界各地で独自に発展していく。これらを1973年に世界選手権として組織化したものが、今日に続く世界ラリー選手権(WRC)である。国際自動車連盟(FIA)が主催し、初年度は1月のモンテカルロから始まって全13戦で競われた。初のチャンピオンとなったのは、「アルピーヌ・ルノーA110」である。当初はマニュファクチャラー(登録された製造メーカー)のタイトルだけで争われていたのだ。ドライバーズタイトルがかけられるようになったのは、1979年からである。

クラス分けはグループ1<量産ツーリングカー>、グループ2<特殊ツーリングカー>、グループ3<量産グランドツーリングカー>、グループ4<特殊グランドツーリングカー>となっていた。最高位のグループ4は、グループ3の改造クラスという位置づけである。量産車を戦闘力のあるマシンに作り変えるわけだが、逆の発想から生まれたのが「ランチア・ストラトス」だった。

グループ3は連続する12カ月に5000台以上を生産することが条件だが、グループ4のホモロゲーション規定は、連続する12カ月に400台を生産すればいい。ランチアは最初からWRCの勝利を目的に特殊なマシンを開発し、少量生産で規定をクリアしたのだ。「フェラーリ・ディーノ」のV6エンジンをミドに横置きし、極端に短いホイールベースで回頭性を確保する。ランチア・ストラトスは圧倒的な速さを見せ、1974年からマニュファクチャラーズタイトル3連勝を果たす。

1935年のモンテカルロラリーに参戦したルノーの高性能スポーツカー「ネルヴァスポール」。当初は社交イベント色の強かったラリーも、次第に競技色が強まっていった。
1935年のモンテカルロラリーに参戦したルノーの高性能スポーツカー「ネルヴァスポール」。当初は社交イベント色の強かったラリーも、次第に競技色が強まっていった。拡大
1973年のモンテカルロラリーの様子。この年はRRのスポーツカー「A110」を投入したアルピーヌ・ルノーが世界ラリー選手権初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。
1973年のモンテカルロラリーの様子。この年はRRのスポーツカー「A110」を投入したアルピーヌ・ルノーが世界ラリー選手権初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。拡大
市販車をラリー向けに改造するのではなく、ラリーへの投入を念頭に置いて車両を開発するという、従来とは逆の発想から誕生した「ランチア・ストラトス」。極端に短いホイールベースとMRの駆動レイアウトにより、優れた機動性を発揮した。
市販車をラリー向けに改造するのではなく、ラリーへの投入を念頭に置いて車両を開発するという、従来とは逆の発想から誕生した「ランチア・ストラトス」。極端に短いホイールベースとMRの駆動レイアウトにより、優れた機動性を発揮した。拡大
1974年からマニュファクチャラーズタイトルを3連覇したランチア。その後はフィアットが連覇を果たすなど、しばらくはイタリア勢がWRCをけん引する時代が続いた。
1974年からマニュファクチャラーズタイトルを3連覇したランチア。その後はフィアットが連覇を果たすなど、しばらくはイタリア勢がWRCをけん引する時代が続いた。拡大

アウディがもたらした四輪駆動革命

1981年、アウディがラリーの世界に革命を引き起こした。エンジンをフロントかミドに置いて後輪を駆動するのが当然視されていたところに、四輪駆動を持ち込んだのである。5気筒ターボエンジンの320馬力というパワーを、リア2本ではなく、4本すべてのタイヤで受け止めようと考えたのだ。

当時は、四輪駆動車といえば軍用というのが一般的な理解であり、ハイパフォーマンスカーとは相いれないテクノロジーだと思われていた。しかし、勝利という事実が四輪駆動の戦闘力を証明する。第2戦のスウェディッシュラリーではハンヌ・ミッコラが独走で優勝。サンレモラリーではミシェル・ムートンに女性初のWRC優勝をもたらした。

フロントヘビーがもたらす極端なアンダーステアにドライバーは苦しめられたが、それを補って余りあるのが、パワーを確実に伝える駆動力だった。アンダーステアを克服する左足ブレーキのテクニックが考案されると、アウディ・クワトロは無敵の強さを誇るようになった。

1982年にはWRCの車両規定が変更され、レギュレーションが簡略化される。新たなトップカテゴリーのグループBでは、連続する12カ月に200台を製造すればホモロゲーションが取得できようになった。さらに、わずか20台製造するだけでエボリューションモデルのホモロゲーションを認める規定も設けられており、WRCは実質的に“何でもあり”のプロトタイプスポーツカーで争われるようになったのだ。ただし、この年は前規定のグループ4との混走で、アウディがマニュファクチャラーズタイトルを獲得している。

1980年3月のジュネーブショーで発表された「アウディ・クワトロ」。4WDを採用した高性能スポーツモデルであり、ラリーの歴史を変える一台となった。
1980年3月のジュネーブショーで発表された「アウディ・クワトロ」。4WDを採用した高性能スポーツモデルであり、ラリーの歴史を変える一台となった。拡大
1981年にはアウディが4WD車の「クワトロ」をWRCに投入。デビュー初年度にして3勝を挙げた。
1981年にはアウディが4WD車の「クワトロ」をWRCに投入。デビュー初年度にして3勝を挙げた。拡大
1981年のサンレモラリーで女性初のWRC優勝を果たしたミシェル・ムートン。翌年にはドライバーズランキングでオペルのヴァルター・ロールに次ぐ2位にランクインしている。
1981年のサンレモラリーで女性初のWRC優勝を果たしたミシェル・ムートン。翌年にはドライバーズランキングでオペルのヴァルター・ロールに次ぐ2位にランクインしている。拡大
1982年のWRCにおいて、アウディは同じドイツ勢であるオペルとの接戦を制し、マニュファクチャラーズタイトルに輝いた。
1982年のWRCにおいて、アウディは同じドイツ勢であるオペルとの接戦を制し、マニュファクチャラーズタイトルに輝いた。拡大

モンスター化するラリー専用マシン

1983年、本格的にグループBの時代がスタートした。この年の主役となったのは、ストラトス以来の“ラリースペシャル”として投入された「ランチア・ラリー(037)」である。後輪駆動ではあったが、市販車ベースのアウディ・クワトロに対し、037はラリー専用車だった。鋼管スペースフレーム製のシャシーにプラスチック製の前後パネルをかぶせ、スーパーチャージャーで強化したエンジンをミドに縦置きしていた。アウディの信頼性不足もあり、この年のマニュファクチャラーズタイトルはランチアが獲得する。これが、二輪駆動ラリーカーの最後の輝きだった。

翌1984年のシーズンでは、ランチアはターマックコースのツール・ド・コルスで1勝を挙げるのが精いっぱいだった。熟成を加えたアウディはパワーアップしたエンジンを擁し、快進撃を続けていく。しかし、アウディ・クワトロをも過去の遺物にしてしまうマシンが登場する。プジョー205ターボ16である。

形は1983年に発売された小型ハッチバック車の「プジョー205」に似ていたが、中身はまったくの別物だった。共通するのはウインドスクリーンとドアハンドルだけといわれたほどである。車体はモノコックと鋼管フレームを組み合わせたシャシーに、軽量なカーボンケブラーのボディーをのせたもの。FFの市販205とは駆動方式も違う。エンジンはミドに横置きされ、パワーは4輪に伝えられた。重量物をすべてホイールベース内側に集めたことが、優れたハンドリングをもたらす。フロントヘビーなアウディ・クワトロに比べ、重量配分で大きなアドバンテージを持っていたのである。

プジョー205ターボ16は、1985年のシーズンに11戦中7勝という強さを見せ、マニュファクチャラーズタイトルを獲得。シーズン後半からはより強力な「E2」を投入し、盤石の体制を築いた。アウディも指をくわえて見ていたわけではない。ボディーを小さくしたスポーツ・クワトロ、そしてエンジンを強化した「スポーツ・クワトロS1」で対抗した。パワー競争は500馬力を超えるレベルとなり、1t程度の軽量なボディーを押さえるために巨大なウイングが装着された。グループBの規定はコンペティターたちの闘争心を挑発し、マシンをモンスター化させていった。

1982年に登場した「ランチア・ラリー(037)」。1983年にはランチアにマニュファクチャラーズタイトルをもたらしており、「WRCでタイトルを取った最後の2WD車」となった。
1982年に登場した「ランチア・ラリー(037)」。1983年にはランチアにマニュファクチャラーズタイトルをもたらしており、「WRCでタイトルを取った最後の2WD車」となった。拡大
1984年シーズンの初戦モンテカルロにて、表彰台独占に沸くアウディ陣営。この年は序盤に圧倒的な強さを見せたアウディが制した。
1984年シーズンの初戦モンテカルロにて、表彰台独占に沸くアウディ陣営。この年は序盤に圧倒的な強さを見せたアウディが制した。拡大
1984年シーズンの終盤に投入されると同時に、圧倒的な強さを見せてライバルを驚かせた「プジョー205ターボ16」。1985年には11戦中7勝を挙げて年間タイトルを獲得している。
1984年シーズンの終盤に投入されると同時に、圧倒的な強さを見せてライバルを驚かせた「プジョー205ターボ16」。1985年には11戦中7勝を挙げて年間タイトルを獲得している。拡大
極端なショートボディーと派手な空力パーツが目を引く「アウディ・スポーツ・クワトロS1」。プジョーに対抗するためにアウディが投入したマシンだが、ライバルにはかなわなかった。
極端なショートボディーと派手な空力パーツが目を引く「アウディ・スポーツ・クワトロS1」。プジョーに対抗するためにアウディが投入したマシンだが、ライバルにはかなわなかった。拡大

急激なハイパワー化が生んだ悲劇

熱狂の中で、暗い影が忍び寄っていた。ツール・ド・コルスで、ランチア・ラリーに乗っていたアッテリオ・ベッテガがクラッシュして死亡する。アルゼンチンラリーでは、アリ・バタネンがプジョー205ターボ16で事故を起こして大ケガを負った。急激なパワーの増大に、シャシーが追いついていないのは明らかだった。

そこに登場したのが、ランチア・デルタS4だった。ターボとスーパーチャージャーという、2つの過給機で武装したエンジンは強力なトルクを生み出し、カーボンケブラー製の軽量ボディーを強烈に加速させた。ミドシップ+過給エンジン+四輪駆動という新時代のラリーカーの方程式を、極限まで進めたマシンである。操縦性には難があったが、若き天才ヘンリ・トイボネンが絶妙なコントロールでポテンシャルを引き出した。この年最終戦のRACラリーでデビューウィンを飾り、ライバルの心胆を寒からしめた。

1986年は開幕戦でトイボネンのデルタS4が勝利し、次戦をユハ・カンクネンの205ターボ16が制した。2強の激突が話題となる中、第3戦のポルトガルラリーで悲劇が起きる。この年デビューしたばかりの「フォードRS200」が観客の中に飛び込み、3人が死亡する惨事を引き起こしてしまったのだ。安全性についての議論が沸騰する中、ツール・ド・コルスでトイボネンが事故を起こす。後続車に47秒ものリードを築きながらも攻め続け、タイトな左コーナーで転落して炎上した。この事故で、彼はコ・ドライバーとともに命を落とした。

FISA会長のジャン−マリー・バレストルは、即座に事態収拾に動く。事故の翌日、この年限りでグループBを廃止することを発表した。規制が取り去られたことによる疾風怒濤(どとう)の時代は、あっけなく幕を閉じることになった。翌年からはチャンピオンシップはグループAで争われることになり、WRCは新たな道を模索していくことになる。

デルタS4をドライブしたミキ・ビアシオンは、「エンジニアリング的に間違ったコンセプトだったと思う。競技での性能のみを追求し、安全面についてはまったく配慮していなかった」と語っている。ただ、彼は別の感想も述べている。

「強烈に魅惑的だったよ。僕に最も感動を与えてくれたラリーカーは、間違いなくS4だった。狂った馬を押さえつけるような感覚なんだ。ドライバーにとって支配する喜びは何物にも代えがたい」

グループBは、ドライバーとエンジニア、そして観客の欲望を解放した。しかし、その熱狂は危険と隣り合わせの危ういものだった。

(文=webCG/イラスト=日野浦 剛)
 

1950年代からフランスのコルシカ島で行われているツール・ド・コルスは、山岳地帯の曲がりくねった道を行くターマックラリーとして知られる。1985年にはアッテリオ・ベッテガがクラッシュにより死亡。翌年にはヘンリ・トイボネンも、コ・ドライバーのセルジオ・クレストとともに事故死している。
1950年代からフランスのコルシカ島で行われているツール・ド・コルスは、山岳地帯の曲がりくねった道を行くターマックラリーとして知られる。1985年にはアッテリオ・ベッテガがクラッシュにより死亡。翌年にはヘンリ・トイボネンも、コ・ドライバーのセルジオ・クレストとともに事故死している。拡大
グループBにはアウディやプジョー、ランチアのほかにも、さまざまなメーカーがマシンを送り込んでいた。写真は、1985年のツール・ド・コルスを制したジャン・ラニョッティの「ルノー・サンクターボ」。
グループBにはアウディやプジョー、ランチアのほかにも、さまざまなメーカーがマシンを送り込んでいた。写真は、1985年のツール・ド・コルスを制したジャン・ラニョッティの「ルノー・サンクターボ」。拡大
「究極のグループBマシン」と称される「ランチア・デルタS4」。ツール・ド・コルスでの事故の後も、ランチアはプジョーと激しいチャンピオン争いを繰り広げたが、タイトルには手が届かなかった。
「究極のグループBマシン」と称される「ランチア・デルタS4」。ツール・ド・コルスでの事故の後も、ランチアはプジョーと激しいチャンピオン争いを繰り広げたが、タイトルには手が届かなかった。拡大
「ランチア・デルタS4」の透視イラスト(ロードバージョンのもの)。ターボとスーパーチャージャーの両方を装備したエンジンを車体中央に搭載し、4輪を駆動した。
「ランチア・デルタS4」の透視イラスト(ロードバージョンのもの)。ターボとスーパーチャージャーの両方を装備したエンジンを車体中央に搭載し、4輪を駆動した。拡大
フォードが1986年のWRCに投入した「フォードRS200」。この年を最後にグループBは消滅したため、さしたる戦績も残せずに表舞台から姿を消すこととなった。
フォードが1986年のWRCに投入した「フォードRS200」。この年を最後にグループBは消滅したため、さしたる戦績も残せずに表舞台から姿を消すこととなった。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。